友人の職場に、いつも髪をキレイに巻いた、身だしなみがちゃんとしているアラフォー子持ち主婦Aさんがいるそうです。

友人はアラフォー子無し主婦でオタク。

元々映画や本やアニメや音楽やファッションなど、オタクなモノとオシャレなモノに関心が高い友人は、

他の同僚とは休憩中に映画の話などしているそうなんですが、そういうときAさんは

「映画とかドラマなんて観てられなーい」

と言っていて、彼女の話題は職場の愚痴ばかりなんだそうです。


「子育てとかで、そりゃ映画やドラマ観る時間無いんだろうとは思うけどさ、

その髪を巻いてる時間に、私なら映画観るわーって思うんだよね。

仕事と家事育児だけの人生って、楽しいのかな?って思っちゃう」


と友人は言っていました。

ちなみに職種は本関係なので、映画やドラマや読書等に興味を持ってる人が多い職場。


実際に子育てしている人から見たら

「映画やドラマなんて観る時間無い!」

と思われるかもしれませんが、最近私が聞いた働くママさんの話では

「松嶋菜々子の育休復帰のドラマ、22時開始で正解!

働くママは21時までは家事育児でバタバタだから、22時だとちょうど一息ついてドラマが観られるのよね~」

とのことでした。


ちなみにそう話しているママさんたちは、テレビ局やマスコミ系でバリバリに働く方々。

多分Aさんより仕事が忙しい職種のはずです。

でも情報収集のためとか、自分を省みるためにも、同じ境遇の人が主人公のドラマを観ているんだろうなぁと思います。

そして、そもそもそういう創作物を観るのが好きな方々なんだと思います。


私の友人にも働くママさんはいますが、元々そんなに映画やドラマを観る人ではないけど、

話題が職場の愚痴しかない

ということはないです。

仕事柄もあるけど、気になる展示会を観に行ったり、オシャレなお店を調べて行ったりしています。

他の人も、育児と仕事の合間に気になるアニメを観たり、ポケモンGOをやったり、趣味は忘れてはいません。


多分、なんですが、Aさんは元々、無趣味な方というか、映画やドラマとかそういう創作物にあまり興味が無くて、

独身の頃から仕事と身だしなみのことと恋で満足な人生だったんじゃないかな?

そして、それはそれで幸せなことなんだと思います。

友人にも
「最近、そういう人の方が、人生の満足度が高い気がするんだよね」
と言いました。

最初キョトンとしていた友人も
「あー視野を広げようって気持ち自体が無いってことは、他の価値観を取り入れなきゃって思わないから楽かもね。」
と合点がいったようです。


その話の流れで
「教養の無い人には、何を言ってもムダだ」
という話にもなったのですが、それも

「弱者の気持ちを想像しようとしたり、問題を改善しようと考えたりしないで、

自分のことだけ考えて、視野が狭いことに気付かない人生って、満足度が高いかもしれないね」


という話になりました。


いや、私たちには教養があるってことでは無いのですが、

「視野が狭いなー」
と思う人っていますよね?

人種や国、地域、性別、病気に対して平気で差別する人とかは顕著ですが、

そこまでじゃなくても、人生観に対して視野が狭い人。


例えば
「学歴なんて社会に出たら関係無い、と思って、俺は専門学校に行った」
という40代の男性がいるのですが、

そもそも彼がやりたいことがあって、その勉強が出来るのが専門学校だった、というなら全然良いのですが、

「学歴なんて関係無い」という価値観だけで大学受験をしない、というのは、

「彼の周囲には、学歴が役に立った人がいなかったんだなぁ」
と思えてしまいます。
PR

これは以前も多分ブログに書いた話なんですが、私が小学生の頃に、文集用のアンケートランキングの項目があって

「大学に行きそうな人ランキング」

ってのが作られていてビックリしたことがありました。

私は親から「大学に行くのは当然」と言われて育っていたので、

「大学に行くのは特殊なこと」

という価値観にビックリしたんです。


当日親の転勤で田舎に住んでいたため、同級生の親で大卒の人があまりいませんでした。

そのため、子供を大学に進学させようと考える親が少なかったんだと思います。

高校は進学校だったので受験をする子は多かったのですが、

「親が、女は短大しかダメだって言ってる」

と、四大受験を許してもらえず、泣いていた同級生もいました。


でもまぁ、今思えば、

「大学に行く必要は無い」

という価値観で生きている人は、その価値観の中で合う仕事を見つけて、結婚して子育てをしているわけで、

「自分には何が出来るんだろう?」
「自分がやりたいことは何だろう?」
「もっと上を目指したい」

と思って生きるより、満足度が高い気がするのです。


実際、大卒じゃないと就職出来ないような会社ばかりなわけじゃ無いし、

大卒だから優秀ってワケでは無い。


そもそも選択肢がたくさんある、ということを知らずに生きていくことは、劣等感を持つ機会が無いなら、全然視野が狭くても問題無いと最近思います。

都会の子供が夢見る将来の仕事は、医者やパイロットが多くて、

田舎の子はパン屋さんやお花屋さんや大工さんなど、目にしたことがある仕事ばかりだ、


と教師をしている友人が言っていましたが、

夢を見て叶わないより、そもそも叶わない夢を見ない人生って選択肢もありますよね。


と書きながらも、私や友人には、やはり

「大学進学なんて意味が無い」

と切捨ててしまう価値観は、よく分かりません。

同じように、

「映画やドラマを観たりして、色々空想したり、人と感想を話し合うのは楽しい」

という価値観が無い人の気持ちも分かりません。

いや、まぁドラマとかテレビの話ばっかりする人も、それはそれで

「話題が少ない」

って馬鹿にされたりするケースもあるんですけどね。


オタクは基本的に、自分が好きなモノの話をするのが好きだし、

好きなモノの話をお互いにして情報交換するのが大好きなので、

非オタクのリア充の価値観が理解出来ない、という部分があります。

私たちはオタクな会話が大好きだけど、Aさんみたいに髪を巻くのが楽しいって人もいるんですよね。


そういう価値観が違う人って、若い頃は全然興味なかったんですが、最近は

「じゃあこの人は何を楽しみに生きているんだろ?」

と興味を持つようになりました。

私自身、オタクとしては浅い方だし、まだまだ全然視野が狭くてダメな部分だらけなんですが、

そもそも、「視野が狭いことは悪い」という価値観が無い人の価値観は、ちょっと羨ましいですね。


たまーに出会うんですよね、そういう人。

周囲の人間関係くらいにしか興味無くて、特にこだわりも無いって人。

案外愚痴が多い、視野が狭い決めつけが多い人ってイメージなんですが、

でもそういう自分をダメだとは思ってない人。

劣等感が無いって、絶対人生の満足度が高いと思うなぁ。


そういう人と友達になりたいとは思わないのですが、

私の友人はどうにも理屈を考えたり、分析をしたりするのが好きなオタクばかりのため、

そういう一見無趣味な人が、ホントは何を考えてるんだろ?と興味深いです。

が、あちらはオタクの価値観に多分興味が無いので

「うわーめんどくさ」

って切捨てられてしまって、平行線なのかもしれませんが…。

多分きっと、「普通の人」なんて人はいないんじゃないかな?

と想像しているのですが、実際のところはよく分かりません。

ただ無趣味な友達の同僚のAさんみたいな人が身近にいたら、そういう人が育児が落ち着いた頃に、何をするんだろ?というのは知りたいなぁ、と最近なんとなく思っています。

よろしければこちらもどうぞ!

●アラフォー主婦のメイクはやっぱりヤバい!?
●独身が「子持ち主婦ウザい」と思ってしまうとき

●めんどくさいアラフォーおばさん、どうしたらいい?
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加