よくドラマなどで

「田舎に帰ってお見合いでもしようかな~」

と女性が呟くシーンがありますよね。



30歳前後で、東京での仕事や恋愛がうまくいかず、実家のある田舎に帰る。

私の中にその選択肢は一切ありませんでした。

理由はシンプル。転勤族の娘なので、今両親が住んでいるのは私が生まれ育った場所では無いし、両親の出身地でもないし、今更私が生まれ育った田舎に帰っても誰もいないからです。

昔の同級生はいますが、そこまでマメに連絡取ってるわけではないし、帰省もしないから疎遠です。


また、私は専門職のため、地方に住んでも仕事はロクにありません。

地域に密着したお仕事はあると思いますが、何のツテもコネも無く、収入は半分程に落ち、友達もいない土地に行くことにメリットを感じません。

若い頃は「東京に疲れたな」と思うことはありましたが、田舎は旅行で十分!

よく「東京は物価が高い」と言われますが、それは家賃や駐車場などの話。

田舎で自家用車や電車やバスを使うのも高いし、光熱費も高いと聞きます。

コンビニやスーパーの値段は同じだし、娯楽にお金を使うかどうか?というだけの違いなのに、まるで東京に住む=お金がかかる、と言うのはちょっと嘘なんじゃ?と思います。

なのに、お給料は田舎だと東京の半分くらい。
(全てのお仕事に当てはまるわけではありませんが)

また、東京でも23区外に住んだり、神奈川や埼玉や千葉寄りに住めば家賃も安い。


でも、いったい何歳まで東京に独りで暮らすのかな?とは時々考えます。

結婚していれば、マンションを買うとか、旦那の田舎に引っ越すとかもあるんでしょうが…


でも年を取ってからは、東京在住の方が楽なんじゃないかなぁと思います。
病院も多いし、娯楽もあるし。
東京の人はよく歩くので、お年寄りも足腰が丈夫な人が多いです。

地方だとちょっとした距離も車移動するけど、東京は電車移動で歩くので、運動量が多いそうです。

となると、周囲に家族や友達がいない田舎の魅力って、自然しかない…。

「東京の人は冷たい、田舎の人は優しい」
というのも結構嘘だしなぁ。



PR


でも、女1人だからこそ、自分の好きな土地に移住をするジプシータイプも少数ですがいますね。

友人で縁も所縁もない離島に移住した友人がいます。

こんな美しい景色の中で暮らしているのは、羨ましいなぁと思いました。



離島に移住した友人は、あれから数年経ちましたが、近々関東の地元に帰るそうです。

新たな友達もたくさんできて楽しかった部分もあるそうですが、やはり「土地の人と余所者」という線引きがあったとか…

一度そういう地方に移住すると、お給料が安いから貯金もなかなか出来ないし、いざ東京に戻ろうと思うとお金が無い、仕事を一から探さなきゃいけない、と難しい部分がありますね…

帰れる実家があるなら良いけど、実家さえ馴染みのない土地の私にはハードルが高いです。


「留学をする」という選択をする方も多いですね。
特に女性で、一定期間働いてお金を貯めてから留学をする、海外で働く、という方が多い気がします。

私自身は、英語が話せたら旅行中楽だろうな〜とは思うのですが、移住をしたいとまでは思いません。
これはもう好みの問題なので、日本より海外の方が波長が合うし自然体でいられる方も多いんでしょうね。

しかし身近で留学をした知人も、数年で日本に帰って来ました。

アラフォーになり、家族が増えるだけでなく減るということが身近になってきたことにより、
「大事な人のそばで暮らそう」
と思うようになったそうです。


この記事を書いた理由は、イケダハヤトさんの地方移住ブログを読んで
「家族がいなきゃ、そんな生活無理~」
と思ったからです。

まだ東京で消耗してるの?

なんて小馬鹿にしたみたいに言われても、地方ならどこでも誰でも東京に住むより幸せになれるわけじゃないじゃないですか…。
(イケダハヤトさんは別に女性に限ってディスっているわけではなく、どちらかと言えば男性に向けて書いているのだと思いますが…)


子供の頃の田舎暮らしならではの体験は貴重なものですが、上京したての頃の、オシャレな人たちと合わせられなくてオドオド気後れした日々を思い出すと、田舎コンプレックスがいまだに胸を締め付けます…。

「あのデパートに行きたい」
「あの映画が観たい」

と思ってもすぐには行けず、交通費も時間もかかる田舎暮らしは、まだ私には出来ません。

ネットでなんでも買えるとはいえ、お店のディスプレイを見たり、他のお客さんを見たり、店員さんと会話したり、というのは楽しいし刺激を受けます。

友人でアラフォー前後からずっと心身ともに不調な子がいるのですが、やはり田舎暮らしが嫌だから実家には帰らない、と言っています。

田舎暮らしをディスりたいわけではなく、東京にしがみつく暮らしをディスられるのに反論したいなぁ、と思ってこの記事を書きました。


同じアラフォー独身女性の中には、実家か好きな地方への移住を考えている人も増えているような気がします。

それで、新たな出会いや幸せを見つける人もいると思います。

ただ、前述の離島に移住した友人以外にも、京都移住に憧れて転職して、半年で東京に帰って来た女性も身近にいます。

お給料は激安、労働は過酷、で辛くて耐えられなかったそうで、あの京都でも大変なのか!とビックリしました。


帰れる場所があるか無いか、仕事や性格など、人によって様々な事情の違いはあると思いますが、

私はアラフォー独身だからこそ、東京に住んでいたいと思っています。

地方で独身でしがらみのない女性には、「東京に出ておいで」と言いたいです。
(実際それで出てきたら、田舎の仕事がいかにブラックだったかよく分かり、出会いもあって幸せなになった人がいます。)

それはプライドなどではなく、現実的な判断と思うんですけどね。

家族がいたり、本当に自然が大好きで地方に住む人はもちろん素敵だと思いますが、こればかりは人によるので、どちらが幸せとは言い切れないんじゃないかな、

と思うのですが、世間は一人で東京に住む独身女性を「可哀想な存在」と思っているような気がします…


よろしければこちらもどうぞ!

●私の会社、ヤバイ!?自分の会社の口コミが見られる「転職会議」、チェックしたことありますか?
●私、ホントに今の仕事が適職?と迷ってませんか?
●社畜?甘え?アラフォーの転職はアリかナシか?


●東京で引越しをする方へのアドバイス1~家賃相場とオススメ地区~
●東京で引越しをする方へのアドバイス2~どこの不動産屋に行くのが良いか?~
●東京で引越しをする方へのアドバイス3~どの部屋に決めるか、と部屋探しに最適な時期~
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加