今日は、月曜から夜ふかしで観てからずっと気になっていた、東京都稲城市の名産品、稲城梨を買いに行ってきました!

この稲城梨、都内でもスーパーで見かけることはありません。

楽天市場でも売られていません。

ので、番組で観るまで知りませんでした。

番組では稲城市はお金持ちが多いということがわかり、理由を調べたらこの稲城梨の農家さんがものすごくお金持ちだと分かったと紹介されていました。

高級な梨だからすごく儲かるんだそうです。

とっても大玉で美味しく、ほとんどが贈答用の高級品だという稲城梨は、地元に行かないと買えないらしい。

ということで、レンタカーを借りて行ってきました!


しかし一体どこで買えるのか?

ググると農園マップが見つかりましたが、よく分かりません。

●いなぎ農産物直売所マップ

を見るとJA東京みなみシンフォニーというのがあるようですが、営業時間が16時までなので間に合いませんでした。

とりあえず稲城市に行けば、農園がたくさんあるという情報を見つけたので、なんとなく向かってみることに。

道中めちゃくちゃ渋滞していたのですが、調布あたりは全然街だし、

こんな街中に本当に梨農園なんてあるの?

と疑問に。あと10分で到着ってナビは言ってるけど、全然普通に街中なのに??

と思いながら進み、川を渡るなり、一気に農園がたくさん出現しました!

でも駐車場のある直売所はどこだかわからない…


ウロウロしていて、結局手前で見つけた



葉月園さんに入ることにしました。
こちらは2台駐車スペースがあるし、大通り沿いなので見つけやすいです。

葉月園
〒206-0811 東京都稲城市押立905

駐車場の奥には農園があります。



そして大玉4個で3,000円という、かなりお高い梨を買ってきました!



オマケにもう1個梨を貰っちゃった!ありがたい!

稲城梨は大きければ大きいほど美味しいと言われているそうです。

どのくらいの大きさかというと、普通の梨の1.5倍くらい?と言ってもモノによると思いますので、定規と一緒に撮影してみました。



14cmくらいありますね。

さて、お味はどうでしょう?

まずはオマケで頂いた梨を冷やして、さっそく食べてみました!
PR

このオマケの梨は大きさは買ったのと同じくらい。

でも見た目は傷がついたりしていたので貰えたんでしょう。ってことは味は同じはず!

切ってみると、あま~いみずみずしい香りが漂ってきました。



大きくてお皿からはみ出さんばかりです。


さてお味は…人生で食べた梨の中ではかなり上位に入ります。

私は幸水と豊水なら幸水が好きなタイプです。20世紀梨は苦手。

この稲城梨は幸水に近いタイプだと思われます。

果汁がたっっっぷりで、果肉が柔らかいですね。

果肉の密度が粗いというか、柔らかいけどザクザクしているというか。

食べたときに、シャキシャキではなく、グシャッとした感触があります。

味は、香りが高い割にはアッサリした甘み。

濃厚でジューシーに甘い!ってワケではないようです。


うーん、美味しいんです。確かに美味しいです。

ただですね…高いですよね…

値段は農園やその年の収穫量によって変わってくるそうですが、通常の梨の4倍の値段と言われています。

そこまで、かなぁ?

思うのですが、ほとんどが贈答用になるという、その希少価値が大事な部分な気もします。

すみません、私が今のところ一番美味しいと思ったのは、鳥取の梨園の娘からもらった梨だったんです。

でもその梨園から梨を取り寄せてみたら、友達からもらった梨の方が全然美味しかったので、あれはなんだったんだろう…といまだに思っているのですが…


オマケ用にもらったのと、買ったやつだと味が違うのかな?一応また明日以降食べて、違っていたらレポートします!

とりあえず一玉食べたらお腹いっぱい!

※翌日売り物用を食べたら、味が違っていました!

適度に硬さがあってシャクシャクしていて、すごく美味しかったです!

甘さは上品だけどしっかりした感じ。

ものすごく当たりの幸水って感じ?やっぱりオススメです!

そろそろ販売時期は終わりだと思われるので、気になる方は販売所にお問い合わせください。

よろしければこちらもどうぞ!

●マツコ効果!種無し葡萄「ナガノパープル」&美味しい梨「甘ひびき」が売れてる!

その他のマツコが絶賛した食べ物は

じゅるり…マツコデラックスが絶賛した食べ物一覧!

でまとめてますので、良かったらどうぞ。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加