「おばちゃん 大抵 イケメン好き」という検索キーワードでこのブログに来た方がいらっしゃいました。

で、あーそんな風に思う人がいるんだなー何でかな?と思って考えてみました。

多分、歳をとってイケメン好きになった、という女性はそんなに多くは無いと思います。

単に、おばちゃんになって羞恥心が薄らぎ、「イケメンが好き」と公言できるようになった女性が多いんじゃないでしょうか?


実際、私は若い頃からずっとイケメン好きでしたが、年齢が上がるにつれて好みの幅は拡がったけど、よりイケメン好きになったワケではありません。

むしろ、イケメンと思うハードルは低くなりました。

若い頃は「イケメン好き」と公言すると、「身の程知らず」と思われたりするし、実際に付き合う対象になれない相手に時間を使いたくなくて、イケメンをシャットアウトしていたって女性もいるのでは?

で、もうイケメンは恋愛対象では無いと開き直れたからこそ、

テレビでアイドル観たり、近所のお店のイケメン店員に憧れたりして、純粋にキュンキュン出来て、それをネタとして話せるようになる人が多い、ということのような気がします。


あ、でもちょっと例外なのはジャニーズ系におばちゃんになってからハマるタイプですね。

友人が1年くらい前からジャニーズに急にハマり始めましたが、そもそも彼女はラーメンズとか、ふかわりょうとか、サブカル系が好きで、

「ジャニーズの中ならニノが好き」

ってくらいで、キラキラしたジャニーズにはあまり興味がありませんでした。


その後、perfumeとか韓流アイドルとか経てジャニーズに行き、

「河合くんカッコイイー!大好き!」

とか恥ずかしげもなく言うようになり、周囲もビックリしてます。

眼鏡系男子が好きだったはずなのに、どーした⁉︎


また、よくパートのおばちゃんがバイトの若いイケメンを可愛がるって構図がありますが、

あれは単に羞恥心が薄れたからってのと、

色々経験を経て積極的になれるようになったってのと、

立場の違いがあるから話しやすくなっている、ってのがあると思います。

若い頃は、イケメンに話しかけたり、ボディータッチしたり、メールしたり、お菓子とかあげたりなんて出来なかった女性も、

「恋愛対象外でもイケメンと関わりたい!

優しくしてあげたり、優しくされたい!」

って素直に思えるようになるものです。

だって、本気で狙ってないから。
PR

また、学校とかだと微妙にイケメンはカーストの上にいるので、話しかける機会がなかなか無かったりします。

勇気を出して話しかけなければ、関わりを持てない。

でも仕事関係者だと、必要最低限話す機会は作れます。

あとは、プラスアルファの会話をするだけ。

イケメンは話しかけ慣れてるからコミュ力高いので、若い頃には考えられなかったくらい、表面的には仲良くなれちゃって、楽しい!


ということで、おばちゃんになったからイケメン好きになったってワケじゃなく、

単に羞恥心が薄れたり、おばちゃん自身のコミュ力も若い頃より高くなってるってのが理由だと思います。

ま、私は若い頃からイケメンには積極的に話しかけるタイプだったからこそ、恋愛うまくいかないんですけどね…。

しかし、おばちゃんを馬鹿にする記事を探してウチのブログに来る人が多いなぁ。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加