発売から少し経ってしまってから三浦しをんさんの新刊が出ているのに気付き、早速買って読みました。

すごく面白かった!

作品の幅が広い方ですが、今回の本は等身大に近い感じでした。


あの家に暮らす四人の女


舞台は東京 杉並区の阿佐ヶ谷。
古い洋館に住む37歳独身の、手芸作家の牧田佐知が主人公。
おっとりボンヤリしている割に、ココロの中では悪態をつくこともアリ。

佐知の母親の鶴代は、根っからのお嬢様で強引でマイペース。
夫とは佐知が産まれてすぐに離縁。

ひょんなことから牧田家で同居を始めた美人でスタイルも良いけど、まるで他人の記憶に残らない外見、クールな性格で少女趣味の37歳独身、佐知の友達の雪乃

ストーカー元彼から逃げる形で牧田家で同居を始めた雪乃の後輩兼、佐知の刺繍教室の生徒、あっけらかんとした27歳独身の多恵美

この一つ屋根の下に住む4人の女性と、牧田家の庭の離れに住む80代の山田が、普通のようで面白おかしい暮らしをするほのぼのとしたお話。


とはいえ、開かずの間で見つけた、とんでもないモノで大騒ぎになったり、突然烏が独白しだしたりと不思議要素もあります。

恋愛に対するそれぞれの思いも、好き勝手にマイペースに暮らしているアラフォー女性には膝を叩きまくる箇所も。


元々三浦しをんさんのお話には、なんだかんだ好き勝手してる主人公は、ハーレクイン並みにするっと恋をする、という部分があるのもご愛嬌。

最近しをんさんはエッセイ書いてないし、ブログも中断したままなので、

「もしかしたら結婚したのかな?」
と思ったりもしてたんですが、

この本の発売時のインタビューを読むとまだ独身のようですね。

●三浦しをん Vol.1 そして、男がいなくなった。

てか写真のしをんさんが、以前よりずいぶんふっくらされていて年相応なのでビックリ…

PR


しをんさんの本はほぼ全部読んでます。

数年前に出た仕事系のインタビューのは読んでないかなぁ。

小説だと映画化されてるのが何作かありますがこの小説も映画化したら良いかも!

「小さいおうち」みたいなトーンで描くのもいいなぁ。


小さいおうち [DVD]

あと、これは多分映画化は無理だけど、しをんさんの作品の中では「光」も好きです。


光 (集英社文庫)


小さな島が大津波にあって、数人の子供と数人の大人だけが助かるという、かなり残酷で追い詰めらるお話。

震災前に書かれてましたが、それから割とすぐに震災があったのであまり話題にならなかった気がします。


青春小説と、耽美的な小説と、面白おかしいほのぼの系と、オタク丸出し爆笑エッセイと、三浦しをんさんの作風の幅広さはホントすごいです。

ので新刊が出るたびに、今度は何系だろ?とドキドキ!


今回の「あの家に暮らす四人の女」はアラフォー女性にはオススメです!

まだ未読な方はぜひぜひ!

三浦しをんさんが好きな方はたぶん菅野彰さんも好きだと思うので、よろしければこちらもどうぞ

●【爆笑】エッセイ~菅野彰さん~
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加