脈ナシアピールをしっかりハッキリされたイケメン君に、LINEしてしまいました。

やはり、自分の好意を伝えずにモヤモヤと

「あれは脈ナシアピールだったんだよな?」

「いや、考え過ぎ?」

「あれは単なる社交辞令?」

「優しかったのは気を遣ってくれてただけ?」

とか考えるのが、どうにも性分に合わなかったんです。


とはいえ、告白はしていません。

仲良くなりたいと思っていたこと。

でも気を遣わせてただけなら悪いと思ってること。


まぁ告白に近いことではありますが、面と向かって言えなかったことを書きました。


いやー長文になっちゃいけないし、変に卑屈なことや重いことも書けないし、でも言いたいことは言いたいし、それで気まずくなりたくないし…

携帯のメモアプリに下書きして、悩んで、また書き直して、昼寝して、また書き直して…

そもそも送らない方が良いよな?と、何度も何度も迷ったのですが、

土曜日に送れば、日曜日に気分転換してお互い気まずさは少し薄れさせることが出来るだろうし、

と考えて、送ってしまいました。


重たいから書くかどうか悩んだのは、「返信不要」の言葉です。

もし迷惑なら返信しなくて良い、というのは、受け手は結構プレッシャーに感じる可能性もあります。

もし自分が気のない男性から告白めいたメールが来て、「迷惑なら返信不要です」と書かれていたら、その後会わない人なら返信しないで済ませられますが、また会う人だと

「迷惑…ってハッキリ言えないけど、返事に困るし…でも返信しないと、迷惑って思ってるってことになっちゃうから余計気まずいな…」
と思ってしまいます。

ただ、相手の性格を考えると、「面倒だから返信しない」という選択をする可能性もあったので、「返信しなくても大丈夫ですよ」ということは言いたかったんです。
PR

結果は、数時間後に、大変ご丁寧な言葉で、ハッキリと脈ナシアピールをして頂きました。

同じようなことはすでに言われていましたが、こちらの好意を伝えているかいないかでは、受け取り方がちょっと違うというか、

なんとなーく態度で好意を示し、なんとなーく脈ナシアピールをする、

という察してちゃんな感じではなくなるので、こちらは大変スッキリしました。


これで、今後また優しく接してくれても
「社交辞令ありがとう!」
と思えるので、変な期待をしながらお誘いをかけ続けたりしないで済みます。

ちなみに、その丁寧は脈ナシアピールには、短い社交辞令を返信し、穏便にやり取りを終えました。

あちらも無事に脈ナシが伝わったと分かり、ホッとしたかな?


こういう告白めいたことを年上が言うのは、本来NGだと思います。

自ら察して退くのが1番無駄がないはず。

まぁ一応、「え?あれ告白じゃなくて、人として気に入ってるって意味だったんだけど?」と言い訳が出来るギリギリのラインの文章になるようにはしました。

のであちらも、告白のお断りほど重く考えずに返信出来たんじゃないかな?

とはいえ、めちゃくちゃ怖がらせている可能性もありますが…。

やっぱり本人にそういう意思確認を下手に出て送るのって、最近の風潮だと重たいし面倒くさいですしね…。


今後は必要最低限なやり取りは笑顔で対応し、これ以上親しくなる努力は一切しないでいきます。

親しくなろうと努力するの、結構疲れてたから、やっと終わりに出来るってホッとしてるのも確か。


自分自身で感情をコントロール出来る方なら、最初から何もしない、何も言わないのが正解だと思います。

でも、好きな気持ちが溢れて我慢できない!ダメでもいいから告白したい!でもそれで迷惑をかけたくない!

と悩んでしまっているなら、まずは食事とか誘ったりしてみて、その反応でもまだ諦めがつかないなら、

告白の一歩手前、「仲良くなりたい」という気持ちを伝えて、返事をもらうのくらいは良いんじゃないでしょうか?

相手だって
「なんでこの人こんなに積極的なのかな?」
「接待的な意味で優しくしてるだけなのかな?」
「告白されていないと断りにくいな…」
「宗教の勧誘とかし始めるんじゃ?」
って思ってる可能性もありますからね。

実際イケメン君も飲んでたときに、私のことか他の人のことか分かりませんが
「優しくしてくれるのって、なにか仕事上有利なことが期待されてるってことなのかな?って思ってしまうときがある」
って言ってました。


もちろん、その返事に脈ナシな言葉が書かれていたら、それはハッキリとしたお断りと同じこと。

「またみんなで」とか「良い同僚として」とか、社交辞令として書かれていることはすべて「恋愛対象じゃありません」ってことですからね…。

人によっては社交辞令さえ返してくれない人もいるかもしれないし、その後あからさまに避けてくる人もいるかもしれないので何なんですが、私はコレでのめり込むのを食い止められました!


まだ片思いってほど好きにはなってなくて、でもだんだん好きになっちゃいそうになっていた段階なので、早目に終わらせられて良かったです。

完全な片思いになっちゃってたら、身動きできなくなっちゃいますからねー。

「恋のピンポンダッシュ」はこれで最後です。

告白はしないで好意を分かりやすく伝え、ダメなら潔く撤退!

私にはこの方法は、合っていたかなーと思います!


にっちもさっちもいかない恋がうまくいく本 読んでスッキリ、書いてナットク (大和出版)

よろしければこちらもどうぞ!

●片思い相手からの「今度飲みに行こう」が脈アリか社交辞令か確認する方法は、コレしかない!
●片思い中の人は「恋愛部長」のピンポンダッシュをしてみましょ!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加