このマンガはドラマ化もされたし、すごい人気で最近もオススメコーナーに全巻並べられてたから、ご存知の方多いですよね!


百鬼夜行抄 24 (Nemuki+コミックス)

今最新刊は24巻です。

文庫化もされてるので、まだ未収録分以外は手放して、文庫化されたらまた買うってしてます。

じゃないと棚に入りきらない…



百鬼夜行抄 15 (朝日コミック文庫)

文庫最新刊は今15巻です。


主人公の律は、妖怪や霊が見えて友達もロクにいない地味な性格。

祖父はその力で見えた妖怪の話を小説にしていた作家。

父は本当は亡くなっているけど、祖父が妖怪の青嵐を入れていて、律を守るよう命令されている。

幼い頃女の子の格好をさせられていた律が、祖父の葬儀の夜に妖怪たちに会うという、短編から始まり、長期連載になっているシリーズです。

無料立ち読みはこちらで出来ます。


Nemuki+ 無料お試し版


各話にそれぞれ妖怪や霊が出てきて基本的には一話完結。

律の従姉妹や定番キャラもいるし、途中から異世界から叔父の開が戻ってきますが、一応どこから読んでも通じます。

私が一番怖かった話は、15巻に収録されている「鬼の面」です。

なんだか天然の女の子。
その子と仲良しなんだけど、なんだか引っかかるところのある親友。

律の大学の友人兼天然ちゃんの元彼が合コンを組んだところからお話は始まります。

天然ちゃんは家庭教師のアルバイトをしているのですが、そのボケ故に、ある事件現場で犯人らしき人を見てしまいます。

生きている人間のストーカー、狂気と、家系を呪う因縁、けれどそれを凌駕する強いものがあるというお話なんですが…

これ、最後どうなったんだろう…

友達がその後一度出てきたから、天然ちゃんは無事なんでしょうか?

後味が悪い!とも言われているお話ですが、こういう人間の心理の怖さと矛盾と可笑しさを書くのが今市子さんはホント、うまいですね。

PR


あまりに長連載なので、元々私にこのマンガを教えてくれた友人は、すでに買ってません…

●百鬼夜行抄新刊、24巻感想

で書いたように、被るエピソードも出てきてるんですが、小ネタが面白いから止められない!

あと、やっぱりモノによって怖い話もあります。

お母さんやおばあちゃんの話す常識に関する会話や、伝統的な儀式も良い!

「そういうときはこうするもんよ」

というマナーって、家族が教えられなくなってきてる昨今マンガで知れるのは良いですね。

最初の頃にあったエピソードで
「あら、今日はなんだか道が遠くまでよく見えるわね。誰かお客さんが来るのかしら?」
というお母さんの言葉、

そういう見方があるんだ!と心に残ってます。

結局、律が好きなのは司ちゃん?
開は今後どうなるんでしょう?

途中で読むのを止めてた方も、開の登場前に止めてたなら、是非また読んでみて下さいませ。

開カッコイイんですよねぇ、渋くて、かわいくて。

1巻で高校生だった律はまだ大学生ですが…いつまで続くんでしょう?

とりあえず律は院に行って助手になるのかなー。
晶ちゃんはいつまで院にいるんでしょうか???
一旦就職して、院に戻って、だったけど生活費はどうしてるんだろう…

いろいろ疑問もありますが、ホント面白くて怖くて日本人ならではの良いホラー漫画です。大好き!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加