「特定妊婦」というのは、望まない妊娠や若年妊娠などの支援が必要な妊婦のことで、そのような人を事前に把握し、虐待を防ぐのが目的として、大阪がガイドラインを作ったそうですが…

いや、妊娠前の、児童への教育に力を入れたら?

大阪の子供の学力の低さは問題になってますよね?
塾代への支援をしても、そもそも親が教育費をケチって塾に行かせない、とか。

で、学生時代ロクに勉強もせずにチャラチャラ遊んで子供を作ったギャルを、国が支援しないといけないの?

望まない妊娠も若年妊娠も、事件性のあるもの以外は少年少女への教育を徹底させれば防げますよね。

そして、事件性のあるものも犯罪者を未然に防げば回避出来るはず。

本来は親が教育すべき部分で、親がいない子供への教育に支援をするのは大切なことだと思います。

でも不良娘が遊び回った結果の妊娠は…税金使うことなの?

子供のうちに今話題の「透明なゆりかご」を読ませたらいいんじゃないかな?


透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記 RENTA無料立ち読み


先日渋谷でお茶していたら、隣の大学生と社会人グループの会話が聞こえてきました。

「親に恋人が出来たことを報告するか?」
について話していたんですが、話す派、話さない派がいましたが、

「中学時代に彼女とのデートを隠していたら怒られた」
と言う男子が2人いました。

1人は恥ずかしかったので
「◯君と遊びに行く」と嘘をついたら、親が用があって◯君の家に電話してしまって発覚。

「嘘をつくために他人の名前を使うな!」
とものすごく怒られたそうです。

もう1人の子は、デートしているのが噂になって、親同士のネットワークでばれて
「他人から聞かされたのが嫌だ。自分で報告して!」とお母さんから怒られたのと共に、医者をしているお父さんから

「病院にお腹が痛いと来た高校生の女の子が妊娠していて、その後親も来て大騒ぎになった。

自分の子供がそんなことになったら、と想像したらものすごく怖かった。

節度のある付き合いならともかく、そういう事態には気をつけるように。」

としっかり叩き込まれたそうです。

話していた子達は、いかにも渋谷で遊んでそうな、一見チャラそうな子達でした。

その中のメンバーと付き合ってるアパレルで働いているという女の子も、見た目は派手な子でしたが

「親には恥ずかしくて話さないけど、おばあちゃんには話すな~」
と言っていて、めちゃくちゃ好感度あがりました!
PR

あまり若い子と話す機会は少ないですが、知人の子供たちは親と仲が良く、チャラチャラ遊んでいるようでも、しっかりと常識を身につけている子が多いです。

若くして妊娠した子も、相手がキチンと働いてる上におぼっちゃまだったり、親がキチンとフォローもしていたりします。

テキトーにチャラチャラ遊んで、子供を虐待してしまうような大人を作らないようにするのが大事なんじゃないかなぁ。

私は大阪はあまり縁がないので分かりませんが、ちゃんと教育を受けている子とそうじゃない子の格差は大きそうな気がします。

都内だと教育熱心なママさんは、公立の小学校でも事前に調べているそうです。

授業の邪魔をして騒ぐ子供が多い公立には行かせず、教育熱心な公立なら行かせる、とか。

「でも公立の先生は、良い教育理念を持ってちゃんとやってる先生がいても移動しちゃったりするからね〜」
と話しているのが聞こえてきたことがあります。

東京出身の友達と話すと、子供時代にゲームセンターや悪い遊びなどの誘惑が身近にたくさんあるので、そこに触れさせないように親がしっかり教育方針を決めないといけないんだそうです。


私は田舎で生まれ育ったので私立の小学校中学校受験なんて全く縁がありませんでしたが、小中学校の同級生は親の教育方針がバラバラでした。

まだ暴走族もいた時代だったので、遊びまわっている子も多かったです。

そういう子たちは親も中卒高卒で、大学受験なんて想像もしたことがないって家庭の子が多かったです。

私が美大受験を決めた時に
「夢見すぎ〜いい加減現実見なよ」
と中卒のフリーターになっていた幼なじみに言われたことがありました。

田舎の小さな町に住む彼女には、美大に行ってデザイナーになるなんて非現実的なものだと思われていたことにビックリしました。

小学校の文集的なもので
「将来大学に行きそうな人ランキング」というのが作られていたときも
「え?大学って普通にみんな行くんじゃないの?」と思っていたのでビックリしました。

別に大学に行くのが全てとは思いませんが、そういう進路を夢見る機会さえ与えられない子供というのは、日本にはまだまだいるんでしょうね…

でも、それって親が子供の頃からキチンと教育を受けていたらまた違ったんじゃないかなぁ。
大学に行ってるとかじゃなく、義務教育の範囲内ででも。

大阪の問題は、そういうことなんじゃないかなぁと思ってしまいました。

もちろん、虐待は絶対に許せないし、望んだ妊娠でも虐待をしてしまうお母さんはいるから、そういう方への支援は積極的にすべきだと思いますけどね。

●<虐待予防>妊娠中から支援対象を把握へ 大阪府が対策 毎日新聞 2月7日 10時15分配信

よろしければこちらもどうぞ!

●「透明なゆりかご」試し読み&沖田×華エッセイを無料で読んでみました
●児童虐待は絶対ダメ!サイトやブログを見つけたらここに通報しましょう
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加