以前

●埼玉をディスり過ぎ!魔夜峰央先生のマンガが月曜から夜ふかしで紹介された!

でもご紹介したマンガ、「翔んで埼玉」買いました!


【楽天ブックスならいつでも送料無料】このマンガがすごい! Comics 翔んで埼玉 [ 魔夜峰央 ]

って言っても、大方の粗筋はすでに放送で紹介され済みですね。

そして途中でお話が終わっているというのも、番組で言われていた通りでした。

番組を観ていない方、放送内容を忘れてしまった方のために粗筋を書きます。


東京都民は埼玉を未開の地として蔑み、酷い差別をしています。まるで被差別部落のように…

埼玉から東京に行くには手形が必要だし、手形があっても自由にあちこちに行くことはできません。

埼玉県人が高級百貨店をうろつくと「埼玉狩り」にあって100叩きの上に埼玉に送り返されてしまいます…

埼玉県民は肥やしの臭いがしてくさい、と酷い扱いを受けているというのが大前提。

ある日、東京にある名門校 白鵬堂学院に「麗・麻実」という麗しい美少年が転校してきます。

丸の内の大実業家の息子で、2年ほどアメリカ留学もしてきていたという眉目秀麗・学業優秀・家柄完璧な麗。

そんな彼を最初は目の敵にしていた自治会長の「白鵬堂百美」というこちらも眉目秀麗・学業優秀・家柄完璧な少年は、挨拶代わりと麗にキスされてからどんどん心惹かれていきます。

そう、ちょっぴりBL…

しかし麗は本当は埼玉県民。
埼玉県への差別を無くさせるために実の父が麗を養子に出し、アメリカ留学もさせて、埼玉臭を消させていたのです!


PR

麗は埼玉県解放運動に向けて影で動き出し、百美も彼を匿っていたときに
「サイタマラリヤ」が東京で発生してしまいます。

埼玉県にしか無いはずの「サイタマラリヤ」という病気は、麗に会うために埼玉に入った百美が媒介してしまった病気でした…

百美のためには血清が必要!どうしよう!

そんなとき、いきなり血清を持って現れた助っ人がいました。

その人は影で埼玉解放運動の活動をしているという伝説の人「埼玉デューク」の仲間!

麗と百美は「埼玉デューク」と埼玉解放運動を進めようと決意を固めたのでした…

おしまい…



ここまで描いたところで、魔夜峰央先生が所沢からオシャレな横浜に引っ越してしまったので、宙ぶらりんのまま終わってしまったそうです…

ちなみにこの漫画の中では埼玉以上に「茨城」が最下層として描かれているのですが、茨城は魔夜峰央先生の奥様の地元なんだそうです。

ので、許してもらえるかな〜?と思ったら、奥様のご実家はカンカンだったとか…


このコミックスには他にも「時の流れに」「やおい君の日常的ではない生活」などが掲載されています。

あ〜面白かった!

本屋でも平積みにされてますので、まだ未読の方はぜひぜひ!


これまでマツコデラックスが月曜から夜ふかしやアウトデラックス、マツコの知らない世界で紹介したものなどを

●マツコ・デラックス カテゴリー

にまとめていますので良かったらどうぞ!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加