先日、よくネットで見かけるような、男尊女卑丸出し、誹謗中傷だらけのコメント書き込みがありました。

1人で3回名前を変えて書き込みされていましたが、IPアドレスとホスト名で同じ人物と特定。

長文で、誤字脱字だらけで、典型的にヤバいやつでした。

ということで、サクッとその人がこのブログにアクセス出来ないようにしました。


ことブログはFC2ブログなのですが、コメント書き込み禁止処置はかなり簡単に出来ます。

管理画面でコメント一覧を開き、「ホスト」にある「拒否する」を選択すれば、迷惑コメントを書いたホスト名からは書き込み出来なくなります。




その人物からブログをもう見て欲しくない場合は、閲覧禁止処置をします。



管理画面の「設定」にある「環境設定」を選択。



「ブログの設定」を選択するとバーが出てくるので、1番下の「禁止設定」を選択。



1番下の拒否IPに、書き込みした人物のIPアドレスを入力すれば、その人物はもうブログは見られなくなります。


但し、IPアドレスやホスト名は変えることが出来るので、100%同一人物からの閲覧などは禁止できません。

それでも、こちらに相手のIPアドレスやホスト名は残るので、いざというときには警察に渡す資料となります。

以前も

●個人ブログにコメントをするのは危険!かも…

で書きましたが、ブログにコメントを残すのって、匿名だから何でもアリじゃないんですよね。
PR

ブログをやっていない人から見たら、

ブログとは世界に発信されていて、自由に閲覧出来る公共の場

と見えるかもしれませんが、実際には閲覧の可否もブログ主が選べるし、アクセス履歴も残ります。


FC2ブログでは、コメントが届くとメールでお知らせが来て、

そのメールにコメント内容と書き込み者のホスト名が記載されています。

会社や学校のパソコンから書き込むと、どこから書き込まれたかがホスト名でわかります。


ちゃんとした批判などは禁止処置はしませんが、罵詈雑言系は無視が1番。

繰り返させないためには、最初から相手にしない。

これが、何度かブログが炎上して得た答えです。

ちなみに書き込み禁止ワードは、FC2のフィルター以外にも、女性器に伏せ字を使ったモノなど、新たに誹謗中傷コメントが来る度に追加しています。

まーアクセス禁止にしないで泳がせるって手もあるんですけどね。

炎上で大量に湧いたときは、泳がせてから粘着を特定しました。

FC2ブログユーザーの方は参考にしてみてください!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加