土曜日に、うっかり腕を出して寝て風邪をひきました…。

喉が痛いのと微熱だったのですが、風邪薬が切れてるー。

が、石井クリニックで肝斑対策として出して貰ったトランサミンは、以前内科で喉の痛みにも処方されてました。

石井クリニックに関してはこちら

SK-Ⅱ開発者が院長の皮膚科
レーザーでシミとイボ取りしてみました
ポンパレモールを初めて使ってみた



炎症を抑える効果=シミにも咽頭痛にも効果があるってことみたい。

あと、ビタミン剤として出されていたシナールとユベラはビタミンCとE。

また、ニキビが出来たときに処方されたファロムは、感染予防の抗生物質なので風邪でも処方されるとのこと。

PR


で、しっかり飲んでゆっくりしてたんですが、昨夜急にカラダがだるくなり、
?と思いながら熱を計ったら38.7℃!

風邪ひきたてのときは37℃~37.4℃だったし、液体ルルも飲んでたのに、何故…。

結局39.1℃まで熱が上がってしまいました。

生理痛用にバファリン ルナも常備してるので、解熱に服用。


朝にはだいぶ熱が下がり、一応朝一で病院に行ってインフル検査を受けましたが、今のところは陰性でした。

大事を取って会社を休み、寝ていたらまた38.3℃まで上がってしまいましたが、39℃を超えていたときよりは楽になってきました~。


風邪薬を常備していなくても、案外手持ちの薬で対応できるもんですね。

病院では痰用にムコンダインを処方されましたが、他の薬は手持ちのもので大丈夫と言われました。


これからの季節、風邪対策に美肌薬を飲むのは一石二鳥で良いですね!

※その後、ただの風邪ではなく肺炎になりました…

●【孤独死の危険】アラフォー肺炎記録
●一人暮らしの豆知識!救急車を呼ぶか迷ったら?
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加