先日、私とAさんとBさんが一緒に退社しようと帰り支度をしていたら、部署の電話が鳴ったので私が受話器を取りました。

相手は以前片思いのような憧れのような気持ちを抱いていたイケメン君でした。

第一声がすごく暗い声だったので、

「お疲れさま~」と私が明るい声で言ったら

「あ~お疲れ様です~」

と少しだけいつものテンションにはなったのですが、

「どーしたの?声暗いね?」と言ったら

「はい…えーと…Aさんいますか?」とまた暗い声になりました。


電話を代わったBさんは、少しイケメン君と話した途端に

「えー!」

と悲鳴を上げました。

何かトラブルが起こったんだな、と聞き耳を立てていたのですが、Bさんは半分怒り、半分諦めのような、でも優しい声で話していました。


電話が終わってから顛末を聞いたのですが、

以前Bさんがイケメン君から仕事の説明を受けたときに疑問点があり、

「これってクライアントの書き間違えじゃない?」

と聞いたら

「いえ、それで合ってます」

と言われたけれど、やはり念押しで

「ちゃんとクライアントに確認して下さい」

と頼んでいた案件があったそうです。


しかしなかなかクライアントが捕まらず、時間が無いのでBさんはイケメン君の説明通りに作業を進めていて、もうすぐ終わり!というところで

「すみません…やっぱりクライアントが書き間違えていました…」

とイケメン君が電話で伝えてきた、という状況だったそうです。


そもそもイケメン君は思い込みで質問に答えてしまうところがあるのは分かっていたので

私もBさんも彼とお仕事をするときは、よく目を見て、声のトーンを聞いて、

本当に、絶対に彼が言っていることは裏が取れているのか?思い込みで話していないか?

を見極めないといけません。

だからこそBさんも確認をして、と念押ししたけど、時間が無くて回答を待たずに進めてしまったのは残念でした。


私とBさんは、まぁ他人事なこともあり笑っていましたし、Aさんも怒りながら笑ってはいたのですが、

もう3人で帰ろうとしているときのことだったので

「もう私たちは帰って大丈夫?」
とイケメン君にLINEしてみました。

その後
「大丈夫です。みなさん、すみません…」
という言葉と、ゆるキャラが落ち込んでいるスタンプが送られてきて、

「スタンプ送る余裕あんのかよ⁉︎」と思わず爆笑!

思わず突っ込んだら

「いや、本当にすみません」

と今度は絵文字顔文字等無い、珍しく簡素な返信が来ました。

まーここでまたユルイ返信が来たら

「反省してないなー」

って見えちゃうしな、と思いつつ、もしかして本気で落ち込んでる傷口に塩を塗ってたらどうしよう?とちょっと心配になりました。


ただの後輩なら、叱って笑って終わります。

でもこれが好きな、片思いをしている相手だと

「落ち込んでないかな?」
「余計なこと言わない方がいいかな?」
「慰めた方がいいかな?」
「アドバイスした方がいいかな?」


と色々考えてしまいますね。
PR

一般的に言われているのは

「女は男にアドバイスしてはいけない。プライドを傷付けるから」

ということです。

自分が直接関わっている仕事であれば、恋愛感情なんて関係なく、教育として言うべきことは言った方がいい。

でもそのせいで

「やっぱり会社の人を恋愛対象として見たくない」とか

「ウザい女だな」

とか思われてしまう可能性はありますよね。


私はすでに恋愛感情は一切見せない、相手は私を好きじゃない、と心に言い聞かせているのと、直接関わっていないこともあり

「まーBさんも笑うしかないって感じだよー。
また明日から頑張ってねー」

と再度送りましたが、それには返信はありませんでした。


イケメン君に今よりキュンキュンしていたときは、

「ミスをしたことを私が知ってること自体、ダメなんじゃないかな?」

と思ったりしてました。

自分がミスをしたことを知ってる人に対して、恋愛感情が湧かないって人もいると思いますし。

恋人なら、会社は会社、プライベートはプライベートって切り分ける努力が出来るけど、

片思い相手とは会社の中の関係プラス、ちょっとメールやLINEが出来るくらいって人もいれば、

気晴らしに一緒に飲みに行ける関係の人もいれば、

なかなか話すきっかけも無く、メールやLINEをする関係でもないって人もいますよね。


色々好きな人が仕事でミスをしたときの対処法をググッてみたのですが、結局分かったのは

相手の性格と関係性による

ということでした。

「男性から話しかけるまでは、黙って見守る」

「さり気なく差し入れしたり、メールをして励ます」

「明るく気分転換になる別の話題を振る」

「自分はずっと味方だと伝える」


等は、それを喜ぶ男性もいれば、嫌がる男性もいるようです。


とりあえず嫌われやすいのは

「上から目線でアドバイスしようとする」

「わかるー私もねーと、自分の失敗談を聞いて貰おうとする」


等は嫌われる可能性が高いそうですが、それは男性が自分より立場が上なパターンのときであって、

「的確なアドバイスをくれる優しい先輩」
「包容力がある先輩」

という部分に女性的魅力を感じてくれる歳下男性だって、いなくはない。


どういう態度を取るのが正解、とかは無いというか、

どんなに良い対応をしたからと言って、それで恋愛感情を持ってもらえるわけじゃない。

そもそも恋愛対象内の年齢や外見で、それにプラス出来る対応が出来たら良いんでしょうけど、

良い先輩=人として好き

くらいの感情しか持ってもらえないなら、あまりアレコレと考えても仕方ないのかな?という気がします。


結局、色んな恋愛マニュアルや恋愛相談に書かれている

「片思いの彼が落ち込んでるときに、◯◯したらうまくいった」

みたいなのは結果論であって、別の人がやってもうまくいくか分からない。

ただ、大抵の人が嫌がる対応をしたらダメってだけ。


相手が話したくなさそうなのに、空気を読まずに根掘り葉掘り聞こうとしたり、

望まれてないのに、御節介なアドバイスをしたり。

この「御節介」と「親切」の境目は難しいですよね。

ドヤ顔でショボいアドバイスしようとする人って多いし。

顔を見ながら話しているなら、相手の反応を見ながら判断出来ますが、

メールやLINEだと迷惑がられる内容か分からないこともあるし。


ただ、気になってるのに何もしない、言わない、というのもなんだし、好きな人を励ましたいという気持ちは出てきて当然なことだと思います。

ほとぼりが冷めた頃にワザワザ口にするのもどうかな?って時もあって、やはりその場ですぐに何かしら対処をする方が良いこともある。

大事なのは、「これをチャンスに好感度をアップさせて好かれたい!」と思って、優しさアピールを図々しいくらい押し付けない!

ということなんじゃないかな、と思いながら、私はこの件はもう考えないことにしました。

そもそも、私が直接関わってない案件だし、一応軽く笑いながらフォローはしたんだし。

あとは彼が自分で考えて、彼が大事だと思っている人に支えてもらっていくことであって、私には関係ないこと。

恋人相手なら状況は変わってきますが、片思い相手に対しての対応は、余計なことをする権利もないから難しいですね。

よろしければこちらもどうぞ

●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~仕事編~
●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~身長編~
●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~学歴編~
●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~収入編~
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加