先ほどニュースで、天皇陛下からの生前退位のメッセージビデオを観ました。

私はものすごく右の人間というワケではないと思うのですが、それでも観ていて泣きそうになりました。

ゆっくり、ゆっくり、丁寧な言葉でお話されていましたが、なんだか8月にこのように国民に語りかけられるということは、昭和天皇の玉音放送のことを思い出してしまいます。

●「玉音放送」の原文と現代語訳:朝日新聞デジタル

●天皇陛下:お気持ちを表明 ビデオメッセージ公開(宮内庁提供)


「天皇は象徴」というのは、アメリカ人との間で選んで決めた言葉だ、と白洲次郎のドラマでは演出されていましたが、実際はどうだったのか、私には分かりません。


NHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD-BOX

でも「象徴」ってなんだろう?って、私が小学校のときにも教師が言っていました。

そのときの教師は

「天皇は神様じゃなくて人間なんだ」

と揶揄するように言っていました。

うちの父も同じようなことを言っていたことがあります。

団塊世代〜50代くらいの人の間では、こういう「天皇は神様じゃない」という価値観が強く刷り込まれている気がします。


そういう世間の目もある中で、戦争の被災地、震災の被災地を訪れ、スポーツや音楽や身障者の元を訪問し、海外のVIPと晩餐会をしたり、本当に天皇陛下は今まで国民のために尽くしてきてくれていたと思います。

それを「税金で養ってるんだ。俺だって同じことは出来る!」なんてネットで言う人がいますが、いやー私には無理です。

ほとんど休みも無く、自由もなく、常に人々の目に晒されながら、多くの人に語りかけるなんて、出来ません。

82歳の天皇陛下、81歳の美智子皇后。

個人的には、毎日の公務はもう皇太子に譲り、ゆっくりして頂きたいです。

自分が公務をする場合は、美智子皇后も一緒に出掛けなくてはいけなくなる、と思うと、天皇陛下も退位を考えたのかもしれないなぁと思います。
PR

でもニュースの中で専門家が
「天皇陛下は皇室典範改正に関して発言してはいけない」
と言っていました。

天皇陛下は、自分の仕事、家族の仕事に関して、口を出してはいけない、と。

なんだかそれって、変だし、傲慢な考えではないでしょうか?

そういう枠にはめたのはアメリカと当時の政府なのに、まだまだずーっとそのときの決まりを守らなくてはいけないの?

そもそも天皇家のあり方を考えるのであれば、明治時代や江戸時代や平安時代のことも考慮していいんじゃないんですか?

たかだかこの71年の価値観だけで語って縛り付けるのって、私はどうかと思います。


昔は文化芸術を守るのが天皇の仕事だった時代もあると言います。

そして、一番の天皇陛下のお仕事は祭祀だ、と天皇論には描かれていました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論【電子書籍】[ 小林よしのり ]

実際に天皇陛下は宮中祭祀を行っているわけで、それ以外にもたくさんの仕事を「象徴」としてさせている。

それで、仕事のことに口を出すなって…


今までただ判子押しをさせていた政府は、どういう決断をするのでしょうか?

なるべく早く、というか次の天皇陛下のお誕生日までには、方針が決まってほしいなと思います。

ちなみに「皇居の中ってどうなってるんだろ?」と思う方は

●NHK特集 皇居

で皇居内の様子を観ることができますよ。
昭和天皇の時代の映像ですが、ものすごく貴重なものだと思うのでよろしければチェックしてみてください!

よろしければこちらもどうぞ!

●映画「日本のいちばん長い日」感想
●天皇陛下も好きな850円のチキン弁当!
天皇陛下御用達の究極のビニール傘!
東京散歩~皇居~
理想の夫婦!天皇皇后両陛下
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加