友達が大絶賛しているアニメ「ユーリ!!!on ICE」を1~6話まで一気見しました。


【Amazon.co.jp限定】ユーリ!!! on ICE 1 (スペシャルイベント優先販売申込券付き)(全巻購入特典:「久保ミツロウ描き下ろしマンガ(メーカー特典)」+「アニメ描き下ろしアクリルスタンド3セット」引換シリアルコード付) [Blu-ray]

先日

●CHANELイドゥラ ビューティ リップ バームがアニメ「ユーリ!!!on ICE」の影響で売切れ続出!

で書いたように、ホモホモしいシーンがある、と聞いていたので、

「またFree!みたいなヤツかなぁ」

と思ってました。が、違いました!

どちらも好きな方には申し訳ないのですが、なんかFree!のキャラ設定って、ちょっとベタで恥ずかしくなっちゃって…。

でも、ユーリ!は観やすい!面白い!実際のフィギュアの試合を観てるときみたいなワクワク感がある!


これは、私が既に男子フィギュアスケートの前知識があるってのも大きいですね。

てか日本ではすでに男子フィギュアはすごく人気だから、初歩的な用語などの説明シーンがほとんど必要無くて、その分リアル!

それに、勇利はすでにプロだから、急成長を遂げているとはいえ、既に実力がある。

マンガ的なあり得ない奇跡的な急成長ではなく、下地があってこその成長ってのが良い!


あと、久保ミツロウのキャラデザも観やすくてキレイで良いですねー。

確かにあちこちにホモホモしいシーンはありますが、なんかそれもギャグの一部になってるから

「見て見てーウケるでしょ?」

って感じで、無理矢理腐女子ウケにしていないところが良いです。

友達も「少年アニメ的なノリもあるし、とにかく演技の動きが良くて何度も観ちゃう」と言ってます。


まだ観てない方のために粗筋をお話すると、

日本代表に選ばれていて実力もあるのに、自分に自信が無くて本番に弱い23歳勝生勇利が、試合で最下位になって落ち込み、5年振りに地元九州に帰ります。

幼少期に練習していたリンクで、幼馴染で憧れのマドンナだった西郡優子の前で、憧れの世界選手権5連覇の選手ヴィクトルの演技をフルコピーして滑りました。

フィギュアが大好きだった頃の気持ちを思い出し始めた勇利。


その勇利の演技を、優子の3つ子の娘たちは録画していて、勝手にYouTubeにアップしてしまいました。

最下位だったとはいえ、勇利は日本代表に選ばれるプロの選手。

その素晴らしい演技は話題になり、ヴィクトルは動画を観て、愛犬のプードル・マッカチンを連れて、勇利の実家である温泉宿にやってきました。

現役選手でありながら

「君のコーチになる!」

と言い出すヴィクトル。


第4滑走 自分を好きになって… 完成!!フリープログラム


ヴィクトル自身まだ現役選手のためコーチから引き止められていたのに、能天気に明るく来日したヴィクトルでしたが、

憧れの選手がコーチになってくれる、というのは、勇利にとってありがたい話。

このことはすぐさまニュースになり、ヴィクトルと同じくロシアの15歳の選手ユーリ・プリセツキー(以下ユリオ)は、

「ヴィクトルはかつて自分の振付をしてくれると約束していたのに、同じ名前の勇利のコーチになるのは許せない!」

と、ヴィクトルを追って、やはり勇利の実家にやってきました。


ユーリ!!! on ICE ユーリ・プリセツキー アクリルクロック



そこでヴィクトルは2人に課題を出し、試合をさせます。

勇利は生真面目で大人しい、いかにもな控え目キャラなのですが、それ故にヴィクトルの色気のある振付で滑ると、より滲み出る仄かな色気が魅力たっぷりになり、観客たちは勇利の演技を絶賛しました。

ユリオの演技も素晴らしかったのですが、いかんせんまだ成長途中の15歳。

人より体力のある大人の勇利には、今はまだ敵わない。

そう察して、結果を聞く前にユリオは帰っていきました。
PR

その後、ヴィクトルと勇利は練習を重ね、次シーズンに挑みます。

イマイチ自分に自信が持てなかった勇利は、ヴィクトルと出会ったこと、ずっと家族や昔のコーチや友人たちがずっと応援してくれていたこと、ヴィクトルが自分を支えてくれていることに改めて力をもらい、どんどん成長をしていきます。


そして、シーズン初の中四国大会では、ショートプログラムではジャンプを少しミスしながらも、観客たちを熱狂させ、パーソナルベストを更新しました。

翌日のフリーでは、ヴィクトルと出会ってから成長していく過程を表現する振付を滑る勇利。

自分に憧れている少年・南の真っ直ぐな姿と実力に心を乱され、その焦りから突っ走った演技をしてしまったり、ジャンプをミスしたり、壁に激突してしまったりしたのですが、

それでも魅力たっぷりに滑る勇利は、音楽に乗せて美しく滑り、総合点で1位となりました。


滑ることの楽しさを改めて実感した勇利は、「愛」をテーマに北京で開催される中国大会に挑みます。

アメリカ、中国、カナダ、タイ、各国の選手たちと再会し、それぞれの魅力を見せつけられながらも、勇利も自分の演技をこなし、ショートプログラムでは1位になりました。

初めての状況にプレッシャーを感じる勇利。

フリーで勇利はうまく滑ることが出来るのか?

待て7話!


これ、二期もありそうですね?

やっぱり世界大会で勇利がどこまでいけるのか?が観たいし。

それに、ヴィクトルはまだ引退していないので、また選手に復帰するかもしれない。

シーズンの途中でいなくなるってことは無さそうですが。

勇利がヴィクトル無しでもやっていけるようになる、みたいなのって、フィギュアの世界ではコーチはみんないるんだし、

ヴィクトルの後に別のコーチに…って、ちょっと考え辛い気もするような。

ユリオとの対決もあるしね!


しかし、ヴィクトルと勇利の結びつきは良いですね~。

ヴィクトルがグイグイ近付いたからこそ、勇利も大胆にヴィクトルを信頼しきって、身を委ねることが出来る。

そんな勇利に、ヴィクトルは更に惹きつけられる。

実際のフィギュア界もこんな感じらしいですね。

まだ観てない方は、是非今からでも観てください!


ユーリ!!! on ICE ヴィクトル・ニキフォロフ 絵馬
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加