ポケモンGOは何でアメリカで先行配信したんだろ?と思っていましたが、開発者が元Googleの社員アメリカ人なんですね。

ポケモンGOを開発したナイアンティック社のジョン・ハンケCEOはテキサス生まれの49歳。



Googleアースの開発にも携わっていた人で、Google内で立ち上げたゲームのチームを独立させ、任天堂に話を持ちかけてポケモンGOが作られたんだそうです。

道理でポケモンは日本の物なのに、アメリカで先行配信したワケですね。

●ポケモンGO 生みの親の半生 2016年7月30日 12時46分 掲載


しかしこの記事のコメント欄には、やっぱりポケモンGOへの批難コメントがちょこちょことありますねぇ。

「迷惑だ!」
「夜中に自転車に乗っている人がいて気持ち悪い」
「治安が悪化している」

って言ってる人がいますが、私自身プレイしているからなんなんですけど、今のところ他のプレイヤーの迷惑は被っていませんね。

ただ周囲を見ていると、プレイしていない人はプレイヤーに対して冷めた目で見ている、というのはあります。


先日飲み会である女性が

「ポケモンGOやってる人ー!」

と呼びかけをしたら、その中の半数以上が手を挙げたのですが、

「うわ〜お前らやってんの〜?でも、聞いてる君はやってないよね?」

とドヤ顔で言っていた男性に

「ま、私もやってるんだけどね」

と女性が笑って答えたら、男性が驚愕していまいた。


多分「みんながやっているモノをやるのはダサい」という価値観で、ポケモンGOをやったことが無いのに批難をしている人も多いんだと思います。

元々私のそのタイプだから、気持ちは分かりますけどね。

あとは「ポケモンよく知らないし、ゲーム自体好きじゃないからやらない」という人もいますね。

私は批難するにしろ賛同するにしろ、まずやってみないと分からないと思ったので、やってみています。
PR

こりゃ飽きるな〜というのは実感としてありますが、今はこのブログで経過を書いたりしているので、まだ続けるかな。

ポケモンを捕まえるためにあちこちに電車に乗って出掛けたり、たくさん歩いたりするのは楽しいですね。

東京に住んでいると下記のような記事も書けますし。

●ポケモンGOを恵比寿でやってみた
●【検証画像アリ】皇居の中に民間人が行けないポケストップやジムがたくさん!
●【検証】東京タワーはピカチュウが出やすい、はホントか?




治安に関しては、私の住んでる付近ではむしろ良い影響があります。

普段人通りが少なくて真っ暗な道に人がいるのは、安心できます。

歩きスマホ自体は以前からいましたからねぇ。

ポケストップが近くにある飲食店は、お陰で繁盛しているみたいです。

もちろん事故も起こっているそうなので、そこは良くないことなのですが、通話しながら事故を起こしている人もいますからね。

あえてポケモンGOだから問題になっているのであって、元々使う人のマナーによって事故は起こっていたと思うのです。


しかし、「そろそろ訴訟が起こる!」というコメントも見ましたが、無料配信ゲームだからどうなんだろうなぁ。

そういえば先日電車の中で50代くらいの男性二人が話していて

「あんなゲーム、問題が起こっているのにダメだ!」
と言っている男性に
「でもそういうのがあるから、株価が上がったり景気が良くなることもあるんだよ。だから良いんだよ」
ともう一人の男性が大人に返しているのに
「でも!でも問題が起きてるし!」
とまだ一人は文句を言っていて、
「それはゲームの問題じゃなくて、使う人間の問題なんだよ」

と大人な男性が返したところで空気が悪くなり、しばらく沈黙が続いていました。

ま、傍から見ていると「景気が良くなる」って言ってる男性の方が、視野の広いちゃんとした人に思えますね。

悪い面ばかりを見るのではなく、良い面も見た上で改善策を考えていける大人って、そんなに多くないんだな〜というのもわかりました。

そういう意味では

「あなたはポケモンGOをどう思いますか?」

の質問は、相手の人間性を見る試金石になるんじゃないかな?と思います。

明日はポケモンゲットついでに友達とお茶しに行こうっと。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加