情報漏洩への注意喚起が、会社でも強く言われるようになってきましたね。

半年に一度くらい、テスト受けされたりもしてます。

でも案外、いろんな方のブログを見ていると、個人情報駄々漏れな方が多い!

特にアメブロの女性たち!


会社での失敗や、人間関係など、赤裸々に書いてくれていて面白いし、わかりやすくて参考になるのですが、

…それ、会社にバレたらアウトですよ!

ってのが本当に多いです。


私が気をつけている点は

●本名、生年月日、実年齢、身体的特徴を書かない。

これは最低限のことですが。

例えば事件に巻き込まれたときにでも、ニュースでFacebookやTwitterを公開されるのは嫌だなという方は書かないか、公開範囲の設定をした方が良いと思います。


●会社の従業員数、所在地、業務内容、会話した人の役職、年齢を書かない。

これは1記事に全部書いていなくても、ところどころにポロポロと書いていると、全記事を読んだ時に会社名の予想がつきます。

●住んでいる場所を明確に書かない

これも、近所のお店の話を書いたりしていくと大体予想がついたりします。

都内だと検討が付きづらいですが、それでも近所にファミマが、とか、徒歩何分にこんな店が、とか書いていくとある程度絞られて来ます。

地方の方だと、仕事内容と近所のお店を書けば会社の人にバレる可能性はかなり高いかと。
PR

他に気をつけている点は、

●友人知人に関しても詳細を書かない。

結構好きな人や彼氏の職場の状況や過去の恋愛遍歴まで赤裸々に書く方が多いです。

これは本人にバレたときにすごくまずいと思います。

どうしても書いたほうが良い流れの場合はフェイクを入れたほうが良いのでは。

●会社での失敗、取引先とのやり取りを詳細に書かない。

これは会社でも教育されていることですが、結構事務系の方などで書かれる方が多いです。

「詳細は書きませんが〜こんなこと社長がやってて〜」
とかも、1記事では大丈夫でも、その他の記事を通して見ると

「あーあの会社だな」と分かる人には分かってしまいます。


ブログやSNSの怖いところは、過去に書いたもののことを、書いた本人が忘れてしまっている、けど、しっかりそれはネット上には残っているということです。

ある程度のものは削除したあとにキレイに痕跡を消せますが、誰かがプリントアウトでもしていたら危険!

特に不倫をしている方なんかは、不倫相手の職業から家族構成から二人のやり取りまでもしっかり書かれる方が多いのですが、

それ、裁判で証拠として提出されちゃいますよ!


今日も会社で情報漏洩に関して注意喚起の信書が回ってきたので、いつか書こうと思っていたこの件を書きました。

もちろん、身バレOK、顔出しOKのブログをやっている方なら全然書いて大丈夫な部分もありますが、普通に会社員やパートさんをしている方はご注意くださいませ。

男性はあんまり自分語りをしないから身バレするほど書く方は少ないんですけど、女性は、ホントはっきりと書いてる方多いので…

しかしこういうこと色々考えだすと何書いていいか分からなくなっちゃいますよねぇ。

Twitterで知り合って実際に友達になった子もいるので、どこまでがアリか、って線引がなかなか難しいです…。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加