今朝の夢。

飲み会の帰りで駅に向かって歩いてる。

前には先日ハッキリした脈ナシアピールで振られたイケメン君と、同僚女性がいて、一応一緒に歩いていたつもりが、2人はどんどん先に行ってしまって、駅ビルのエスカレーターで見失う。

ホントは同僚女性を見送ったあと

「2人で飲み直そう」

って言ってもらえないか期待していて、言ってくれなかったら自分から誘おうと思ってた。

急いでエスカレーターを昇るけど、道に迷ってしまってまた降り、

とにかく駅の改札に向かえば合流できるかな?と走りながら、

だったら「今日はお疲れさま。私は道に迷ったよー」ってメールしようかな?

でもそれで「お気をつけて」ってアッサリ返されたらショックだから、

何もしない方が良いのかな?

と思い、孤独感でいっぱいになる。


なんか、暗い夢ですね…。

この夢を見た理由の1つに、半年前の飲み会の帰りに

「飲み会早く終わったねー」と話しかけたら

「早く帰って、ゆっくりしましょう」

とアッサリ返されたときのことを書いたブログを読み直したからってのがあります。

あれから仲良くなるように散々頑張ったし、複数人での飲み会をしたりして前より笑顔で話すようになったけど、

結局2人で飲みに行ったときに脈ナシアピールされて撃沈して以来、

仲良くなったつもりだったけど、結局彼はただ社交辞令で仲良いフリをしてくれていただけで、私に対する感情はずっと、その半年前から変わっていないし、

ずっと脈ナシアピールをされ続けていたんじゃないかな?
と考えています。


会話をする必要があって、私が笑顔で親切にしていたから、それに合わせてくれていただけで、

その他大勢の、いてもいなくても良い人

と好きな人にずっと思われていたんだ、っていう暗い気持ちが夢に現れたんだなぁ。


でも、飲みに誘われたい、でも誘ってもらえないなら自分から言いたい、でも迷惑な顔されるかも…

と頭の中でグルグルしながら道に迷うって、なんか昔も似たようなことあったけど、

ホントくだらないわー。

そんな追いかけ甲斐の無い男のことなんて、考えなきゃ良いのに。

さてこの夢のユメカルテ診断は…
PR

この夢は、周囲と自分を比べたり、意識する表れです。

周囲と自分の差を意識したり、特別な相手に対する負けたくないという感情、あなたの気持ちが上昇の傾向にあるようです。

特にライバルや気になる相手に対する感情は、極端に強いものである場合があります。

その意識は向上心であって、決して悪いことではありません。

競争心があなたを成長させる原動力になるなら良いことです。


ただ、他人より遅れをとってしまうことへの過剰な意識や不安、ライバルへの度が過ぎる競争心は問題があります。

他人との優劣にこだわりすぎると、少し劣っただけで卑下し自信を失い、優ると相手を見下す傲慢さが現れたりと、本来のあなたの良さが出ないばかりか、マイナス面が目立ち、損するばかりで得することは何もありません。

もし過剰な競争心があるなら気持ちを抑圧する必要があります。

競争心と向上心を適度に保つことが、あなたをステップアップさせる秘訣です。


今は意欲や向上心を最大限引き出し、おおいに発揮させる時といえます。

ライバルや周囲など身近な相手を対象にするより、もっと上の大きな高い目標を掲げてみてはどうでしょう。

学業や仕事のスキルアップを目指したり、これまで気後れして踏み出せなかったことにチャレンジするのもいいかもしれません。

あなたが持つ今のプラスの状態を眠らせてはいけません。
常に上を目指し、挑戦していきましょう。


ふむ、なんか、予想通りの結果となりました。

確かに今、他人と自分を比較して落ち込む日々が1ヶ月以上続いていて、ちょっとノイローゼ気味。

それは分かっているけど、解決法が分からない!

高い目標ってなんだろ?

ちょっとこの週末、上を目指すってどういうことか、考えてみようかな?

しかしユメカルテはなかなか面白いですねー。

よろしければこちらもどうぞ!

●本日発売!石井ゆかり2016年後半星占いのために、フィガロ・ジャポンを楽天koboで買いました
●女にとって大事なモノは「仕事と男だけ」?深層心理を夢診断
●【夢占い】イケメン君の夢を見た♡これって…
●姓名判断「みんなの名前辞典」が当たり過ぎていてビックリ!
●私は恋愛や結婚に向いてないかも…?無料性格診断をやってみたので結果公開!
●アラフォーは占い好き、ですよね?
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加