先ほど検索をしていたら、こんな表示を見かけました。

jido1.png

Google AdSenseをやっている人は知っていることなのですが、Googleさんは児童虐待には大変厳しく、該当するサイトなどは検索圏外に飛ばしたり、ページ自体を削除すようにしています。

私がこの表示を見たのは、この夏に父親がネットで散々叩かれて、奥さんやお子さんの名前が拡散されていた騒動の検索ページでした。

誰かがお子さんのことを悪く書いたか何かして、それが通報されてページが削除されたのかもしれません。

こんな風に、「このサイトは児童虐待に関わっているから消したい!」と思うものがありましたら、Googleに通報先がまとめられています。

jido2.png

●Google 児童虐待を示すサイトや画像を報告する

日本の通報先は
インターネット・ホットラインセンター
ウェブサイト: www.internethotline.jpです。

こういうものに関しては、私は言論の自由とかいう言葉で何をどこに書いても良いとは全く思いません。

マンガなどで不必要なまでに規制しようとしている団体はおかしいとは思いますが。

PR


基本的に、通報先が削除するか判断をするので、

「これはダメ!」と思って通報しても、先方がOKと判断すれば削除はされません。

100%ダメってものもあれば、こういうのは人によって判断が違う部分もあって難しいですね。
(子供の入浴シーンはダメ!とかはちょっと…よつばと!のとーちゃんとよつばの入浴シーンはほほえましかったもの)

特に最近は昔よりも厳しくなっていますが、年配層にとっては普通なことでも若い人はダメって言うこともあるし。

うちの両親も今ならニュースになりそうなこと、兄にやってたみたいだし…
(親戚の中では笑い話ですが、初めて聞いたときはドン引きすることをやっていたんですが、さすがに書けません…)

でも「ネットに出ていることだからやっても平気」って思ってしまう人もいるので、これはダメと思うものがあれば通報してみてはいかがでしょうか。


ところで朝、駅の階段で4〜5歳のメガネをかけた女の子がゆっくり気をつけながら階段を降りていたら、先に階段を降りていて下の子を抱っこしているお母さんが
「そんなゆっくり歩かないでよ!自分が起きるのが遅かったから悪いんでしょ!」
とヒステリックに怒鳴っていて、ビックリしました。

クリスマスの朝だよ?

下の子がいて大変なんだろうな、とは思うのですが、その女の子と同じ年くらいの子って、よく親と手を繋いでゆっくり階段を降りているのを見かけるので、可哀想だなぁと思いました。

今朝、あの子はサンタさんからプレゼントをもらったのかな?

私より年下のお母さんだったと思うのですが、お母さんもそんな、大人とは言えなんでも出来るわけじゃないし大変なんだよね…でも、やっぱりクリスマスの朝からそんな姿を見るのは悲しかったです。

年末年始は新幹線とかでも、子供にヒステリックに怒鳴るお母さんってよく見かけるなぁ。

新幹線にはしゃいで話しかける子供に
「うるさい!静かにして!」って怒鳴ったり無視しているお母さんを見ると、
「子供よりお母さんの声の方がキツイよ!」と思ってしまいます。

躾も大事なのはわかるし、難しいですね…

なんだか話が逸れてしまいましたが、児童虐待はダメ!
特に男性が不適切なページを作成しているケースは、ちゃんと、通報していくべきなのかなと思います。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加