北海道の行方不明になっていたら大和君が無事に見つかってホッとしました!

Yahoo!ニュースのコメント欄は、これまで
「親が怪しい」
「事件性があるとしか思えない」
みたいなコメントばっかりだったのに、一転

「こんなワンパクな子なら、親も躾について悩んでいたかも」
なんてのばかりになりましたね。

まー私も子供の頃に家から閉め出されたら、そのまま遊び続けて更に怒られたものです。


この話題を既婚子持ち男性としていたら

「ウチの子も結構問題が多くて、多動性障害っぽくて学童から何度も呼び出されてて、奥さんが参ってるんだよね。

でも俺は『それも個性だ』って思うんだけどね」

と話していました。

ので
「知人の息子がそういう傾向があって、病院に連れて行ったら診断で障害が分かったから、薬を飲んでますよ。

一時期薬を止めてみたけどやっぱりダメで、また薬を飲み続けることにしたらしくて。

奥さんも悩んで、自分でもカウンセラーの資格を取ったそうですよ」

と話したら

「うわーそうやって病名ついちゃうのがイヤだな。

大体、薬を飲んだら終わりってワケじゃないじゃん?

本人も今後苦労はすると思うけど、自分で考えていかないといけないと思うんだよね~」

と言うので、うわ~と思いました…。


なので以前もこのブログで書きましたが、

「知人の娘さんで、子供の頃からちょっとおかしい部分がある子がいて、

親はずっと叱ったり様子を見たりしていたけど、19歳になってから改めて病院に連れて行ったらやっぱり病気だったって分かった子がいますよ。

『この子はずっと、ちゃんとやりたくても出来ないことを出来ないって怒られて、ずっと苦しんでいたんですよ。』

ってお医者さんに言われて、その後は訓練所のような所に通って、普通に生活するための訓練をしてるんですって。

病気だと、本人が悩んでも苦しんでも解決できないこともあるし、ずっと大人になっても対人関係で悩むようになるくらいなら、ちゃんと病院に行って対処法を教えてもらう方がいいと思いますけどね」
と話してみました。
PR

男性は、うーん、と微妙な顔をしていましたが、元々ちょっと価値観が古風な男性だとは思っていたけど、やっぱりこういう父親はまだまだいるんだなぁと実感しましたね。

「病名が付くのが嫌」

って、なんなんでしょう?

子供が自分自身では解決出来ないかもしれない、その理由が病気かもしれない状況でも

「病院に連れて行っても解決しない。
個性だからそのままで良い」

と思うのは、私にはエゴに見えてしまいます。


何でもかんでも病気にする今の風潮が嫌だ

と思う気持ちは分からなくもありません。

でも、子供の頃に悩んでいた問題は、私は割と今でも解決していなかったり、トラウマになったりもしています。

もしかしたら病気かもしれない、違うかもしれない、

でも対処法が病院で教えてもらえるのなら、それで無駄に悩んで、心が捻くれてしまわないかもしれないのに…。


もちろん、病気じゃないならそれはそれで、親が見守りながら子供を成長させることも出来ると思います。

でも学童から何度も呼び出されて、奥さんも悩んでいるのに、

「このままで良い!個性だ!」

と言い張る父親が良いとは思えないなぁ。


「ゆとりですがなにか」でも、息子の学習障害を認められない父親が出てきました。

よくドラマでは、こういう子供の病気を認められない男性が出てきます。

それは、やっぱりホントにそういう父親が多いからかもしれませんね…。

子供のいない私には分かりませんが、何でもかんでも親がフォローすべきじゃないとしても、悩んでも努力しても解決出来ない問題があるのかどうかを、親だからこそ考えてあげることは出来るんじゃないかなぁ、と思ってしまいました。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加