女同士の友達へのアドバイスあるあるは、

「反対したのに聞き入れなかった」とか

「だったらああすれば?こうすれば?
ってアドバイスに、

でも…だって…、と言い訳ばかりする」


ってのがありますね。

アドバイスしている側は、
せっかくアドバイスしてるのに!とイライラ。

アドバイスされている側は、
上から目線で何なの?
話聞いて同意して欲しいだけなのに!とイライラ。

アラフォーにもなると、
どちらの立場の経験もあるので、
一方的に決めつけてアレコレ口出すのは
大人気ないという気持ちになりますが、

若い頃はこれでかなりの友人と疎遠になりました…


さて実例をあげますと、
友人が仕事を辞めました。
理由は体調不良。

↓で書いていた友達です。

●社畜?甘え?アラフォーの転職はアリかナシか?


この友人、これまでにも何社か
ココロやカラダの不調で退職しています。

私は彼女にこの3年で2回
アドバイスをしました。

1つは新たに始めようとしたお稽古事に。
もう1つは新たに入る職場に。

お稽古事は、これまでの経緯と
今後のことを考えたら、
お金の無駄遣いだと思いました。

頭から反対するのではなく
「私なら今の状況ではそれはやらないよ」
と言ったのですが

「でも自分にはこれは必要なことだから!」
の一点張り。


こうなるとアドバイスを聞き入れないタイプ、
というのは分かっていて、
「私が出したベストアンサーだから!」
と強く言われたら、
彼女の人生に口は出せません。


その後、そのお稽古事の経験を活かし、
彼女は転職をしました。

「こういう会社に行こうと思う」
と聞いた会社は、めちゃくちゃ安月給。

「お稽古事のローンもあるし、
私なら今その会社には行かないで
もっと稼げる仕事をとりあえずして、
それでも…と思うなら安月給の会社に行くよ」


と言ったのですが

「安月給でもやりたい仕事だから!」
と強く言われ…

結果、安月給と職場環境のストレスで
体調を崩して退職しました…

PR



友「もう違う職種に変えようと思う」
私「…お稽古事した意味は?」
友「あれは、そういうお稽古事したい気分だった」
私「…私、お稽古事も転職も止めたよね?」
友「でも、失敗しないと分からないじゃん?」

親が子供が失敗したときに
「だから言ったでしょ!」
と叱るときの気持ちが分かりました。

結局それって、
「ほーら私が正しかった!」
って勝ち誇りたいだけなんですね。

そんな言い方されても、
相手は気分が悪いだけ。


もちろん心配しているし、
ちゃんと安定して欲しいのですが、
これはもう彼女が持ってるカルマなんでしょう。

他人から止められても聞かないとき、
「心配してるからアドバイスしてるのに!」
と思うのはエゴだと思います。

私自身、友達の反対を振り切って進み
失敗したことはたくさんあります。

でも
「友達から反対されたから
やりたかったことを諦める」
なんて価値観は好きじゃありません。

彼女が退職した職場環境の話は
酷すぎて笑えるくらいのネタが豊富でしたが、
さすがに書けません。

唯一書けるとしたら…
新興宗教やってる同僚がいて、
「私たちは前世で会ってる」
と言われてた、とかかしら…。


HONKOWA的には獣系がいる職場だな
と思ったので

●三峰神社旅日記

で書いた三峰神社のお守りを
彼女に渡していたのですが、
その後一気に状況が変わりだして退職となり、

「三峰神社の狼が、もうこの職場にいたらダメ!
って引き離そうとしたのかもねぇ…」
と思っています。


さすがにもうアラフォー、
その日暮らしの派遣をするより、
定年まで働ける職場に行って欲しい。

彼女は過去にも

●私、ホントに今の仕事が適職?と迷ってませんか?

で書いたように、
新たな職種に手を出して失敗しています。

でも、それは彼女が選んだ道。

友達として出来るのは、
一緒にお祓いに行くとか、
気分転換に遊びに行くくらいです。


生きる気力を無くされるのだけは避けたい。

「なんで力になれなかったんだろう」
と後悔したくないとは思います。

さすがにそこまでは、
「彼女の人生だから」
と割り切れません。

また彼女が何かを選択するときに
「それは私ならやらない」
ということもあるかもしれません。

ただ、先日彼女から
「仕事を辞めようと思う」
と言われたとき
「大賛成!」と言ったら

「迷ってたけど、同意してもらえて
ホッとした」
と言われたときに

「やっぱり人には背中を押して欲しいときが
あるよなぁ」
と思いました。


なぜ間違った道に進むときは自信満々で、
正しい道に進むときは迷うのか…?

案外そんなもんなのかもしれませんね。

お互い迷えるアラフォー。

友達へのアドバイスはほどほどに、
命とお金が最低限守れる程度までは
お互い自由意思を尊重し合う、

くらいで、うまくやっていけたらいいな
と思います。

私も友人も、未来に幸あれ!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加