先日書いた

●【要注意!?】iPhone6sの液晶保護カバーのサイズ間違えた!

の間違って買ったiPhone6s保護ガラスを返品しました。

初めてAmazonで返品をしたので、忘れないようにメモしておきます。

まず、Amazonの返品は、
◯トラブルや不具合がある商品
◯Amazon.co.jpが販売、発送する服&ファッション小物、シューズ&バッグストアの商品

以外は送料自己負担となります。


着払いと元払いどちらでも対応してもらえますが、着払いで送った場合は返金額から返送料が差し引かれます。

返品の仕方は、まずはAmazonのアカウントにログインをして、購入履歴から返品したい商品の隣りにある商品の返品・交換ボタンをクリック。

henpin1.png

返品理由を選択し、詳細を文章で書き込みます。

henpin2.png

「次に進む」ボタンを押すと、返送用ラベルの出力ページになります。

返送用ラベルには、Amazonの返送先の住所とバーコードが印字されています。
プリンターが無い場合は、商品に同梱されている納品書に返品理由を記入して同封して返送します。
PR

会社でなら出力できるという状況であれば、後ほど再度アカウントにログインして購入履歴のページにいけば

henpin.png

このように返送用ラベル出力ページに行けます。
返品登録後は30日以内に返品しましょう。
30日を過ぎると返金額が20%減額されます。

また返金額ですが、未使用かつ未開封であれば原則的に全額返金、

使用済みまたは開封済みであれば原則として50%を返金となります。

こういうことを1枚のページでは書いてくれてないんですよね…
私も今あらためて調べていて、自分は半額しか返金されないと知りました…

さてさて、一番安く返品したいですよね。
私は定形外とスマートレターの安い方で、と郵便局で相談して、スマートレターで返品しました。

スマートレターやそれより厚い商品を送る場合については

●急ぎで保証人の印鑑が必要!のとき、どうする?

で書いてますのでご覧ください。

ということで
899円÷2-180円=269円が返金されるようです。
う〜ん…0円よりマシ…

購入額によっては返品しないほうが得、というケースもあると思われます。

えーと、360円以下のモノなら返品しない方が良いですかね。

大物の場合は更に送料がかかるので、比較検討の上返品手続きをしてください。



よろしければこちらもどうぞ!

●最安164円で追跡機能付きで発送できる「クリックポスト」を使ってみました。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加