3月のライオン実写化のキャスト、どうなったのかな〜と思ってググったら、7日に発表になってたんですね!

前売り券もすでに発売になっていますが、2部作で来春公開です。

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

羽海野チカの世界展も8/4〜17に西武池袋で開催されるそうです。

●羽海野チカの世界展

最新刊12巻は9月29日発売。




で、気になるキャストですが、私の予想は当たっていませんでした…

あかりおねぃちゃんは倉科カナ。
香子は有村架純。
ひなたは清原果耶。

宗谷冬司の加瀬亮は割りとハマってる気がしますね。
っていうかどのキャストも結構原作に忠実な気がします。

特に「あさが来た」でお冬ちゃんをやっていた清原果耶ちゃん、可愛いしたのしみ〜!
PR

岩手ロケもあったそうですが、まだ原作は終わっていないのに二部作ってことに、ちょっと世間は不安も覚えているようです。

うーん、ラストはどうするつもりなんでしょうか?

私の予想では、ひなちゃんにプロポーズ?して、その強く成長した桐山くんが宗谷冬司に挑むところで終了って気がするのですが…

また全話を通しての映画化は難しいし、将棋のシーンをあまり入れ過ぎると退屈という配慮がありそうな気がします。

桐山くんの成長っぷりや思考回路を示す将棋シーンが削られたり、川本家のわちゃわちゃした感じもかなり厳選されているんでしょうねぇ。


正直、羽海野チカのマンガの面白さは小さな小ネタがいっぱい詰まっている部分なので、「ハチミツとクローバー」みたいにバッサリと小ネタを削除することによって、ただの片思い映画〜みたいになってしまったような、なんかそういう本筋がブレてしまうような実写化をしていないといいなぁと思います。

本筋は、孤独だった桐山くんが、川本家に触れるに従って愛を知っていき、戦うということへの意識が変わっていく成長ストーリーですが、

その成長の過程のエピソードがすごくすごく大事だから、あまり削り過ぎないで欲しい!

って言ってももう撮影は終わってるんですけどね。


しかし有村架純ちゃんが香子かぁ…

あかりおねぃちゃん役のほうがハマってた気がするなぁ。

最近倉科カナ押しの空気を感じてはいますけどね。悪くないし可愛いけど、家庭的なふわっとした感じと、色っぽい感じを備えたあかりおねぃちゃんは、グラビア系とはちょっと違う気がするんだけどな。

なんにせよ、「秘密」に比べたらちゃんと原作に沿わせた映画化になっているような気がするので、楽しみです!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加