秋田県のオススメ観光スポットで上位に選ばれている「抱返り渓谷」に行ってきました!

角館から車で15分程度なので、角館観光ついでに行くのに良いですね。

車のナビで「抱返り渓谷」と指定したら、無料駐車場のある「田沢湖抱返り県立自然公園」に着きました。



ハイキングコースになっているので、スニーカーなど歩きやすい靴で行くことをオススメします。


駐車場のすぐ左手にはこんな注意書きが…。



「親子クマが目撃されました
ご注意ください」

って、どう気をつけたら…とビクビク。

ちなみに「目撃」という文字は上から貼られていたので、下には何て書かれてるんだろ?と見てみたら「発見」と書かれていました。


まだ紅葉には早いので、観光客は数組しかいませんでした。

駐車場を出て左手には



抱返神社があります。





神社には誰もいませんでした。

おみくじが結ばれていましたが、常に社務所に人がいる訳ではないようです。

お手水の水も止められていて空になってましたが、一応参拝。


神社の左手にある遊歩道には



マムシ注意の看板まで…。

神社から数分歩くと、



赤い神の岩橋があります。
ここの時点でかなり絶景~。


橋を渡り終わり、ここからは本気のハイキングコースになります。

誰もいない山道を歩くのは不安で一瞬諦めかけたのですが、せっかくなので回顧の滝まで行ってみることにしました!

回顧の滝をまでは1km。

現在はそこより奥までには行けません。

細い道をテクテク歩くと、木々の合間に青い美しい川が見えます。



怖くてiPhoneで音楽を鳴らしながら歩いていたら、戻ってくる人とすれ違ったので、とりあえず熊は大丈夫だな、と音楽は消しました。

熊除けの鈴の付いた杖を持ってる人にも会いました。


途中美味しい湧き水が飲めるところもありました。



更にテクテク進み、黄色い吊り橋を渡りました。

この吊り橋、かなりシッカリしてはいるけど、でも歩くとフワフワと揺れます。



手摺の幅も広いので、小さな子供は落ちてしまいそう…



しかし、ホントに渓谷は美しい~



曇りの日でこの色なら、天気が良い日は更にキレイでしょうね!

さて、ここから先の道は、めちゃくちゃ怖かったです…
PR

突然、道の手摺の脇に、まだ新しい花束が供えられているのを見つけました…。

ここで、誰か亡くなってる…?
(あとで調べたら、2ヶ月間の2016年7月末に70代の男性が滑落し、病院に運ばれたけれどお亡くなりになったそうです。)

崖の上で、確かに滑り落ちたら危険ではあるけど、でもロープもあるのに?

まさか、自殺?

ドキドキしながら進むと、目の前にトンネルが現れました。



まぁ…短いからいいか…と思いながら進むと



またトンネルが…

その先には、更に暗いトンネルも…



脳内はもう稲川淳二の怪談が再生されてしまってましたが、今は幽霊より、自分の身の危険の方が怖い。


しかし、何人か帰り道の人とすれ違ってるから大丈夫!と思って進んだら



美しい回顧の滝が現れました。

はー滝をこんな目の前で見るなんて、何年ぶりだろ?

想像以上に迫力がありました!



回顧の滝の奥は通行止め。この細い橋の上から、1人でぽかーんと目の前の滝を眺められる時間は、とても贅沢なものでした。


5分くらい滝を眺めてから帰路につくと、観光バスの団体とすれ違いました。

たまたま私が行ったタイミングは、人が少なかったんですね。

歩く時間自体は数十分ですし、基本的には気軽な歩きやすい遊歩道だと思いますが、とはいえ熊にマムシに滑落に、注意は必要のようです。

女性はワンピースにヒール、とかでは無理かと。

登山ルックまではしなくても大丈夫だと思いますが、地面も濡れている場所があるので、スニーカーが良いと思います。

ちなみに、ググると、ここは心霊スポットだという話がチラホラ出てきました。

事故も起きてるし、近くに係員がいたりはしないので、シーズンオフはあまり一人歩きはしない方がいいかもしれません。

でも観光にはホントにオススメです!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加