以前
●アラフォー男が19歳下の女の子に恋をするのはアリ?ナシ?

で書いた男友達からLINEが来ました。

数日前にもLINEが来ていて、彼が片思いしていた女の子は会社を辞めてしまったのですが、

「寂しいなー。

でもまた会う機会はあるし、今度元モデルが入社することになって、その子が友達紹介してくれるって言っててさー。

俺元モデルなんて、全然想像つかないや~」

とチャラい内容だったので、軽く流していました。


しかし、この男友達は実際は大変穏やかで優しく、他人の悪口など言わないタイプです。

女性には、好きになったら一直線。

浮気もしないし、おねーちゃんがいる店にも行きません。

この穏やかな友人は、今の会社に転職してまだ一年くらいなのですが、どうにも経営陣とは合わないんだそうです。

とはいえ人とは揉めない穏やかタイプなので、経営陣に誘われれば、飲みも休日の遊びも付き合っていました。

バブリーな方々との遊びに誘われ、まぁそれはそれで、初めて見る世界で面白いけど、

やっぱり経営陣のことは内心嫌いなんだとか。


友人は片思いしていた女の子に、この経営陣の愚痴を言っていたそうです。

あちらも経営陣が嫌いだったため、話がとっても盛り上がったとか。

そして、女の子は経営陣に我慢出来ず、退職していきました。

それから数日後の今日、彼女が最後に爆弾を落としていたことが発覚したそうです。


なんと、彼女は最終日に経営陣に面と向かって、溜まりに溜まった不満をぶちまけた上に

「友人さんも、あなた方のことを嫌って、こんな文句やあんな文句を言っていました!

休日に友人さんを巻き込むのは、止めてあげて下さい!」

と、友人が陰で言っていた愚痴を、洗いざらい経営陣に言ったそうです!


友人は
「俺が言ったことを洗いざらい話すなんて、すごくない?

ビックリで今、放心状態だよ」
と言っていましたが、

私は読むなり大爆笑‼︎

近くにいた同僚にもこの内容を話したら、大爆笑でした!


「若い女に入れあげて、調子に乗ってベラベラ話すなんてアホだわ~」

「まぁ気持ちは分からなくないけどねぇ」

「21とか22歳のギャルに、言っていいことと悪いことの区別なんてつかなかったんでしょ~」

「若いときって、事実を話すことは正義って気持ちあるからね~」

「しかし、ウケるね!
もう女は諦めて、出家した方がいいんじゃない?」

と、みんなで言いたい放題!
PR

さすがに友人は
「爆笑を通り越して、無だよ…」
とかなりガックリしていたので、明日は憂さ晴らしに飲みに行くことにしました。

まー今の会社は辞めた方が良さそうと思ってたから、これもキッカケかな。

片思いしていた女の子がしでかしただけに、友人も本人に怒ったりは出来ないんでしょうが、

いやーホント、アホだわ~。


私も割と何でもペラペラ話す方ですが、転職回数が多いだけに、愚痴を話す相手には慎重です。

しかも、片思いの男性に愚痴を言うと、いざ振られたときなどに

「ああいう愚痴が出るのは、お前のそういう性格が問題でトラブルが起こるからだ!」

なんて、信じて頼った気持ちで吐いた弱音を、剣に変えて斬りつけられたこともあります。


だからこそ、イケメン同僚君と飲んだときに

「会社で誰が苦手ですか?」と聞かれたときに

「嫌いな人のことを考えると、心が曇るから…」とはぐらかしました。

好きな人に悪い自分も見せたくないですしねぇ。


ただでさえ会社の人の悪口なんて、女同士でも、全てぶちまけるなんてご法度。

若い女なんて、そりゃー記憶力も良いし、私たちアラフォーが大したことないと思ってることも、大きく捉えて問題視します。

もちろん若くても、他人に話して良いことと悪いことの区別がつく人もいますが、

友人が片思いしていた女の子は

男友達の好きな女が「女に嫌われるクズ女」だったら?

で書いたように、微妙な子だったんですよね。

なので、より一層、同情よりも爆笑!


「勉強になったよ…」
と言う友人は、さすがにこれに懲りて、少しは若い女を警戒するようになるかな?

アラフォー男性で、職場の若い女の子に入れあげている方は、調子に乗ってベラベラ何でも話さない方がいいですよー。

ええカッコしぃで、他人の悪口を女性の前で言う男性ってホント多いですから。

「あいつ馬鹿だからさー」

とか言って、俺スゲーって酔ってると、こんなことになるんだーという笑い話でした!

後日談はこちら

●アラフォー男が会社の若い女に入れあげて大失敗した話〜詳細〜
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加