以前書いたように、私はバレンタインに憧れのイケメン君に、義理チョコのフリして本命チョコを渡しました。

●バレンタイン&ホワイトデー カテゴリーの前半記事参照

本命と思われたら迷惑かも?と思ったので、ちょっと笑えるメッセージカードを付け、可愛いオシャレなチョコを選びました。

でも1,500円以上したチョコです。

これをきっかけに、飲みに行けたらいいなーと思ってました。

下手に気まずくはなりたくなかったので、その後はあくまで普通に、チョコを渡す前と変わらず接しました。

そして今日、この戦法により、ホントに本気の義理チョコだと思われていたことが分かりました…


ここ数日イケメン君と話していず、寂しいなぁと思っていました。

彼は今日は直行で外出していて、朝も顔も見ていませんでした。

会いたいな~と思いながらトイレに行き、戻る廊下で

今、イケメン君があの角から現れて、ちょうど会社に戻ってくるところだったらいいのに

とボンヤリ思っていたら、偶然彼が現れました!

まるで少女マンガ!キュンキュンです!


その後、イケメン君の近くの席の人のところに、封筒を置きに行きました。

その人は不在だったので、メッセージを貼って机に置きました。

イケメン君がこちらを見たので

「◯さん、ちゃんと気付いてくれるかな?」と話しかけてみました。

不在の◯さんはウッカリキャラで、机に置かれた書類に気付かないことがあるんです。

イケメン君は私が置いた封筒にメッセージが貼られているのを見て、笑いながら

「また何かトラップ仕掛けてるんですか?」
と覗きこんできました。

彼は私がそのメッセージにトラップを仕掛けていて、それに◯さんが気付くかな?と言っていると思ったのです。

そこで分かりました。

彼にとって、私があげたチョコは、彼をビックリさせるためのトラップだと思ってるんです…
PR

確かに、私はちょこちょことイケメン君にトラップを仕掛けて楽しんでいます。

仲良くなるための愛嬌です。

「いやいや、◯さんにはトラップは仕掛けないよ~

やるのはあなたくらいだよ。」と言うと

「そうなんですか?」と言うので、ここであまり好意アピールをするのも良くない、と思い

「あなたは毎回目を丸くして驚いてくれるからね~」と言うと

「毎回ホントにビックリしてます!」と笑顔で返されました。


…私は小学生男子か⁉︎

確かに先週も、書類を手渡すときに、手を伸ばした彼の前で書類をフワッと上にあげるという古典的な意地悪をしてみたら

「えっどうしてですか⁉︎」と目を丸くしていて、いや~可愛いな~たまらんな~と笑っていました。

しかし、こういう日々の積み重ねにより、私の義理チョコのフリした本命チョコが、おふざけにとられてしまうことになるとは…‼︎


彼は切り返しの巧さと、ピュアな反応をする、という双方のキャラを持っているため、他のおじさまたちからもよくからわれて可愛がられています。

私はそのおじさまたちとも仲が良いので、同じノリで彼をからかってると思われているのでしょう。

確かにそれは当初の狙い通りで、一年かけてそうやって仲良くなっていきました。

ここで私が魅力的な女性だったなら、彼とプライベートで仲良くなれるくらいの関係性になれるんでしょうが、所詮アラフォーの普通のおばちゃんな私のため、

彼に会えなくて寂しがっても、笑顔で話しかけても、

会社のオモロいおばちゃん

という、見事なまでの大久保佳代子キャラを確立してしまったのです…


ここから、ふと可愛げを見せたりして、女としてアピール出来たら良いのですが、そんなことしてドン引きされたら困ります…。

もっと仲良くなりたい、と思えば、彼から動きがあるんでしょうし。

人見知りな彼の心を溶かすために頑張り過ぎて、すっかり失敗していたことに気付いたのでした。

でもまぁ、憧れてるだけで話す機会がない、と思ってただ眺めていただけのときよりは、笑い合える今の方が良いとは思うんですけどね。

私が彼のことを可愛いと思っていることは、彼も今では十分分かっているし、それに対して拒否反応はありません。

顔を合わせると笑顔で挨拶してくれて、それはそれで良いのだけど…

魅力的な女性になって、異性として見られるような年齢や容姿が欲しい!

と無い物ねだりなことを思うアラフォーの独り言でした…
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加