餃子好きな子と、
「大きくて美味しい!」
と周囲で評判の餃子のある中華屋さん
銀座の天龍に行きました!

天龍は昭和24年の創業以来、変わらぬ調理法で
美味しい餃子を作り続けている老舗なんだそうです。

事前に聞いた情報では

「大皿に8個餃子が乗っているけど
美味しいから1皿は余裕で食べられる。
いつも2皿は食べるよ」

という男性がいたり、

「私は普通だと思うけど、
旦那やお母さんは定期的に食べたくなるって言ってるよ」

という女性がいたり。

「餃子以外の料理は普通」

という意見もありました。

私はたくさん食べる方なので、
2皿行けるかな?1皿半は食べるかも!

とにかく人気店ということなので
予約してから行こうと思ったのですが、
「予約はコースのみ」
ということだったので、
仕事終わりに急いで駆けこみました。



場所は銀座一丁目が一番近いですが、
有楽町駅からも徒歩5分くらいで行けます。

金曜日の18時45分頃お店に着くとすでに満席!

並んでいると、後ろにも続々と5組くらい並び始めました。

10分くらい待って席に通され、
とりあえず餃子2皿とビールを注文!

小籠包の有名店は小籠包しか美味しくない、なんてこともあるので、
まずは餃子のお味と量で次の注文を決めることにしました。
PR

周囲の人に運ばれていく料理を見ていると、どの料理も大皿に大盛り。

ちにみに餃子のお値段は1皿1050円。



全体的にお値段はやや高め、というか
量が多いから高いという感じ。

チャーハンやラーメンも頼むか悩んだのですが、
とりあえず餃子を食べてから考えることにしました。

15分くらい待ったら餃子登場!



大きい!
1個で普通の餃子の3個分くらいあります!

さてお味は⁉︎



…普通…っていうか…イマイチ…

「…これ、そんな美味しい?」
「ニラが入ってない?少ない?」
「肉汁がちょっとはあるけど、ジューシーではないね…」
「味があんまりないから飽きる…」

一気にテンションが下がる私たち。

「これより美味しい餃子っていっぱいあるよね?」
「これを美味しいって言ってたみんなはなんなんだろう…」

不味いとは言いません。
厚手の皮の香ばしい部分はまぁまぁ美味しい。
けど一口餃子とか鉄鍋餃子とかの方が美味しいし、
むしろ自分で作った餃子の方が私は好き。

「肉まんみたい…」

という意見も出たのですが、確かに具が汁気の少ない肉まんみたい?

公式サイトを改めて見たところ

「上質な豚のもも肉、新鮮な白菜に長葱と醤油を加え
石臼で約40分挽いてできる餡を厚めの皮でくるみ、
ジューシーに焼きあげています。

ニンニクなどの香味野菜を一切使用していないので臭いの心配は無用。」

とあるので、やはりニラも入っていないようですね。
これが本格北京料理とのことですが…

私は味がガツンと濃い餃子の方が好きだなぁ。

ということで、パリパリジューシーな餃子好きな方には
オススメしません。

ささっと餃子だけ食べて、二軒目に移動しました…

でも好きな人は好き!
ということのようなので、気になる方は是非どうぞ!

●昭和24年創業 伝統の「餃子」 | 銀座天龍 公式サイト
中央区銀座2-6-1 中央銀座ビル1・2F

あー一度は本場中国で美味しい点心を食べたーい!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加