親不知、生えてますか?

私は3本抜いています。

友人から親不知の話題を振られ、そういえば自分が抜いたときに、参考になるブログ少なかったなーと思い出したので、書いてみます。

右上の親不知を抜いたのは、6年前くらいだったかな?

時々食べ物が挟まったり、疲れたときなどに歯茎が腫れて、その都度痛みを堪えたり、歯医者に行って消毒してたんですが、

「親不知、抜く気があるなら抜きます?」

と近所の歯医者さんで言われていて、

流石に何度目かに歯茎が腫れたとき

「抜きます!」

と覚悟を決めました。


食べかすが挟まったときになかなか取れないからって放置しておくと、歯茎が膿んで痛くなりますよね…

さきイカは挟まるのが怖くてもう最近は食べていませんが、糸ようじをちゃんと準備しておけば大丈夫なんでしょうか?

歯茎の腫れがひいてからまた歯医者に行きましたが、右上の親不知は大変素直に真っ直ぐ生えていたので、

麻酔をしてペンチでサクッと抜けました。

抜くまですごく怖かったけど、こんなにアッサリ抜けるのね~と思いました。

確か、抜いたあと経過観察で一度歯医者にまた行ったくらい?

だった気がします。
PR

抜いてからは、右上は膿むことはなくなり、ウッカリ口内を噛むことも減り、とっても快適~。

時々親不知が頬の内側に当たって傷が出来てたのも無くなりました。

しかし右下の親不知も、時々腫れることがありました。

先生いわく

「チラッと頭は出てるけど、横向きに生えているから、右下は切開して抜歯しないといけない。

その場合ウチでは出来ないので東京医科歯科大学の紹介状を書きます。」

と言われました。

…怖い…。

「虫歯になってるわけじゃないから、絶対抜かなきゃいけないわけじゃないけど…」

と言われていたので、一旦そのまま下の歯の親不知は忘れることにしました。

しかしその後も疲れると腫れて痛い…

上の歯も思ったより楽に抜けたし、もしかしたら抜いたら小顔になるかも?

1年ほど逡巡した結果、右下も抜くことにしました。

そして、大変な地獄を見たお話は次の右下編で書きます…

ちなみに左上の親不知だけ、まだいます。

でも顔を出していないし、膿むこともないのでそのままです。

なんか、無理矢理抜くと鼻の穴と抜歯後が繋がる可能性があるとかネットで見たんですが、どうなんでしょうか…?

一応奥歯の根元の歯茎の中にはポコっと親不知の存在はありますが、これが徐々に降りてくる可能性もあるし、このままかもしれない、と歯医者さんからは言われています。

それでは次は恐怖のドライソケットで苦しんだ右下親不知抜歯編に続きます…

関連記事
●最後に歯医者に行ったのはいつですか?
●アラフォーの歯磨き
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加