1日目の宿は、角館の田町武家屋敷ホテルにしました。



武家屋敷通りと呼ばれているのは2個あるようで、いわゆるメインの武家屋敷通りではなく、こちらはもう一つの小さな通りの方にあります。

数軒隣にある西宮家の地図が分かりやすい、かな?



地図の右中央に書かれた「武家屋敷」が、いわゆるよく写真で紹介されている武家屋敷。

その辺りまでは徒歩6分かかると書かれていますが、実際には10分はかかるかと…。


このホテルに泊まることにした理由は、

とりあえず秋田に2泊する内の1泊は乳頭温泉郷にしていたので、もう1泊はどこにしようかなぁ、と悩み、

とりあえず角館は人気みたいだけど、どうかな?

とよく調べないままに楽天トラベルで宿を探していたら、こちらのホテルの写真が素敵だったので、なんとなくで決めました。




外観は武家屋敷って感じですが、部屋はマンションの一室って感じです。

調度品はクラシカルで武家屋敷トーンに合わせていますが、作りはまんまマンション。





行き当たりバッタリで決めているだけあり、私は武家屋敷についてほとんど調べないままに、抱返り渓谷の後にホテルにチェックイン。

15時チェックインにしていて、すぐに観光しようか迷ったのですが、お風呂に入りたかったので温泉に行くことにしました。

ちなみに、楽天トラベルのページにも書かれていましたが、ホテル内にはユニットバスしか無く、ホテルで入浴券をもらって近くにある「角館温泉」に行きます。

送迎車もありますが、時間指定があって合わせるのも面倒だし、徒歩5分の場所に温泉はあるので、観光がてら歩くことに。


温泉は…銭湯みたいな感じでした…。

露天風呂も無いし、大浴場でただカラダを洗い、入浴して終了。

16時半くらいから武家屋敷散策に出かけることにしました。
PR

ここでまず、私の失敗を書きます。

武家屋敷散策は多分16時までにした方が良いです。

まず西宮家を見たのですが、17時までカフェなどやっているはずが、ガランとして真っ暗、誰もいなくて、外観だけ観ることに…







もうお客さんいないしって閉めたのかな?


その後、武家屋敷に向かいましたが、お土産屋さんが1~2軒開いている程度。

喫茶店なども閉店準備中でした。

全く室内見学も出来ないまま、通りを散策。





ただ公開されているお宅もあれば、非公開のお宅もあり、お土産屋さんやカフェになっている所もあれば、普通に生活されているお宅もあります。

何でも固定資産税が高くて、住み続けるのも維持するのも大変だそうです。


ということで、ただただブラブラと武家屋敷の外観を眺めて散策終了。

セブンイレブンが武家屋敷仕様になってました。



っていうか、ごめんなさい!

私、そんなに武家屋敷に興味ありませんでした!


いや、古い建造物は好きなんですが、無理矢理最近建てたモノまで古い建造物の真似して作って景観を合わせるって価値観、好きじゃないんです。

小樽もそうでしたが、古い建造物を賑やかなお土産屋さんにしたり、喫茶店にしたり…

っていうの、古い良さを残しているなら良いのですが、なんかチープな客寄せ感満載になってる所は、興醒めしちゃうんです。

そして、車通りも割と激しくて、ゆったりまったり散策って感じじゃありませんでした。

桜の季節には車止めもするそうなので、車問題は無くなりますが、人が多そう…。


ちなみに、ホテルのご飯は普通でした。

うーん、東北だけあって味付けが濃いってだけじゃなく、味のセンスが私の好みじゃなかったかな。

秋田のスパークリング日本酒プライマリーは美味しかったです。



いや、ごめんなさい。

ホントのことを言うと、白米が保温の味がした…。

あと、ホテルの壁が薄くて、夜中にドタバタ煩くてちょっとガッカリ。

スタッフさんたちは感じ良かったんですけどね。


あと室内だけでなく館内禁煙なので、喫煙者はホテル入り口の灰皿でタバコを吸うことになります。

これって、ホテルに入るときにタバコ臭がするから、だったらホテルの裏手とかに喫煙スペースを作った方が、嫌煙の人にはありがたいんじゃないかと思います。

角館をちゃんと興味持って散策する方には、このホテルはアクセスしやすいし、良いかなと思います。

コンビニもファミマがすぐ近くにあるから便利。

昼間角館散策をメインにするって方には良し。

私のように、なんとなーくフラッと行った観光客には、ちょっと贅沢過ぎたかな?という気がしました。


ホテルの口コミをブログに書くとエコバッグがもらえるって部屋に書かれた紙があったんですが、エコバッグはいらないかな…と思ってスタッフさんには見せませんでした。

他にも口コミ書くと、楽天とかフォートラベルでポイントがもらえるそうで、口コミが多いホテルかもしれません。

いや、ホント、角館に興味ろくにないまま行ってブログに書いてすみません…。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加