社内片思いをしている人のブログを読みたいのですが、Googleの今のアルゴリズムだとハウツーまとめサイトと知恵袋とかガールズチャンネルしか出てこない!

Googleのアルゴリズムでは毎日更新していてアクセス数の多い、アフィリエイターのサイトやブログが上位に出る仕様だから仕方ないのですが、普通のアラフォーOLさんのブログが読みたいわぁ。

そういうときはこの

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村

ブログ村だと探しやすいのですが(いちおこのブログも登録してます)、ランキングから探し出すのが手間でね~。


ということで検索は後でするとして、社内片思いで脈ナシの相手と距離を縮める方法ってなんでしょう?

ハウツー的には、笑顔で挨拶、飲みや食事に誘うってのが基本のようです。

私は現在は、

会えば挨拶や雑談はする。

バレンタインにチョコあげて、ホワイトデーのお返しはもらった。

飲みに誘い、複数人で飲んだ。

個人携帯の番号は教えてもらった。

LINE交換した。←イマココ


ここまでは多少頑張れば、誰でも持っていけると思います。


仕事上接点がない人でも、

「ちょっと痩せました?」とか
「そのネクタイ良い色ですね!」とか、
同じ会社で挨拶くらいする仲なら話せるし、そこから会話を広げることも出来るはず。

てか、そもそも全く接点が無い人には恋しないですよね?

話しかけるときに、あからさまにベタベタしたりがっついた態度を見せなければ、警戒されずに近付くことは出来ます。

あと、周囲に「あの人ステキ」って言っておくのもアリ。

それで気になってた人と仲良い人交えてランチや飲み会を一緒にしたことあります。

問題はこの先!

2人で食事ってのは、なかなか誘い辛いものです…。

とりあえずLINE交換まで持っていったのは、頑張ったなぁ。


「片思いの相手とLINE交換する方法」ってのは状況により違うと思いますが、たまたま「今だ!」というタイミングがありました。

ある連絡をSMSに送り、その後で
「もしLINEやってるならID検索してください」
とこちらのIDを送ったら、登録してもらえました!

携帯番号さえ聞いていれば、携帯会社が違うのでSMSだとメール送信料がかかるっていうのは、理由として使えますね。

あとSMSだと文字数が限定されてしまうし。

携帯番号を知っていたら自動で友達追加される設定のままの人もいますが、そうじゃない場合は交換をお願いしないといけません。

でもちゃんとIDやQRコードで交換していないと、勝手に友達登録になっても、送り辛い気もしますよね。
PR

やはりガツガツした印象は持たれたくないので、ここまでかなり慎重にやってきています。

ポイントは

●必要な連絡をするために交換をしたい、ということを軽く伝える。

●連絡先を知ったからといって、自分発信で頻繁に連絡したりしない。

●文章は短めに、丁寧にする。


また、LINE交換までの間に時間をかけてやっておいたことは

●周囲の人達と積極的に話したり飲みに行ったりして、「あなただけを特別に誘っているんじゃありませんよ」という前ふりをしておく

●ちょっとした社内メールなどに雑談を入れる

●仕事上で積極的にフォローをする


ということをしておきました。

LINEの交換の経緯も、仕事上のフォローで連絡することがあったからです。

でもこの場合も、気になる人だけに優しくするということはせず、老若男女問わず親しくなるようにしておいています。

そうすれば警戒心を抱かれずに、連絡先を聞くことは出来ますよね。


時々告白バリに緊張して、必至に連絡先交換を相手にお願いする方もいますが、それをやるとこちらの好意はバレバレ。

あちらから連絡が来ないのに、毎日連絡をし続けるというのも頂けません。

大抵は、最初は返信があったけど、徐々に返信が遅くなり、ついには返信が途絶える…なんてこともあるそうです。

例え返信があっても、相手が気を遣って返信をくれるなら申し訳ない。

最初は必要な要件のみを伝え合うツールとして、連絡先交換をするのが会社の人としてのマナーだと思っています。

さて…次のステップに進むことはできるんでしょうか…?

よろしければこちらもどうぞ!

●片思いの人にお誘いメールをしたら返信無し…のときの対処法
●脈ナシ態度と非常識な態度の境目はどこ?
●友達との約束は何日前までにしますか?
●ホワイトデー後に女性からお誘いをかける方法
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加