Facebook使ってますか?

私の周囲は、仕事の宣伝用と、展覧会等のイベント情報と、旅先の思い出を投稿する人ばかりです。

プライベートで日々思ったことを書く人はほぼいません。

子供の成長だとか、彼氏彼女のことを書く人もほぼいません。

そもそも、仕事の宣伝が無い人は、利用自体止めてる人が多いですね。


もう一つのFacebookの利用方法は、情報収集。

企業やタレントの公式ページに「いいね」をしておけば、最新情報が流れて来るので、毎日ホームページをチェックしなくて良い。

Twitterほど大量の投稿が無いので、探しやすいってメリットもあります。

私はB'zのfacebookをフォローしていますが、新曲の発売日は最近はFacebookで知ることがほとんどです。

ちなみにB'zのFacebook閲覧数はこんな感じです。


B'z Facebook
「いいね」数 307,817人



うーん、B'zのCD売上数を考えるとちょっと少ない気もしなくもないですね。


一時期色々な企業がSNSに参入しましたが、調べてみると、放置している企業が多くてビックリします!

多分、立ち上げれば色んな人が見てくれる、と思って始めてみたけど、

面白い記事なんて書けず、

友達も大して拡散してくれず、

社員もイマイチ協力的でなく、

めんどくさいなーと思って、放置してるんだと思われます。


そんな状況でも人気のFacebookの企業用アカウントを調べてみました!

トンボ鉛筆
「いいね」数70,900人




こちら、商品を紹介したり、過去の商品を資料的に紹介したり、イベント情報を流したり、なんですが、写真がとにかくキレイで、商品紹介も企画がちゃんとされていて、見ていてすごく楽しいです!

顔文字が使われているのも親近感が湧いていいですね~。

今すぐトンボ鉛筆で何かを買おう!と思うことはあまりありませんが、トンボ鉛筆のイメージがぐっと良くなりました。


東急ハンズ
「いいね」数199,853人





あの東急ハンズにしては、いいね数がそこまで多くない?

投稿は割りと普通な感じですが、クーポンの情報があったり、季節に合わせた商品紹介がされています。


土屋鞄製造所
「いいね」数289,877人





Instagramも使い、商品情報だけでなく、季節の情報なども入れているのがいいですね。

コメントも全てではないですが、ちゃんと返しています。

写真もオシャレで、誠実なメーカーさんなんだなってイメージが良くなりました!


竹尾
「いいね」数11,450人





一般の方には馴染みがないかもしれませんが、デザイン業界の人ならみんな知ってる紙屋さん。

イベント情報がメインですが、最新の用紙情報とか制作事例とか見られるのは、デザイン好きにはありがたいですねー。


株式会社スカイアーク
「いいね」数 7,406人



ネットで紹介されていたのでチェックした会社さんなんですが、オリジナルのニワトリのキャラクターがいて、このキャラのラインスタンプまで作られていました。

正直Webインテグレーター企業というジャンルが全く分からないので、何の企業だか私にはサッパリなんですが、チラホラと読んでいると気になる記事があり、時々のぞいてしまいます。


こうして見てみると、いわゆるB to Cという一般のお客さん向けの商品やサービスを販売している会社のFacebookは頑張ってますが、B to Cという企業向けにサービスや商品を提供している会社のFacebookは、イマイチ反応が良くない状況のようですね。

多分100いいねくらいは身内を使って集められそうですが、1,000を超えるいいねを集めるのは並大抵では無いと思います。


実際言えることが少ないということで手を出さない会社も多いそうです。

そもそもfacebookユーザー数ってそこまで多く無いので、ホームページやブログの方がアクセス数は稼ぎやすい気がします。


じゃあやっぱりfacebookはやっても意味が無いか?

というと、「無料で広告を出している」と思えば、やる価値はあるんじゃないでしょうか?

そもそも何もしなければ、新しい顧客にアピールするのは大変!

たまたまクチコミで会社を知ってくれた人が、

どんな会社だろ?

と思って調べてきて、最新情報をfacebookで見て興味を持ってくれたらラッキー!

お金払ってfacebook内で広告を打つってのも出来ますが、それは有名企業でもなきゃあまり効果は無い気がします。
PR

ま、ブロガー目線で言うと、SNSは作るのは簡単。

但し、内容を考える企画力、文章力、拡散するためのアイデアを生み出さなければ、やる意味はほとんどありません。

更新されずに何年も放置されてるブログとか、よくありますしね。

でも、「面倒」という気持ちさえ払拭出来れば、SNSはいまだにやる意味のある媒体だと思います。

こういうのは

「発信したい!」

っていう気持ちが無いと無理なんですが、その気持ちがあり、きちんと面白い情報を投稿し続けていけるなら、

当初の狙い通り、拡散していくことは可能です。


企業用facebookでやりがちな失敗例は、

●内輪ウケネタを数記事投稿しているだけ

●ただの会社案内を事務的に書いているだけ

●投稿自体への「いいね」が、社員人数より少ない

●SNS慣れしているスタッフが開設し、そのスタッフが退職したら放置


というのが挙げられます。


社員の休日の話とか、ただ説明のような文章で書かれても、その人を知らなければ全く興味なんて持たれません。

そしてSNSの基本は

「馬鹿が読んでも理解出来る、分かりやすい文章を心掛ける」

というのが挙げられます。

自分や周囲は知っていても、他人は知らないこと、はたくさんあります。

このとき間違い易いのは

「分からなかったら、知りたいと思ってググるだろう」

という、上から目線の期待を持つことです。


大抵の人は、わざわざ調べなくてはいけないことには、滅多に興味を持ちません。

少し興味を持ったら、リンクをクリックする程度。

リンクをクリックする人なんて、数十人~100人に1人。

「本気で興味を持った人だけに来て欲しい!」

と思う気持ちは分かりますが、それでは篩にかけるのが早過ぎます。


ちなみにホームページがわりのfacebookページは、facebookが勝手に自動生成してくれちゃってたりもします。

この自動生成ページ、昔は消せたそうですが、今は削除申請のボタンが無くて出来ません。

「報告」ってボタンがあるので、スパムとして報告しても、

facebookに削除申請をしても消してもらえず、新たに自社でfacebookページを作っても、google検索には自動生成ページが出て来て困っている人もいます。


これから企業用Facebookを立ち上げようか迷っている方、放置しているFacebookがある方は、

本当に自分の会社のターゲットがFacebookにいるのか?

どんな人がどんな投稿に興味を持つのか?

を考えてみる参考にしていただければ幸いです!

よろしければこちらもどうぞ!

●祝!ブログ2周年を迎えましたので、また人気記事ランキング発表!
●アフィリエイトで月5万円稼ぐまで2年かかった話
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加