女は気にしないのにやたらと男は気にするから、女がわざわざ気を遣ってあげている「男のプライド」について私の実体験を元に、「身長」「学歴」「収入」「仕事」と分けて書いてみているシリーズの3回目です。

1回目の「身長編」はこちら

●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~身長編~


2回目の「学歴編」はこちら

●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~学歴編~

3回目の「収入編」はこちら

●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~収入編~


「仕事」は現職や能力など色々あるんですけど、私自身が感じた「男のプライド」は、

私が以前仕事終わりが終電~深夜だったとき、男性から自分が定時終わりなのを気にしたり、スケジュール帳を見ながら
「あー明日も忙しいな~」と言ったり
「徹夜覚悟の仕事がある」とわざわざ言われたことがありました。

いや、職種違うんだし、そちらは定時終わりでもちゃんと稼いでるから良いじゃない?って思うのに…。

「俺も仕事が忙しい」アピールをされて、なんて言ったらいいのか分かりませんでした。


「仕事が忙しい」と仕事を言い訳に使う男も多いですねー。

「仕事で疲れてるのにアレコレ言われたくない」とか。

私は完全に男女平等な仕事をしてるので、そういう発言を聞く度に
「バッカじゃね?仕事で疲れるのは女も同じなんだよ!」
と思うのですが。

で、奥さんの仕事が忙しいと「家で安らげない」とか文句言うんだ。

そんで、奥さんが旦那の仕事忙しくても文句言わないと「できた嫁」って言うじゃない?

おまえも「できた夫」になれ?家事を「手伝う」は子供の発想だよ?


と、自分の彼氏や夫じゃなきゃ言いますが、彼氏などには
「彼が癒されるようにしてあげなきゃ」って思います。

矛盾なんだけど、自分の好きな男は特別なのですよ。

また、好きな歳下同僚男性に仕事上注意するときは、とても気を遣います。

「男にダメ出しをしてはいけない」という感情と
「注意するのが社会人の仕事」というのがせめぎ合い!


もちろん注意しますが、
「あなたなら分かってると思うし、言っても理解出来ると思うから」と、立てながら注意しますね。

何度も同じミスをしたらめっちゃ怒りますが。

でも好意が無く、出来て無いのにドヤ顔の男には一切フォローは言わずに怒ります。

好意があるって時点で、それなりに仕事出来る男性だから、対応は変わりますね。

仕事出来ない男はハナから好きにはなれないわ。


また、女性と違って男性は仕事の話を女性にしないというのはよく聞きますね。

嫌なことがあっても口には出さず、態度が悪くなる。

その昔父が家で荒れていて、後日父の同僚が家に遊びに来た時に、父の同期が先に出世したんだ、と同僚の口から聞かされたことがある、と母が言っていたことがあります。

同僚男性たちは、仕事でイライラすることがあると、まっすぐ家には帰らずに気分転換をしてから帰宅するようにしているそうです。

家族にイライラしたところを見せたくないから、だとか。

女性でもそういうタイプはいますが、私が好きな人に仕事の愚痴を言いたくない時は
「そんなことに文句を言う姿を見せたくない」や「見当違いのアドバイスをされたくない」などが理由になります。

また、愚痴を言うことで思い返したくも無い、というときは、女友達にも話しません。

弱い自分を出したくない、という気持ちが男性にもあるのかもしれませんね。
PR

恋愛感情有る無し関係無く「男のプライド」を守ってあげる女性もいれば、恋愛感情があっても「男のプライド」を傷付ける女性もいます。

以前、女友達にはいつも控え目で合わせるタイプの友人が、彼氏には強気でダメ出しばかりしていてビックリしたことがありました。

確かにその子の彼は、人は良いけど要領が悪く、友達より学歴も収入も下でした。

友人は友達同士でもそりゃたまには勝ち気な物言いをしたりすることがあり、「祖父母に甘やかされて育った長女って感じだな~」と思うことはありましたが、こと男性にはキツくあたったりワガママを言うタイプの人だと知り、自分との違いを感じました。

いや、私も結構ズバズバ言う方ではあるんですが、好きな男性には言えません。

でも、恋愛感情の無い男にまで気遣う気は一切ありません。


今回挙げた4ポイントは、女性同士でもいかに気を遣うべきか、長期的目線で話し合うこということはあまり無い気がします。

「男の人は立ててあげなきゃダメ」
「仕事に口出ししてはダメ」

というのは確かによく聞くことではありますが、それって昔の女性が家庭にいるのが当たり前の時代の価値観の話であって、現代には即していないような気がします。

「男性は~」「女性は~」と性別だけですべてをくくって考えるのは意味が無いとは思います。

あくまでも統計上多いというだけで、全ての男性がこの4つに「男のプライド」を持っているわけでもないだろう、と思います。

それでも、女性はこの部分に気を遣いながら過ごしているよな~と思ったので書いてみました。

いやいや、違うよ!ということなどありましたら、お気軽にコメント下さいませ!

こういう「男のプライド」を可愛いな~と思える、そんな女性になりたいなぁとは思うんですけどね~。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加