2017年12月29日に、よしながふみの大奥15巻が発売になりました。

映画化もドラマ化もされ、一時は世間で話題となっていましたが、今はちょっともう下火なのかもしれません。

というのも、コンビニで新刊が買えると思っていたのですが、近所4軒回っても取扱が無く、買えたのは30日でした。


大奥 15 (ヤングアニマルコミックス) Kindle版

このサイズのマンガで745円(690円+税)もしてビックリしたんですが、AmazonのKindleで買えば207ポイントももらえるんですね。

紙の本で集めてるからいいけど…

でもこのサイズって元々は500円台でしたよね。

で、ページ単価を確認してみたところ、大奥はページ数多いから元々500円より高かったけど、少しページ数が少ない11巻で640円+税です。

15巻は252ページ、11巻は228ページ。

んーざっくりした計算で1ページ3円計算、ということですかね。

と思うと、そこまで高いわけじゃなないのかな?

とここまでは蛇足です。以降ネタバレ感想です。


15巻はドラマの「大奥」、あの安達祐実とか浅野ゆう子が出ていた方や、大河ドラマの「天璋院篤姫」を観ていた方には背景がわかりやすい時代になっています。

将軍の徳川家定と後の天璋院となる胤篤が真に愛し合い、家定は懐妊。

でも、ドラマを観ていたなら分かりますよね、2人の間の子供は産まれない、と。

胤篤は家定の御渡りが無く、何かあったのかと気を揉み続けた後に、家定がお腹の子供共々亡くなっていたことを後から知らされます。

その直前まで、2人は本当に仲睦まじくて、家定が食事を作る家臣を大事にし、胤篤もそれを見てお針子さんを大事にし、そしてあのお万好みの裃を着た胤篤に家定が見惚れて

「好きだ。やっと言えた」

と涙を流すシーンには胸が熱くなりました。


家定亡き後、井伊直弼は勝手にどんどん物事を進めていき、あの桜田門外の変で暗殺されます。

そして、次期将軍の徳川家茂(福姫)がやってきました。

家茂と結婚するのは和宮、というのもドラマを観ていた方なら分かりますね。

もちろん男女逆転なので、和宮は男、と思いきや…
PR

15巻の1番最後に、入浴中の和宮が女だということが分かります。

徳川の家臣の前で、ニンマリと笑う和宮。

本当の和宮は別の場所にいるのか?

どういうこと?というところで、待て16巻。

ちなみにこの和宮には左手首が無い設定となっていて、これも実際に和宮のお墓を開けたら左手首が無かった、という史実に基づいているようです。


さて、この先徳川家茂もアッサリ亡くなり、江戸城を無血開城して、と史実を追うだけでは、何のための男女逆転だったのかが曖昧になってしまいます。

熊が原因で赤面疱瘡が流行して男子が減り、代わりに女性が主な働き手となって活躍したにも関わらず、結局日本は男社会の価値観のまま。

女将軍たちは、愛する男と出会えていたら幸せで、そうでない人たちは可哀想?

結局、愛した男の子供を産めた将軍はいないまま終わる?

このままでは、男女逆転の設定が生きてこない気がします。

ので、何かがあるはず、だと思うんです。

「女の幸せは、好きな男の子供を生むこと」

という結末をよしながふみさんが描くはずがありません。


よしながふみさんのマンガで終り方に震えたのは「西洋骨董洋菓子店」と「フラワーオブライフ」です。

どちらも「ああ、冒頭のシーンやタイトルを、ここに落とすのか!」と、キチンと計算された設定に驚いて身震いしました。

ので大奥にもそういう落としどころがクライマックスに用意されていると思います。

さて、今後どうなるのか…

男女平等という簡単な一言では済まない、過去を見て未来を明るくするような結末が待っていることを期待しています!

よろしければこちらもどうぞ!

●大奥14巻ネタバレ感想よしながふみ~篤姫ならぬ胤篤登場
●大奥新刊11巻、恐ろしい…
●大奥新刊12巻感想
●よしながふみ「大奥」13巻(2016年4月28日発売)感想ネタバレ有り
●よしながふみ「きのう何食べた?」最新12巻ネタバレ感想
●よしながふみ「きのう何食べた?」13巻ネタバレ感想
●くらもちふさこ×よしながふみ対談がオルビス2017.10シブロ掲載!
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加