今日は友達と「日本のいちばん長い日」を観に行ってきました。




日本のいちばん長い日


決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

予告を観て気になってたら、友達が観に行くと言うので便乗!

昭和天皇をモッくんが演じてるってのに興味があったのですが、

うん、すごく素敵だったけど、やはり昭和天皇を演じた人の中では「太陽」のイッセー尾形が最強かも。


太陽 [DVD]


物語の主人公は役所広司演じる阿南惟幾、あと松坂桃李くん演じる畑中陸軍少佐も準主役でした。

タイトルからは終戦記念日に焦点を合わせた映画かな?と思っていたのですが、

1945年の春から8月15日の早朝にかけて阿南惟幾が陸軍大臣になり、終戦にむけて各大臣と渡り合い、玉音放送前に切腹するまでの話と、

終戦を受け入れず決起する陸軍の若者たちが、玉音放送死守に破れて自害するまで

が最初は同時進行、後半はバラバラに進められていき、15日の朝に全てが終わる

という感じでした。
PR

ちなみに友達が観る気になったのは戸塚祥太君(A.B.C-Z)が出てるから。

あと、戦争をテーマにしたお話自体も私も友達も興味がありました。

休日なのもありお客さんは満員、年配の方がほとんどでした。


すごく面白かったからオススメ、とは言いません。

ただ、終戦直前、こんな風に日本について考えていた男たちがいた、というのを知るのは、大事だと思う。

あまり美化してはいけませんが、他国と駆け引きをし、陸海軍で衝突し合い、天皇の元で悩み闘う姿は、

庶民からしたら「前線に行かないくせに!」とも思うけど、

でも日本のことをプライドを持って考える武士道精神は、馬鹿には出来ないと思います。


松坂桃李くんは、イケメンだけどなんかちょっと良い人役をやるとウザい感じがあるなぁ、と思ってたんですが、今回の役はすごくハマり役!

こめかみに血管を隆起させて、決起を促して玉音放送死守のために目がちょっといっちゃってる感じで熱く冷酷に駆ける姿は、ホント怖くてヒステリックで演技上手いな!と思いました。


今の時代の人から見たら、彼らの主義主張や美学は、イマイチ理解できません。

でも、「戦争反対!」と叫ぶことだけで歴史や未来を考えずに思考停止ってのもなんか違う気がしていて。

日本人の誇りってなんだろう?天皇ってなんだろう?

そんなことを考えるきっかけをくれた映画でした。

冒頭にも書いた「太陽」と合わせて観ることをオススメします。


ちなみに「太陽」はポツダム宣言受諾時の天皇陛下を描いた映画です。

どう感じるかは皆さんそれぞれだと思うし、こう思うべき!とは思いませんが、

こういう風に実際は思っていたのかも?という価値観をくれる映画だと思います。


戦争に関する他の記事は

⚫︎明石家さんま「七人ぐらいの兵士」感想
⚫︎綾瀬はるかと原爆と戦争とアメリカのこと
ドイツ人はまだ戦争の反省をしているらしい

もありますので、良かったらどうぞ!

戸塚祥太くんは、どの人だかよく分かってなくて先ほど調べて「あー!あの人か!」と納得。

すごく演技上手なんですね!ジャニーズっぽくなさすぎて普通に役者さんとしてとても良かったです!


Moonlight walker(初回限定盤A)(DVD付)
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加