今月、Googleのアルゴリズムが変わり、「健康・医療」系のキーワードの記事の検索結果で大変動が起こりました。

私のこのブログもいくつか健康系の記事があり、検索結果で1ページ目にあったものが後ろに追いやられ、アクセスが激減しています。

その最たるものが、この便秘の時にお湯浣腸をしたら良かった、という記事です。

●完全に便秘治った!お湯浣腸いいですよ


【第2類医薬品】イチジク浣腸 ジャバラ 30g×10コ入

以前この記事は検索結果で1位でした。

が、今のYahoo検索1ページ目はこうなってます。




私の記事は7ページ目に移動してしまいました。




はい、「浣腸プレイ」が検索上位になったのです。


この7ページ目までの間には、便秘の為のお湯浣腸の方法の記事と、SM女王様の出勤表が並んでいますが、女王様の出勤表の方が優勢です。

巣鴨とか五反田の女王様の出勤表の方が、便秘を治したい人よりも「お湯浣腸」でググる人には大事な記事だ、とGoogleは判断したのです…

え?あれ?Googleは良い子が見たらダメな記事は検索から下げるって言ってなかったっけ?

ウェブマスター向け公式ブログでは


医療や健康に関連する検索結果の改善について
2017年12月6日水曜日
Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。
この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。


と書かれています。

いや、あんたたちSM女王様を上位にしてるじゃないですか?
PR

今年はこういう検索結果の順位変動が激しく、一般のブロガーの記事よりも、企業の公式サイトを上位にするように変わってしまい、いわゆる口コミの評価を下げました。

おかげで多くのブロガーが今やる気を無くしています。

でも、ちょっとGoogle酷いなぁと思うのは、複数のキーワードを入れて検索しても、1単語だけ被ってる企業サイト(Googleにお金を払って広告を載せているところ)を上位表示するんです。

で、全てのキーワードに当てはまる記事をずっと後の方にしているので、ユーザーは何ページも検索結果をめくらないといけません。


何故そうなったか?を考えると、検索結果のページには企業の広告が上下に入るから。

例えば、私が買ったオルビスの極暖ふわふわパジャマの記事。

●可愛い!極暖ふわふわパジャマをORBISで買った!

私の記事は公式サイトの次で、検索結果3位にいます。

が、1番上には




緑色の四角に「広告」と書かれたオルビスの広告が並び、




1ページ目下にはQoo10とグンゼの広告まで並んでいます。




こういう検索結果はアルゴリズムが変わるとまた違う動きが出てくるのですが、出来ればユーザーが本当に使いやすい仕様にどんどん変わっていって欲しいですね。

今回の医療・健康の検索結果の変動には、「今まで通っていた整骨院のサイトを探したら、リラクゼーションとか整体のキーワードの結果ばかり出てきて2ページめくらなくてはいけなくなった」とか「同じ病気の人の情報を探しているのに、色んな病院の公式サイトばかり出てきて探しづらくなった」という批判がGoogleにも送られています。

何が一番良いのか、判断するのはGoogleですが…

皆様もまた読みたい記事やサイトがあったら、マメにブックマークしておくことをオススメします。

でないと、そのサイトの持ち主は何も悪いことをしていないし、それ以上に良い情報のサイトが出てきたわけでもないのに、検索で見つけられなくなるかもしれませんので…
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加