何となくYahooニュースを見ていて、気になったタイトルがありました。

「熟年離婚」じゃなく「熟年結婚の落とし穴」というタイトル。

読んでみたら、50代後半で知人の紹介で出会った10歳上の男性から4回目のデートでプロポーズされ、知り合って2ヶ月で婚約、3ヶ月で入籍し、半年で離婚した方のお話でした。

離婚の原因は価値観の違いって言うか、これ精神的DVでは?


旦那さんは出会ったときは素晴らしい人だと思ったけれど、いざ一緒に暮らし出すと、

一切生活を変えずに、ただ身の回りのことだけをして欲しくて結婚した方だったそうです。

だから休日も旦那さんは自分の勉強に集中。

お出掛けも無く、頂き物の花の匂いで怒られ、仕事に行くと嫌味を言われ、結婚から3ヶ月経つ頃には些細なことでも怒られ続けるようになり、離婚を決意したそうです。

50代初婚リポーター菊田あや子 熟年結婚の落とし穴語る


こういう電撃結婚でうまくいく方もいるし、私もいつかそうやってパートナー見つけられたらいいな~なんて思ってましたが…。

でも最近も、アラフォーで電撃結婚から1ヶ月で離婚した方のブログを見ました。

その方はその後年下と再婚し、42歳で妊娠出産されてました。

ただお互い好きになってから結婚していた方だったから、やはり電撃過ぎると色々あるのかも?
PR

しかし、こういうの読むとホント、人の相性って難しいなと思いますね。

出会って3ヶ月くらいは素晴らしい人に見えて、気も合うし最高!と思っていても、

徐々に気が合わない部分が見えてきて、ギクシャクし出して、仲違いなんてことは、女同士でもあります。


30歳を過ぎると、

「今更他人と話し合っても無駄」

みたいな気持ちが出てきて、モヤモヤを解決出来ないまま、というか

「そもそもこのモヤモヤは話し合っても解決出来ない」

と決めつけてしまうことも増えました。

でもこの方みたいに
「私が我慢すれば良いんだ」
って考え方になってしまうと、お互いバランスがうまく取れなくなって、旦那さんもどんどん加速してしまったのかな?


人と人のコミュニケーションって、どちらかが一方的でもダメだけど、でもどちらかが前向きな姿勢持ってないと、どんどん悪化することもありますよね。

うーん、難しいなぁと思った記事でした。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加