ゴールデンウィークですね。

休み明け、会社でお土産を配る方は多いと思います。

社員人数によって全員に配るところもあれば、同じ部署の人だけに配ることもありますね。

プラス、お世話になっていたり、親しくしている他部署の人にも配る方もいたり。

そして、片思いしている人にお土産を渡すかどうか?で悩んでいる方もいるかと思います。


箱買いしたお菓子をみんなに配るのと一緒に渡すケースが1番簡単ですが、やはり個別に渡したい!

出来れば相手の好みに合ったものを渡したい!

そして、それをきっかけに仲良くなって、食事に行きたい!

でも、普段からよく話す間柄ならともかく、まだそんなに親しくなく、部署も違う人だと難しいですね。


いきなり箱のお菓子を渡しても、日持ちしないものなら迷惑になるかもしれない。

キーホルダー等いかにもお土産なモノは、ダサくて相手も欲しくない可能性大。

お酒やおつまみ系は相手の好みを把握していないといけないし、ちょっと距離感が近過ぎる気もします。

そもそも男性が喜びそうなお土産ってあまり無いですしねぇ。

ご土地お菓子系は、子供っぽくて不味いモノが多い。

出掛け先の老舗店のちょっとしたお菓子なんかは、女性には良いけど、男性にはピンとこないことも。

こればかりは相手の好みや関係性によるので、コレがベスト!って答えはありません。


それなりに仲が良い相手なら個別のモノ。

まだそんなに親しくないならみんなと一緒の箱買いしたお菓子を配る。

が、相手に警戒されない無難なラインかと思います。

お土産をもらった程度で相手を意識するって、あまり無いと思うのですが。

だったらバレンタインや誕生日プレゼントの方がアプローチ感は出せますよね。

それよりは土産話くらい出来る仲になれれば嬉しい!


ちなみに私は最近、イケメン君とその近くにいた人に配るついでのフリをして渡しました。

「群馬行ったんですか?」
と聞いてはくれたのですが、
「うん」としか答えず…。

周囲に人がいたので長話も出来ないし、またいつか話す機会に話せばいーやーと思いまして。

その後向こうからも詳しく聞かれなかったのでそのままですが、
「群馬のどこ行ったんですか?」とか
「群馬だと水上にスキーに行ったことあるな~」
みたいに話題を振ってもらえると、会話が広がりやすいですね。

もしくは、お土産の味を後で報告してくれたり、とか。

そういう意味では、相手の自分への関心度を計るのにもお土産は使えます。
PR

そういえばゴマブッ子さんの「あの女」ブログを読んでいると、お土産に固執する女性がたまに出て来ますね。

「お土産よろしく~」
と言われたからウキウキ買ってきて、
「いつ会える?」
と聞いたらなかなか返信が無く
「もう賞味期限切れちゃうんだけど!」
とキレる女性とか、

逆に相手が
「お土産買ってくるね~」
と言っていたのに、いつ渡してくれるのか連絡が無く
「お土産は?」
とキレる女性とか…

まーお土産よろしく~なんてただの社交辞令みたいな、軽い会話ですもんね。

何か頼まれたモノがあるならともかく、ちょっとしたお土産なんてお裾分けみたいなもの。


そういえば、ウチの父と兄のお土産センスがメチャクチャ酷いです。

ヨーロッパ土産に、何故か美術館で日本語で書かれたエジプト展の図録を買ってみたり、

ゴッホの自画像がプリントされたTシャツを買って来たり、

中国土産がノーブランドの鰻の皮の財布とか、

不細工な蛇の縁起達磨とか、

南部鉄器の土瓶アクセサリーの付いた耳かきとか、

iPhoneユーザーなのにストラップ複数とか…

ので、私は男性のお土産には一切期待していません。

あ、元彼の大阪土産が大人のオモチャでキレたことあったわ…。


ものすごくラッキーなパターンだと、あげたお土産が相手の好みにドンピシャで、すごく喜んでくれた上に、お礼に食事に誘われる

ということもあるかもしれませんが、なかなかレアなケースな気がします。

相手がすでに自分を好きになってくれていないと無理かなー。

せっかくお土産を買って来たのに、脈ナシで喜ばれないケースも味わったことあります。

話の流れで渡すの止めようとしたら
「取りに行くよ。会社の人にあげるから。」
と言われ、頭にきて断ったのに
「じゃあそっちの会社まで行くよ」
とかグズグズ粘られ、すごくめんどくさかった…

女好きの、自分のファンは複数確保しておきたいだけのおっさんでした…


たかがお土産、でもタイミング等があればキッカケにもなるお土産。

あまり気負わず、良い方に転がればラッキーくらいで用意できたら良いですね!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加