先日誕生日を迎えましたー。

前日に「明日は誕生日だなー何の予定もないけど」
と思っていたら

「誕生日おめでとう!」

とメールが届きました。

いや、明日じゃね?しかし送ってきたのは母。

その後親友からも
「お誕生日おめでとう!」と届き、

もう私がボケてるだけで、誕生日実は今日なのかな?と記憶があいまいになってきました…。

友達と誕生日を祝い合う習慣が無いため、自分でキハチのケーキとモエのシャンパン買いましたよ~。



キハチのケーキ、クリスマスにも買ったのですが、1人~2人用の小さなホールケーキが2千円くらいなので、

カットケーキじゃ寂しいな…

というときに良いです!


ちなみに、片思いのような憧れのようなイケメン君からは、0時ちょっと過ぎにお祝いLINEが届きました!

それはそれは可愛気のある、いかにも仲の良い会社の人向けな文面だったので、嬉しいけどちょっとションボリ。

可愛らしい文面になるように、それなりに考えてくれたんだろうな~という、微笑ましい文面だったんですけどね。

ネットでオススメされてるようなテンプレ通りじゃない、彼なりの気遣いの込められた文面でした。


最後に「また飲みにでも行きましょう~」
って書かれてましたが、具体的な日にちが無いと

「社交辞令ありがとうございます~」
と思ってしまいますよね。

最近LINEしたときも「また飲みに行ってくださいね!」って言ってくれたけど、「来週あたり」とか「近々」とか無いと、具体的に話を進めるにはこちらから動かないといけなくなります。
PR

もちろん片思いしている側だと

「ぜひぜひ!来週あたりどうかな?」

とか言える機会に出来るのですが、すでに2回その流れで私から日にちの打診をして飲み会を複数人でやっているので、もうこちらから日にちの打診はしたくない。

だいたい、誕生日のお祝いLINEの返信で、こちらから具体的な日にちを挙げるのって、ちょっとガッついててなんですしね。

ということで、「今度は○○飲みに行くのもいいね」と、日にちではなく内容の提案を返信しました。

色々誕生日メールとかお礼メールについてネットで見たことがありますが、やはり全く同じ文面はネットになんてないし、私の返したような文面もネットには書かれていませんでした。

ネットの情報をなんてそんなもんよねー。

身バレしたくないから、全部赤裸々にはみんな書かないですしね。


これで、「いいですね!」って返信が来たら具体的に日にちを打診しますし、

普通に返信無くやり取りが終われば単なる社交辞令でしょう。

でも高確率で返信は無いだろうな~。

ちゃんと頑張ってアプローチしたい人は、好きな人から誕生日メールをもらったら、こちらから具体的に日にち打診をしましょう!


私は、なんか今は頑張って飲みに誘う気になれないんですよねー。

まーた複数人飲み前提で、メンツ誰呼ぶ?とか探り合いしたくない。

でも自分から2人きりで、とは言いたくない。

2人きりでも飲みに付き合ってくれるとは思いますが、口説くのって気力と体力がいりますよね。

で、口説く隙が無いと分かったら落ち込むじゃないですか。

その脈ナシ判定を飲みの場でするより、飲みの約束を取り付ける時点で判定しちゃいたいなー

というのがありますね。良くないなぁとは分かってるんですが。


男性って、一生懸命グイグイ女性を誘って、それで女性が来てくれたら奢って、でもお礼の可愛いメールを貰えたら喜べるって、羨ましいです。

私は、一生懸命いっぱい優しくして、飲みに誘って、複数人飲みで多めに支払って(私より上のおじさまにもっと払ってもらったけど)、それで可愛いメールを誕生日に貰って「また飲みに行きましょう」って言われても、ギブアンドテイクについて考えてしまいます。


もちろん、彼は彼なりに年下として気を遣ってくれていて、社交辞令なだけの素っ気ない関わりにならないようにしてくれているのは感じます。

懐いてくれてるなーありがたいなー

でも、私が望んでるスタンスはそこなのかな?

私が男性なら、この流れで絶対デートに誘います。

それで「恋愛対象には見てません…」って言われても、「可愛い女の子と出掛けられたしラッキー」くらいで次に行きます。

それは「気に入ったら男から誘うものだし、振られてグジグジする男はみっともない」という一般論があるから。


一方「女性からグイグイお誘いして男性をもてなし、振られるのは恥ずかしいこと」という一般論もあります。

一般論なんて、まーどうでも良いのですが。

でもなーんか、やっぱり考えてしまいますよね。

とか言って、きっと痺れを切らしてまたイケメン君を飲みに誘うかもしれませんが。

って、お誕生日って結局、男のことを考えてしまうタイミングになっちゃいますねぇ。

あと何年くらいこうなのかしら…

そろそろ自分の誕生日を忘れるくらいに、いっそなってしまいたいものです。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加