高須院長のTwitterをフォローしているので、「ダーリンは70歳」が発売当初からバカ売れで増刷しまくってることは知っていました。

でもイマイチ西原理恵子のマンガが苦手なので躊躇っていたのですが、やっぱり気になって買っちゃいました!


ダーリンは70歳 (コミックス単行本)

2016/1/20発売なのに、すでに3刷されてます。

で、感想。

めっちゃ良い!素敵過ぎる!!!!!!!!!

全てカラーで数ページの連載をまとめたものになっています。

西原理恵子が高須克弥と過ごしているときのネタとして、

●驚きのプライベートデートの話
●フリーメーソンの話
●チベットに行って大金をばら撒き、ダライ・ラマに会った話
●モンゴルに行った話

などなどが面白おかしく、ときに切なくてキュンとくるように描かれています。

私は学生時代、サブカル系の子たちは西原理恵子がすごく好きだったから貸してもらってたけど、暴力や残酷な話が多くて苦手でした。

下品なのもあまり好きじゃない。

泣ける切ないシーンがあるってのも聞いていたけど、どうしてもその前後の痛々しいシーンが強烈で、アンチサブカルでもあったので読む気がしなかったのです。

でもそのマンガの高須克弥と寄り添い合う西原理恵子の目線が、とても優しくて穏やか。

70歳の高須克弥、50歳の西原理恵子。

「50歳の誕生日に何がほしい?」と聞かれて
「フェイスリフトと脂肪吸引!」と答えたら
「そんなのやめて一緒に年とろーよ」

と言われたってエピソードが帯に描かれていたけど、こういう優しい前向きな高須克弥の言葉がチラホラと出てきて、すごく胸が温かくなりました。
PR

他にも、夕食デートの最中にかかってきた電話を取って、そのまま帰ってしまった高須克弥に後日西原理恵子が怒って黙っていたら

「ねぇ、もしかしたら怒ってるの?」
「何か私が怒るようなことした覚えある?
「全然」
「じゃあほっとけばいいんじゃない?」
とキレたとき

「わからないんだよ。おしえて。直すから。
ぼくもう70なんだよ。もうあまり長く生きられないかもしれない。
時間がもったいないんだよ。
ぼくはきみの笑顔が好きなんだよ。
笑ってくれないかなあ?」


と聞くシーン…素敵すぎるでしょう!


もうひとつ、高須克弥を接待しようと美女をよりどりみどり集めようとしてくる人に辟易していたら、西原理恵子そっくりの19歳の女の子を連れて来られたってことがあり

「その子は私なんじゃないかな?
今からかっちゃんがその子を助けてあげたら、私は19歳からの辛い思いをしなくて済むんじゃないかな?」
と言ったら
「助けない。色々あって、今のあなたがあるんだからね。ヴィンテージだよ」


と言われた話もほんとうにほんとうに素敵!


フリーメーソンの話も面白かったです。
黙っていろって言われたのに書いちゃって、そのせいで高須克弥は難しいテストを受けさせられたけど、ちゃんと合格した!とかすごいな〜。

サヴァン症候群なんじゃない?
と西原理恵子が言うくらい、高須克弥の記憶力はものすごいんだそうです。

フリーメーソンって先日公式グッズの販売を高須克弥がツイートしてましたね。

Yahoo!でも販売していますが…


フリーメイソン 秘密結社 壁掛け時計【イースタン・スター】 3,024円


フリーメイソン 秘密結社 マグカップ

東京タワーの近くにフリーメーソンの会場があり、現役東大生が弦楽器で演奏したりしているそうです…

「音大行くのかと思ってたら東大に入っちゃって〜」みたいな人たちだとか…


チベット仏教や現在のチベットに関しては、友人でものすごく興味を持っている子がいるので、この本を貸してあげようかな。

私自身は美容整形ってやっぱり興味はあるけど怖いし、ネガティブイメージがどうしてもあります。

でも高須院長はちゃんと金儲けのためだけじゃなく美容整形をしていて、実際に現役で活躍をしていて、勉強もされてる方なんだなぁと改めて思いました。

そして、「毎日かあさん」の鴨ちゃんの話が少しでてきました。

「鴨ちゃんもう永くないよ。あなたの膝の上で送ってあげなさい。
鴨ちゃんを希望の中で死なせてあげなさい」


「鴨ちゃんそんなに永くないの?」

「そうだなぁ。来年の桜の咲く頃くらいまでかなぁ」

そう高須克弥にアドバイスされ、そしてほんとうに鴨ちゃんは東京の桜の開花宣言の日に亡くなったそうです。

こういう時間を、ずっと高須克弥と過ごせている西原理恵子さんは、幸せだなぁって思いました。

相手を素直に思いやれるのって、素敵ですね。

買って良かったです!オススメ!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加