先ほどTwitterで流れてきた、第68回ちばてつや賞一般部門大賞のWeb公開を読んだのですが、すごく良かったです!

受賞作は『ODD FUTURE』 (オッド・フューチャー)、描いたのは中島佑(なかじまゆう 東京都・23歳)さん。



稲光伸二さんのアシスタントをしている方だそうです。




生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! 1 (チャンピオンREDコミックス)

稲本さんとはずいぶん絵のタッチがちがうんですね。

絵のタッチから結構年齢上の人を想像していましたが、まだ23歳とのこと。

それでこのストーリー構成はすごい!
Twitterでも賞賛の嵐になっています。

ドルヲタの女性陣も賞賛していますね。

その理由は、「正しい人」や「賢い人」はドルヲタの現実逃避している、アイドルと恋愛できると思い込んでいる馬鹿と思い込んで説教してきたりするけど、実際はアイドルは作られているものなのは分かっているし、そのキャラクターを一生懸命演じているその姿から喜びをもらえているし、ドルヲタを辞めるのと続けるのを比較したら、幸せが残るのはドルヲタでいることだと思うから続けているんだ。

という大変冷静な分析を、このマンガがキチンと描ききっているからです。

PR


粗筋を書きますと、主人公は、芸人を目指していたけれど、アイドルオタクになって周囲に借金をしまくって逃げて、友達の家に居候してバイトをしながらもお金を全部アイドルにつぎ込んでいる28歳フリーターの不細工・清水。

彼はAKBのようなアイドルの「藤野すみれ」ちゃんが大好き!

彼女と付き合う妄想をしたり、夢を見たりするけれど、自分で「そんなことあるわけないのに」と冷静にツッコミを入れます。

でも、それでも彼女のことを観ているだけでも幸せ。

芸人をやっていたときに、周囲から値踏みされてピリピリしながら過ごしていたのに比べたら、客席でアイドルを観ている方がずっと幸せだ。

そう思っていた清水には、嫌いだった芸人時代の同期がいました。

イケメンで人当たりが良くて、今やテレビでも人気のお笑い芸人家田。

彼から清水は12万円借りたまま音信不通にしていました。

でもある日家田に呼び出されて…

続きはWebでお読み下さい。

【Webで読む】

ラストはもちろん夢のある感じで、そこもすごく良かったです。

他の受賞者の方のマンガもWebで読めるので、ぜひぜひ!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加