コウモリ穴を訪れたあとは、
一旦車に乗って今度は氷穴へ。

●青木ヶ原樹海旅日記~コウモリ穴~

車で数分の距離なので歩こうと思えば全然歩けますが
(20~30分くらいかかるかも?ですが)
専用無料駐車場がこちらにもあるので車での移動をオススメします。

道路から氷穴こちらの案内板に従って車を進めると
結構な坂道を上ってから駐車場に着きます。

写真を見ると水晶のような氷柱があるので
そんな景色を見られるのか??とワクワク!

●富士山の洞窟 天然記念物 富岳風穴・鳴沢氷穴

鳴沢氷穴
山梨県南都留郡鳴沢村8533

富岳風穴
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖青木ケ原2068−1

9:00~17:30(9/16~10/15 期間によって時間が違うのでお確かめください)
入洞料 各290 円(コウモリ穴でもらった割引券があれば各260円)



お土産物屋さんの左に受付があり、
裏手から遊歩道を数分歩くと氷穴入り口があります。

驚くのは、コウモリ穴もですが、
受付からいきなり森が始まること。
遊歩道があるとは言え、左右は濃い緑の世界です。

さて、鳴沢氷穴入り口は
いきなり急な階段になります。
コウモリ穴もですが、階段がとても急だし
岩肌がゴツゴツしているので、
ヒールやサンダルはやめた方が良いです。



江戸時代~昭和初期はここから切り出した氷を
東京まで飛脚が運んでいたんですね。



階段を降りたら、左右に氷の塊が!



脇にもこんな人口のような氷が。


立ち入り禁止の格子の向こうにも氷が。



でも、写真で見たような氷柱じゃない!
貼り紙を見ると、氷穴より風穴の方が
温度が低いようなので、
また車に乗り今度は風穴へ移動しました。
PR


風穴と氷穴はバスで1駅になります。
風穴にも専用無料駐車場があります。

まずは入り口のお土産物屋さんでランチ。
富士宮やきそば650円なり。



お味は普通…
確か富士宮やきそばって、もっとドロソースみたいなのでは?

さて風穴もまた急な階段を降ります。
階段の途中からいきなり気温が下がり
少し暑かったのが冷え冷えとしました。



立ち入り禁止の柵の向こうにはまた氷が!
でも…氷柱じゃない…



氷の先には看板があり



こんな風に冷蔵庫として使ってました
という棚の中には蚕や木の実が置かれてました。



最奥の立ち入り禁止の場所には
ヒカリゴケが生えています。
写真ではよくわかりませんが、
中央の緑色がヒカリゴケです。

ヒカリゴケといえば、昭和のヒカリゴケ事件を思い出しますね。

遭難した人が、仲間の遺体を…ってやつ。

●ひかりごけ事件 - Wikipedia



ということで、風穴も氷穴も、
今の時期には氷柱は見られないようです…

まぁ、洞窟3個も回れてなかなか楽しかったからいっか。

この後は、よくテレビで取り上げられている
樹海の中に突如現れる不思議な住宅地と、
いかにも樹海らしい森に行ってみました!
そちらはまた次の記事で!

●青木ヶ原樹海旅日記~謎の集落と樹海散策~
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加