始めに、私はあまり今のこの#Metooの動きを好ましく思っていません。

女性がツイッターで匿名で過去のセクハラ被害を書き、それを女性が読み、傷を舐め合うだけで終わりそうな気がします。

はあちゅうさんの件も既に、ネットオタク男性が「電通や成功者を叩く餌」に使っているようです。

●はあちゅうのセクハラ私刑は売名行為?#MeToo 運動に違和感

いくつかツイッターで#Metooを読んでいて、みんな不快な体験してるよなーと思っていたら、一つ思い出した話があります。


私は過去に医師、整体師からセクハラを受けていますが、整体師の話はすでに

●マッサージ師にセクハラされた話

に書きました。

今回思い出したのは、小学5年生の林間学校の時のことです。

私は夜に高熱を出し、時間外診療をしている病院に連れて行かれました。

その時は座薬を入れられて熱を下げたのですが、その診察の時に初老の医師から、執拗に膨らみかけた胸を触られました。


今とは時代が違うので、当時はそんな診察が普通だった、という記憶はありません。

なんだか、おかしいな

とは思いましたが、学校の先生もヒステリックなタイプだったので、言えませんでした。
(翌朝、他の生徒の前で「昨日お尻から薬入れてるんだから、静かにしなさい!」と笑いながら言われたりするような教師でした)

それに子供が医者に、「何でそんなに胸をさわるの?」なんて言えません。



PR

これまで他にも私が遭ったセクハラは

●ちょっと落ち込んでることと、セクハラの思い出
●「痴漢抑止バッジ」開発も、被害者をあざ笑う人がいるらしい…

でも書きました。

私はそこまで傷付いてはいません。

ただ、「好きな男からなら何をされても良いけど、それ以外の男からカラダを触られたり、卑猥なことを言われるのは気持ち悪い」という感情はあります。


今回のこの動きを見ていて、女性がセクハラの被害を訴え辛い理由の一つに

「女が性的な発言をするのは、はしたない」

という教えが悪影響を与えている気がしてきました。

同じように、子供はセクハラに抵抗をし辛いです。

「おかしいな?」と思っても、「もしかして、ワザと触られてるのかも?」なんて思っていることを大人にバカにされたり笑われたり、ましてや怒られたりするかもしれない、と思ったら、言えません。

そして、そういう言えない空気を作っているのは、男性だけではありません。「大人」が作っているものです。


一生懸命に大人の女性が「品行方正な子供」を作り出そうとするが故に、子供は性的な被害を大人に言えなくなります。

そこにつけこむような、医者のセクハラもあるんです。

もちろんセクハラする側が1番悪いのですが、彼らは悪いことをしているという認識があります。

そういう人に「辛かった」と言っても、意味が無いでしょうね。

私は、セクハラをしてきた相手には、相応の仕返しをするのが妥当と思っています。

社会的制裁というよりは、同じくらい嫌な気持ちになることをさせる。

その内容は時と場合によって違うでしょうが。


あと、私はもう一つこの#Metooに違和感を感じています。

「こうやって勇気を持って、加害者の名前を発表する動きは素晴らしい!

皆にもっと公表して欲しい!」


と発言する女性がチラホラいることです。

いや、そう思うなら、まず自分が告発しろよ。何で他人任せなんだよ?

自分は何もせず、手も汚さず、誰かが何処かで頑張ってくれることを期待するのって、卑しいな、と思ってしまいますね。

その人にはセクハラされた過去が無いなら仕方ないけど、だからって他人に求めないでよ。

告発した人がやり返されても、あんた何も手助けしないんでしょ?

私はそういう発言をする女は嫌いですね。だから#Metooに疑問を感じています。

私たちに必要なのは、吐き出す場を作ることではなく、やり返す、抵抗する手段を知ることなのではないでしょうか?

この件はまた改めて考えてみますが、「セクハラを口にするのが恥ずかしい」という空気を作っているのは男だけじゃないからこそ、何か別の対策が必要な気もします。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加