PR


月別アーカイブ:2018年02月

2018年02月の記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど
No Image

2018-02-28 オススメ
今日飲み会の帰りに友人とタクシーに乗りました。友人の最寄り駅までタクシーに乗り、そこから私は電車に乗って帰宅するルートだったため、タクシー代は友人が払ってくれていました。(というか友人の会社の経費)タクシーに乗るまで、私は確かにスマホを見ていました。が、友人と別れてすぐに駅のホームでスマホをコートのポケットから取り出そうとしたら、スマホが無い…バッグの中にも無く、こりゃタクシーの中だと思って慌てて...

記事を読む

2018-02-26 ビットコイン
これまで上げトレンドだったビットコインが、突如下げトレンドに転換し、またも100万円以下になりました。一ヵ月のチャート一週間のチャート2/20に127万円に達した直後から急落し、以降何段階かバウンドしながら落ちていき、私も先日まで上げトレンド継続だと信じていたのですが、今は悲観的な気持ちになっています。と言うのも、2/6からの上げトレンドは、単に年末の暴落からの下げが続いている説もあるんです。単に下げている途...

記事を読む

2018-02-24 ビットコイン
3日前から始めてしまったビットコインのFX。私はビットフライヤーのライトニングを使っていて、最初は全く使い方が分からずでした。というのも、説明されているサイトを色々見ても、情報不足なものが多い!まず、いくら入れたらいくらまで買えるのか?いくらでロスカットされるのか?証拠金って何?状態の私には、すでにFX経験のある人が書いている記事では分からないことだらけでした。今分かったことでは、預入証拠金と必要証拠...

記事を読む

No Image

2018-02-22 ビットコイン
今日のヤフーニュースで、産経新聞デジタルのこの記事が紹介されていました。●仮想通貨バブルに崩壊の足音!? 投資家が恐れる「テザー・ショック」ヤフコメでも叩かれていますが、違う話をわざと連想させるようにしたりして、仮想通貨に詳しくない人に誤解を与える記事となっています。私は暴騰の「今年に入ってから仮想通貨の価格下落が止まらない。」で、あ〜この記者、全然ビットコイン含め仮想通貨の値動きを理解しないまま...

記事を読む

2018-02-22 ビットコイン
※追記2/22に記事を書いた後で底値が変わったので、記事を修正しました。2017年12月末からビットコインを買い始め、暴騰暴落を見続け、そして短期売買で成功したり失敗したりを繰り返す内に、ビットコインの価格変動ルールが分かりました。ので、このポイントを押さえれば大損しない、もしかしたら確実に儲かるかも?というルールをお伝えします!実際にこのやり方で初めて一昨日からFXに手を出してみましたが、プラスになっていま...

記事を読む

一人暮らしにはパソコンと家電とSNSが絶対必要!〜スマホを失くした話

今日飲み会の帰りに友人とタクシーに乗りました。

友人の最寄り駅までタクシーに乗り、そこから私は電車に乗って帰宅するルートだったため、タクシー代は友人が払ってくれていました。(というか友人の会社の経費)

タクシーに乗るまで、私は確かにスマホを見ていました。

が、友人と別れてすぐに駅のホームでスマホをコートのポケットから取り出そうとしたら、

スマホが無い…

バッグの中にも無く、こりゃタクシーの中だと思って慌てて改札を出たのですが、友人の姿を見つけられませんでした。

私は友人の家を知らないので、ここで見つからなければすぐに連絡を取ることは出来ません。


とにかく一旦タクシーを降りた場所に戻り、近くにいた交番のお巡りさんにもiPhoneの落とし物が無いか聞いたけれどなかったので、まず公衆電話から自分のスマホに電話しました。

電話には誰も出ないので、とりあえず電車に乗って自宅に戻りながら、どうすべきかパニック状態で考えました。

●友人とはLINEとFacebookで繋がっている。
●友人の会社の経費でタクシーに乗ったので、友人は確実にタクシーの領収書を持っている。
●家には家電とパソコンがある

となれば、まず家のパソコンから友人にFacebookでメッセージを送ってタクシー会社の電話番号を聞き、家電からタクシー会社に電話をすればいい!

タクシーにスマホが無かったら…もういい、買い替える。


友人はスマホの通知にすぐに気付いてくれるタイプの人なので、自宅に帰ってすぐにパソコンを立ち上げてメッセージを送ったら、領収書の写メを送ってくれました。

で、家電からタクシー会社に電話をし、家電の番号を伝えて折り返してもらったところ、5分後くらいに「ありました」と電話がありました!

が、運転手さんはこの後予約が2件入っているため、届けに来ることは出来ず、事務所に戻るのは朝5時過ぎだそうです。

通常は郵送してくれるのだそうですが、それでは明日スマホが無い状態になってしまうので、事務所まで取りにいくことにしました。

家から結構遠い場所なのでキツイのですが、まぁ仕方ありません。

郵送だと2日くらいかかってしまうでしょうし…
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2/25またもビットコイン100万以下に暴落

これまで上げトレンドだったビットコインが、突如下げトレンドに転換し、またも100万円以下になりました。



一ヵ月のチャート



一週間のチャート



2/20に127万円に達した直後から急落し、以降何段階かバウンドしながら落ちていき、私も先日まで上げトレンド継続だと信じていたのですが、今は悲観的な気持ちになっています。


と言うのも、2/6からの上げトレンドは、単に年末の暴落からの下げが続いている説もあるんです。



単に下げている途中のリバウンドが、今回の上げトレンドだったのではないか?

と言う説もあって、それが本当なら今後まだまだビットコインの価格は落ちます。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FX初心者女がビットコインでFXを始めたら儲かった

3日前から始めてしまったビットコインのFX。

私はビットフライヤーのライトニングを使っていて、最初は全く使い方が分からずでした。

というのも、説明されているサイトを色々見ても、情報不足なものが多い!

まず、いくら入れたらいくらまで買えるのか?

いくらでロスカットされるのか?

証拠金って何?


状態の私には、すでにFX経験のある人が書いている記事では分からないことだらけでした。


今分かったことでは、

預入証拠金と必要証拠金と証拠金維持率で、賭けられる額が変わるということです。



今私は証拠金維持率を10倍にしているので、預入証拠金が千円なら一万円分のビットコインが買えます。

現物なら0.001BTC買うのに1,120円必要な価格の時に、FXなら10倍の0.01BTC買える、ということ。



取引証拠金が、この購入に対して必要なお金ということになります。

ちなみにFXと現物の値段は全然違います。

FXの方が高く、その為その価格差を乖離率として出していて、このパーセンテージで余計な損をしたり、儲かったりします。

が、ここのルールが近日中に変わるようなので、ここでは書きません。



ショート(最初に「売り」を選び、価格が下がったら「買い」を選ぶ」)だと、買った直後からプラスで始まり、

ロング(ショートの逆)だと、買った直後はマイナス始まりでした。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またマスゴミ!?産経新聞記者・蕎麦谷里志が仮想通貨のテキトー嘘記事で炎上

今日のヤフーニュースで、産経新聞デジタルのこの記事が紹介されていました。

●仮想通貨バブルに崩壊の足音!? 投資家が恐れる「テザー・ショック」

ヤフコメでも叩かれていますが、違う話をわざと連想させるようにしたりして、仮想通貨に詳しくない人に誤解を与える記事となっています。

私は暴騰の「今年に入ってから仮想通貨の価格下落が止まらない。」で、

あ〜この記者、全然ビットコイン含め仮想通貨の値動きを理解しないまま書いてるんだな〜と思いました。

1月16日までは高騰していたし、以降急落して2月6日に底を打って、今急速に回復中なんですけどね。

230万円が64万円になったことは書くのに、今116万円(昨日の最高は127万円)まで回復したことは書かない時点でお察しですよね〜。


そもそも、ブロックチェーンの技術とビットコインの値段とICO、テザーの問題は別物なんですよね。

そしてテザーのことはずっと前から5chで話題となっていたため

「なんで今さら記事にしてんの?こっちはそんなこととっくに知ってるけど」とか

「ざわと仮想通貨と中国の問題を繋げて印象操作しようとしてる記事だ」とコメントされていて、そんな記事をアップする産経新聞のクオリティにゾッとしました。

ヤフーニュースは時間が経つとリンク切れになるのですが、一応貼っておきます。

●仮想通貨バブルに崩壊の足音!? 投資家が恐れる「テザー・ショック」ヤフーニュース

あと、ビットコインの暴落の原因は先物取引が一番大きな影響を与えていたので、ネム流出とか中国の規制はさほど影響を与えていなかったように思います。


ネットニュースってホントいい加減というか、その瞬間にしか読む意味がないことが多いのかもしれません。

●ヘッジファンド、ビットコイン先物急落続くと予想-売り持ち増加 2018年2月5日 9:35 JST

この記事が2月5日に書かれていて、2月6日にビットコインは底値に達して一気に上昇したのですが、6日の朝まではこの記事に価値があったことになります。

ただ、この記事は一応当たっているけど、上の産経新聞の記事のクオリティはやはり低すぎますね。

で、書いてるライターはどんな人か調べてみました。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月6日からビットコインの価格上昇中!チャートを見れば確実に儲かる?

※追記
2/22に記事を書いた後で底値が変わったので、記事を修正しました。


2017年12月末からビットコインを買い始め、暴騰暴落を見続け、そして短期売買で成功したり失敗したりを繰り返す内に、ビットコインの価格変動ルールが分かりました。

ので、このポイントを押さえれば大損しない、もしかしたら確実に儲かるかも?というルールをお伝えします!

実際にこのやり方で初めて一昨日からFXに手を出してみましたが、プラスになっています。
(と言っても2,000円使って3倍で賭けて、100円儲かっただけですけどね)

私はビットフライヤーのみを使って仮想通貨の売買とFXをしていますので、ビットフライヤーのチャートを使ってご説明しますね。

また、仮想通貨の売買とFX両方のパターンで書いていきます。


チャートの種類

ビットコインのチャートには、1時間、1日、1週間、1ヶ月、1年があります。

短時間でFXをする場合は1時間と1日と1ヶ月のチャートを見ます。

現物を買った場合は、1ヶ月のチャートを見ます。短期売買したい人は他のチャートも見て下さい。

理由は、下図の1ヶ月のチャートをご覧ください。

最安値の価格ライン

最安値に線を引くことで、今が上昇トレンドだということが分かります。

そして、この幅の間で短期間にビットコインの価格は急騰と急落を繰り返します。

それが一つ一つの棒線の長さで表示されています。


現在のトレンドを把握する方法

全てのチャートを見て判断をしないと、急に値上がりして大喜びした後に、どん底に突き落とされたようなショックを味わう羽目になります。

現在は上げトレンドのため、前回の最安値以上に下がっていません。

一定のスピードでビットコインの価格は上昇していて、その値幅以上に上がったら下がる、下がったら上がる、というのを繰り返しています。

現在の最安値移動ラインは

最安値の数値

2/6 645,650円
2/7 781,510円
2/11 860,000円
2/18 1,090,000円
2/23 1,025,560円2/21 1,114,591円

※この記事を書いた後に2/21の最安値を更新しました。



となっていて、底上げされていってます。

一つ前の大きな下落で落ちた最安値以上に下がった場合は、トレンド転換の可能性があります。

一旦下がりきったところでリバウンドして上がるので、そこで現物は売り払った方が得策です。

もちろんガチホしていても良いですが、それは購入したときの金額を下回るまで落ちるかどうかで判断して下さい。

購入額を下回るようであれば、一旦売って底値で買い戻した方が良いです。

リバウンドで上がりきった後に、今度は更に値段が下がる法則があるから、です。


価格高騰と急落の法則

本来チャートは緩やかなカーブを描きながら上下していますが、ビットコインでは突然急斜面を描くように上昇したり、下落することがあります。

ちなみに、上昇には時間がかかり、下落は一瞬で起こります。

この下落は「ビットコイン名物ナイアガラの滝」と呼ばれています。

これはFXをやっている人、現物を短期売買したい人には絶好のチャンスです。

高値で売って、底値で買う。

それがうまく出来れば儲かりますし、FXをやっているなら値上がりでも値下がりでも儲かるので、2度美味しい場面となります。

しかし一歩間違えればFXをやってる人だと大損をする可能性があります。

先程も書きましたが、ビットコインの価格は、急落した後にリバウンドで一旦上昇するんです。


急落するのは、現在の適正価格以上に上昇した時です。

ここで調整するかのように、一旦価格は大下落します。

そしてリバウンドで上がった後に、再度下落し、その一つ前の下落以上に落ちます。

一旦下がったところでFXをしている人が利確をするのと、急な値下がりでお得だと思って買い始める人がいるからなのですが、そこでは支えきれずに再度落ちます。

そして何度も確かめるように、底を確認するかのように、少し上がっては下がる、少し上がっては下がる、を繰り返し、徐々に底値が上がっていったら、そこがトレンド転換のタイミングです。

でもまぁ2回目の底値の確認でトレンドは分かるので、FXをしている人はここでロングに変えてOK。

現物を安く買いたい人は、底値の確認は何度も繰り返されるので、慌てて少し上がったところで買わなくても大丈夫です。(但し3~4回底値を確認したら上昇トレンドに変わるので、あまり欲をかいていると底値で買えないまま上昇してしまいます)
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます