うちの母も、友人の母も、先輩たちも、周囲には乳癌になった女性が多くいます。

完治した人も、亡くなった人もいます。

働いている女性は、会社の検診で早期に見つかりますが、自営業や専業主婦の女性だと、進行してから発見されることが多いですね。


小林麻央さんも癌が見つかる1年くらい前から体調が悪かった、と言っていましたが、

先輩で40代前半で癌で亡くなった女性も、1年くらい前に会った人が気付いたほど、顔色や体調が悪かったそうです。

その先輩は、癌が見つかってから数ヶ月で亡くなったと聞きました。


うちの母の乳癌が見つかったのは、私が大学に進学したタイミングでした。

入学式の前後だったため、私は手術に立ち会いませんでした。

ハッキリ言えば、興味がありませんでした。

親が死ぬ、ということにピンと来なかったというのもありますが、今も、他の方のブログやテレビドラマなどで見るような、甲斐甲斐しく看病する娘の気持ちに共感出来ません。


私が今も、母の乳癌に関心を持てない理由が1つあります。

母は片方の胸を切除しました。

その年の夏休み、帰省して自室にいた私の所に母が来て

「胸を取った手術跡を見て」

と言い出し、服をめくりました。

私は

「嫌だ、見たくない!」

と言って目を背け、見ませんでした。


今でも、何故母がそんなことを言い出したのか、理解出来ません。

母は自分の境遇を、娘に見て欲しかったんでしょうが、それはエゴだと思います。

もしくは、乳癌というものを分かって欲しかったのかもしれませんが、

手術跡をいきなり見せようとする神経が分からない。


それから私は母のことを、

自分のことしか考えていない人間だ

と強く思うようになりました。

まぁそれ以外にも、毒親だな、と思うところが多々ありますが。


父が癌の手術をしたときは立ち会ったため、取り出した肝臓や尿管を見せられました。

母の手術のときは、父が取り出した癌を見たそうです。

そういった臓器を見ること、家族の病状を知ろうとすることは、愛がある家族間なら

きちんと知りたい

と思うことなんだろうなぁと思います。


私に子供がいれば、親の気持ちが分かって、ちゃんと看病したい、とか、知りたい、と思うんでしょうか?

私は、それとこれとは別物なんじゃないか?と思っています。

積み重ねられた家族間の愛があるかどうか?

ということなのか、

単に私が、冷酷な自分のことしか考えていない人間なのか?

ということなのか分かりませんが、

夫婦間の愛情と、親子間の愛情は別物だと思っていて、両親がそれぞれお互いを支えたいなら支え合えば良いし、

それに子供たちが協力するかどうか?は、親が子供にどう接してきたか?だと思っています。


これは、私が早くに祖父母を亡くしたため、看病をする現場を見たことが無く、家族や親族の死を身近に感じたことが無い、というのも関係しているかもしれません。

親は子供より先に死ぬもの

と思っています。

そして、長生きして欲しいという気持ちはありません。

これは、私が子供を持って、その子を両親が可愛がっているのを見たら、そんな感情が生まれることもあるかもな?とは思います。

ただ、私も兄も、両親の病気や寿命に、世間のように関心が無いのは確かです。
PR

小林麻央さんのブログを読んでいると

「私のために、何かして欲しい!心配して欲しい!」

という感情が見えてきません。

与えられたものに感謝して、出来ることをしようとしている姿を見ると

小林麻央さんは愛情を与えられ、自分からも笑顔で与えていて、ホントに幸せな方だなぁと思います。

だからこそ、Yahooコメント欄にも、励ましの言葉が溢れていますね。


癌の治療法はそれぞれだし、色んな意見を聞きます。

手術をすることで、血液に癌細胞が流出して、転移する

とうちの父は言っていましたが、早くに手術した方が良い説もあるし…。


抗ガン剤治療も、友人の母が乳癌になったときは、とにかく癌の活動を抑え込むためだけの治療となっていたため、最終的には体力が限界を迎えてしまい、亡くなりました。

うちの母は手術してからは転移が無く、再発はありませんでした。

どんな治療で、どんな経過を辿るにしろ、家族や周囲に支えられる環境にあることは、とても幸せなことだろうと思います。

しかしそれは、病気になるまでに、周囲とどんな風に関わってきたか?次第。


どんな人でも、病気の人を支えるのは当然

という価値観は分かりますが、家族間は正論ばかりじゃない。

老人ホームに親を放置して、無関心な人もいれば、

親のために仕事を辞めて看病する人もいます。

それは子供の性格にもよるけど、そう考えるように育てたのは親で。


うちの母は

「子供が親を支えるのは当然!」

と子供に言うような人なので、子供たちが支えたくない、と思うようになりました。

「子供に迷惑をかけたくない。病気になってごめんなさい」

と言える小林麻央さんだからこそ、周囲は支えたくなる。


彼女のニュースを見るたびに、まるで通知表のようだな、と思います。

今までやってきた態度が、どう評価され、何を受け取れるか?

日々更新されるブログを読んで、同じ病気の人たちは励まされ、参考になっていると思うと、

無理矢理世間に病状を発表されたのは大変お気の毒でしたが、今後たくさんの人たちが救われるんだろうと思います。

私も、家族に愛されている小林麻央さんが、元気になることを願っています。

よろしければこちらもどうぞ

●【実録】病院で手術前に医師に金品を渡すとどうなるか?
●一人暮らしの部屋に親が泊まりに来るのが嫌って薄情?
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加