今日は原宿から千駄ヶ谷まで、
ちょっと探しものでふらふらしました。

途中でお腹が空いて明治通り近くの
ハワイアンなお店でご飯を食べていたら
近くの東郷神社での結婚式の帰りかな?

という男性2人、女性2人の4人組が
お茶をしに入ってきました。

カップルかな?友達同士かな?
ちゃんとヘアセットしている女性たちの
後ろ姿をぼんやりと見ていると
会話が聞こえて来ました。

「私の周りは30歳過ぎても
結婚してない女の人がほとんどだなー。」

「みんな仕事が忙しくて
結婚するどころか恋愛もしてないよ」

「●●さんなんて、もう4年恋愛してないって」

「っていうか良いと思う男がいないよね」

「●●さんが、もうデートの仕方も忘れたって」


女性2人が話している内容、
すごく納得なんですが…

それを聞いている男性2人は
どちらかと言うと真面目な大人しいタイプ。

その話を聞きているときの表情は
気まずそうというか、
この女怖い…と思っていそうというか、
もう明らかに草食系な外見が
更に縮こまった感じになってしまっていました…

さらに極めつけ

「ねーどんな女性なら
いいって思うの?」


という質問。

大人しそうな男性陣は
「え…」
と口ごもっていましたが、
その姿は多分、本気で良いと思う女性を
考えてるのではなくて
「…なんて言ったらこの場が収まるかな…」
と思っていそうー。

いや〜これだけ女がしっかりしてきて
男が頼りなくなってきていたら
そりゃ結婚率も出産率も低下しますよ。
PR


でもねー結婚式の帰り道に
そんな女同士な話題を男友達に振るって
なんかちょっとどうなのかしら?

気持ちはわかりますよ!
でもその話題を振る相手としては
そんな草食系男子を選んだら可哀想でしょう。

「う〜ん、俺はこういうタイプの女が
好きだからさ〜」
とか
「お前に合いそうな男今度紹介するよ!」
って感じの返しが出来る
リア充なモテそうな男だったら
そういう話題もうまく返せると思うのですが、

あんな大人しそうな男性にそんなこと言ったら
「…俺達の立場って…」
ってなっちゃうよー。

もちろん彼女たちにとって、
その男性たちは全然眼中にない存在なんでしょう。

私も男友達と一緒になって
「いいと思う人って早々出来ないし、
恋をしたって、うまくいかなきゃ意味ないよね〜。
もう失恋とかしたくないしさー」

と話すことはあります。

多分会話の感じだと、女性たちは30歳前半。
他人の幸せを見て落ち込んでイライラしている
そんな感じだったのかもしれません。

「ふーん、結婚、いいねぇ。
でも私仕事忙しいし、仕事楽しいし。
男でも私より稼いでない人いっぱいるしさー。
結婚に焦って好きでもない人と結婚したくないし。
好きでもない男の子供も産みたくないし。」


なんて思っていたのかもしれません。

実際50代以上の偉いさんと話すと
「若い子を見てると、
男より女のほうが全然仕事が出来るんだよね。
男は視野が狭くて一つのことしか出来ない人が
多いから、要領が悪い。

女性のほうが色んなことをすぐに吸収して
要領よくこなせるから成長が早い」

とよく言っていますし、
私も他部署の人を見ているとそう思います。

「女性だからってなめられなくない」
と思うから、
責任感が強くて仕事を頑張る女性は多い!

(もちろんプライベート重視で
仕事の手は抜きまくるって女性もいるし、
男性でも頑張って仕事する人もいますけどね)

でも女が仕事を頑張っても
貶す人もまだまだたくさんいるし、
結婚していないことを責められて
自虐的になってしまう人も多いですね…

男性がメインの職場で働いている人だと
こういう女性の状況が理解出来ないってのもあるし。

30代後半になってくると
そこそこ仕事ももう安定してきていたり
趣味もしっかり固まってきたりしているし、
結婚結婚言われまくる時期もちょっと過ぎてきて
精神的には落ち着いてくる部分があるのですが

まだ30代前半だとイライラのピークかも。


でもね、やっぱりね、
傍から見ていると、
そういうのは女同士で話した方がいいですよ?
男性に話すにしても、
人を選んであげましょうよ。

だって、すっっっっごく怖かったもん。
同じこと思う私でさえ、怖かったもん。

私もお店でそういう話題をするときは
気をつけないといけないな
と思った、という休日の原宿での思い出でした…
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加