PR


月別アーカイブ:2017年10月

2017年10月の記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど
No Image

2017-10-31 オススメ
ハロウィンですね。仮装する若者が急増したのはここ5年くらいな気がしますが、ハロウィンの存在自体は子供の頃から知っていました。でもお菓子をもらいにいくってのは、やったことなかったな〜。それよりも、アメリカに留学していた日本人の学生さんが、ハロウィンでお菓子をもらいに行った家で強盗に勘違いされて撃たれた事件の方が記憶に残っています。そんなハロウィンの話をしていたときに「子供の頃、『あくまっぱらい』で各...

記事を読む

2017-10-29 ストレス・鬱
ここ20年くらいで、鬱病への認知度はとても上がったと思います。鬱に関する本はたくさん出てきました。鬱で休職する人の話はよく聞くし、私の友人たちも傷病手当をもらって休職し、その後退職したりしました。同じようなストレスでも、鬱になる人とならない人がいます。周囲を見ていて思うのは「自分はどういう人間なんだろう?」と考える人、「自分の努力で状況を理想の方向に変えないといけない」と思いながらも「自分はダメな人...

記事を読む

2017-10-29 マンガ
先週は、あの吉田秋生の「BANANA FISH(バナナフィッシュ)」が2018年にアニメ化すると知り、友人たちとざわつきました。楽天で買う無料立読み私はニュースを見た瞬間「ついに、あの山が動く…!」みたいな衝撃と動揺がありましたね。リアルタイムで読んでいた、というか、母が別冊少女コミックを買っていたので、小学生の頃から掲載はされていたのですが、子供にはポカーンな内容だった為読み飛ばしていました。高校生の頃にオタク...

記事を読む

No Image

2017-10-28 オススメ
美容院でSPUR2017年12月号を読みました。SPUR 2017年12月号【電子書籍】[ 集英社 ]1番好きな雑誌ですが、最近メッキリ買ってません…買えない高過ぎる服と、ちょっと頑張れば買えるお値段の服と、話題の何かしらが特集されてるワケですが…もう、目新しい何か、ってそんなに無いよね?ただ、以前より若干お手頃価格の割合が増えていて、しかもインスタ映えしそうな商品選びしてるなぁと思いました。見た目には楽しいけど、日常使いは...

記事を読む

2017-10-28 アンチエイジング
ホッとキーワードに「裕木奈江」が出ていて、懐かしいなぁとニュースを読みました。ん?この写真の女性は、インタビュアー?『ツインピークスThe Returns』に重要なキャラで出演する裕木奈江さんとの対談映像が本日夜22時から公開されます!https://t.co/sezAPQgrtZ pic.twitter.com/xMW0ART0xZ— 町山智浩 (@TomoMachi) 2017年10月27日え?これが現在の裕木奈江⁉︎裕木奈江、“恵まれた仕事運”で掴んだ夢「本当に叶った」 国...

記事を読む

「あくまっぱらい(悪魔払い)」で子供にカツアゲさせた群馬県

ハロウィンですね。

仮装する若者が急増したのはここ5年くらいな気がしますが、ハロウィンの存在自体は子供の頃から知っていました。

でもお菓子をもらいにいくってのは、やったことなかったな〜。

それよりも、アメリカに留学していた日本人の学生さんが、ハロウィンでお菓子をもらいに行った家で強盗に勘違いされて撃たれた事件の方が記憶に残っています。

そんなハロウィンの話をしていたときに

「子供の頃、『あくまっぱらい』で各家庭を回ってお金をもらってたのって、ハロウィンの原型みたいな感じですよね〜」

と言ったら、みんなに「は?なにそれ?」と言われました。


子供会集まって、各家庭を回って

「あくまっぱらい、あくまっぱらい、あくまっぱ〜ら〜い!」

って言いながら榊?のようなのを振ると、持参した賽銭箱に大人がお金を入れてくれるイベントがありました。

硬貨の家もあれば、お札を入れてくれる家もあって、

「さっきの家は千円だったよ!」
「あの家は小銭しかくれなかったから、ケチだね」

なんて言いながら、仕事気分で回っていたのを覚えています。

お昼にはお弁当も出たな〜登利平の鳥飯だったから、嬉しかったです。

●群馬旅日記~伊香保のオススメお土産&食べ物~

でも、東京やその他地域出身の人達は知らないと言っていてビックリ!

あれって、群馬が勝手に考えた、子供たちにカツアゲをさせるイベントだったの?
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「鬱病の人は嫌い」という人にオススメの、話し方対処法

ここ20年くらいで、鬱病への認知度はとても上がったと思います。

鬱に関する本はたくさん出てきました。

鬱で休職する人の話はよく聞くし、私の友人たちも傷病手当をもらって休職し、その後退職したりしました。

同じようなストレスでも、鬱になる人とならない人がいます。

周囲を見ていて思うのは「自分はどういう人間なんだろう?」と考える人、「自分の努力で状況を理想の方向に変えないといけない」と思いながらも「自分はダメな人間だ」と思っている人は、鬱になりやすかった気がします。


鬱にかかったことがある人は、鬱の症状に理解があります。

鬱にかかったことが無い人も、知識として知ってる人はいます。

ただ総じて皆さん、本心では「鬱症状が出ている人は嫌い」ですね。

ハッキリ「嫌い」と言う人もいれば、そんなこと言ってはいけないと思って口にしない人もいます。

身近な人が鬱で、懸命に支えている人ももちろんいます。

でも初対面の人が鬱症状で暗かったり、僻みっぽかったり、悪態をついていたり、無気力でボンヤリしていたら

「こいつ、性格悪いな」

と思って近付かないでしょう。

鬱症状か、元の性格が悪いかは、人によって違いますけどね。


私は重度の鬱にはなったことはありませんが、「鬱っぽいなぁ」と思って病院で薬をもらったこともあるし、市販薬を飲むこともあります。

●悩んで食欲が無い・寝つきが悪い・落ち込んだときに市販薬「ウット」がオススメ


【第(2)類医薬品】ウット 12錠

そういう時、周囲の人は

「暗いことばかり言ってて嫌だ」

と言って批難して離れていきました。

そりゃそうです。みんな、自分の日常を明るく快適に過ごしたいから、他人の鬱症状に迷惑をかけられたくないんです。


「鬱を理解しましょう」

というのは、会社の経営陣や家族等に求めることは出来ますが、世の中の全ての人に強要することは出来ません。

「鬱の人に優しくしないといけない」

なんて、強要することは出来ません。

支えたいと思ってくれる人がいない鬱患者は、医師と国の援助しか支えがありません。

そういう状況は分かっていても、ボランティア精神で性格が悪いのか病気か分からない人に、不愉快な思いをさせられたくない、それが世間。


じゃあ鬱患者は、この世に無駄な迷惑なだけの存在なのか?と言えば、それは違うと思います。

自分以外の鬱患者を改善させる為の、貴重なデータになる可能性があります。

他の鬱患者を支えることも出来るかもしれない。

ただ、鬱にならず、自力で幸せに暮らしている人にとっては、「同情はするけど、理解出来ない、嫌な存在」というのは、現実なんですよね…。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BANANA FISH(バナナフィッシュ)今更のアニメ化に、アラフォー女性衝撃!

  •  投稿日:2017-10-29
  •  カテゴリ:マンガ
先週は、あの吉田秋生の「BANANA FISH(バナナフィッシュ)」が2018年にアニメ化すると知り、友人たちとざわつきました。






amazonで買う


私はニュースを見た瞬間

「ついに、あの山が動く…!」

みたいな衝撃と動揺がありましたね。

リアルタイムで読んでいた、というか、母が別冊少女コミックを買っていたので、小学生の頃から掲載はされていたのですが、子供にはポカーンな内容だった為読み飛ばしていました。

高校生の頃にオタクじゃない同級生たちにオススメされて読んでみたら、やっと内容が把握出来て、そこから完結まで読みました。


今更内容とか書きませんが、アニメ化については色々不安があります。

まず、長すぎるからワンクールで終わるとは思えない。

コミックス全19巻ですからねー。

そして連載の9年間の間に、キャラの顔も性格もかなり変わっていってます。

そのどの部分に合わせて統一させるのか?

多分、後半に合わせるんだろうとは思うのですが、そうなると微妙に初期と合わなくなるかも?


正直、今の9年間と、当時の9年間では流行の変化に違いがありすぎます。

2008年と今ではそんなに流行変わってないけど、当時はバブルがはじけたり、ボディコンワンレンが消滅したり、アメリカに対するイメージも全然変わった頃なんですよね。

初期の頃って、「ナハハハ」って笑い方したり、ちょっとオフザケ感があったキャラが、後半はクールで美しくなっていってるので、そちらに合わせて調整するのかな?


そして、今の若いアニメ好きに受けるか?という不安もあります。

アラフォーは過去の名作をきちんと読むのは勉強の一環と思ってましたが、今のアラサーやその下の世代って「自分の好きなジャンルだけ読むので一杯」って感じですね。

私らはそんなに読むモノが無かったから、読み尽くしたら過去に遡ってたんですが、今はどんどん新しいモノが出ますからねー。

ので、今更30年前のマンガなんて興味持つかしら?
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流行「ジェムカラー」の意味は何?天然石の色?

美容院でSPUR2017年12月号を読みました。


SPUR 2017年12月号【電子書籍】[ 集英社 ]

1番好きな雑誌ですが、最近メッキリ買ってません…

買えない高過ぎる服と、ちょっと頑張れば買えるお値段の服と、話題の何かしらが特集されてるワケですが…

もう、目新しい何か、ってそんなに無いよね?

ただ、以前より若干お手頃価格の割合が増えていて、しかもインスタ映えしそうな商品選びしてるなぁと思いました。

見た目には楽しいけど、日常使いは難しめってアイテムが多いなぁと。


その中で「ジェムカラー」が特集されていました。

この秋冬は、いつになく「色」が街に溢れそう。それもエメラルドの緑、ルビーのレッドといった、鮮やかな宝石色。そんな「ジェムカラー」に彩られた服を、今シーズンのムードたっぷりに着こなすには? 10/23発売のSPUR12月号では、大人の女性が素敵に見えるカラースタイリングを提案します。 撮影を行ったのは長崎県の野崎島。現在無人島となっていますが、江戸時代(1700年代頃)から小さな集落に、潜状キリシタンの人々が暮らしていました。しかし徐々に人口が減っていき、90年代にはついに無人島に。以来、一人の管理人がこの島の自然を保護しています。 透明度の高いアクアマリンブルーの海、力強い木々、オレンジ色の花畑、野生の鹿……10時間もの長旅を終えて島へ降り立った瞬間、スタッフ一同その雄大な自然に圧倒されてしまいました。島全体が、神秘的な雰囲気に包まれているんです。 こちらの写真(2枚目)は本誌には掲載できなかったアザーカット。地元の方が「サバンナ」と呼ぶ赤土のフィールドです。どこまでも果てなく続く広大な景色に、ヴァレンティノの赤いドレスがよく映えます。 1枚目の写真は、1908年に鉄川与助によって建築された旧野首教会にて。厳しい禁教の時代を生き抜いた17世帯の信者の人々が、貧しい暮らしを続けてなんとか費用を捻出。やっとの思いで建てたレンガ造りの教会です。今回この島を撮影に選んだのは、どこか可愛らしさを感じさせるステンドグラスが、「ジェムカラー」のストーリーにとてもマッチするから。 今は教会としては使用されておらず、重要文化財に選定されています。今回は、特別に(ファッション撮影としてははじめて!)撮影を許可していただきました。どんな写真になったかを、ぜひ誌面にてご覧ください。(編集I) photography:Kin Coedel #photography #color #fashion #magazine #長崎 #gem #styling #ファッション

SPURさん(@spurmagazine)がシェアした投稿 -



何それ?今流行り?

ググると、ほとんど情報が出てきません。

まずSPURが出てくるくらい。

あとはコスメデコルテの商品が出てきました。


【今だけ宅配送料490円】【あす楽】 定形外なら送料220円~ AQ MW アイグロウ ジェム 【 BR380 】 コーセー コスメデコルテ [ COSMEDECORTE / AQMW / KOSE / ブラウン / 茶 / 茶色 / クリームアイシャドウ / アイシャドウ ]『1』

で、SPURの特集では「ターコイズ」とか「アクアマリン」とか天然石の色の服やアクセサリーが出ていたので、

ジェムカラー=天然石の色

ということ?と思ったのですが、一応更に調べてみました。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

裕木奈江47歳は顔が別人?輪郭のたるみで一気に老けて見える?

ホッとキーワードに「裕木奈江」が出ていて、懐かしいなぁとニュースを読みました。

ん?この写真の女性は、インタビュアー?



え?これが現在の裕木奈江⁉︎






アラフォー以下の方は知らないかもしれませんが、裕木奈江は1992年に「北の国から´92巣立ち」「ウーマンドリーム」で一気に人気が出て、

ベビーフェイスと儚げなタレ目な顔と、エロ系もアリの演技で大ブームだったのに、99年にヌード写真集を出してからパタッと姿を消し、

その後ハリウッドで活躍している、とまた話題になった女優さんですね。


なんとなく工藤夕貴とも記憶が混ざっているのですが、可愛かったなぁ、裕木奈江。




【中古】 冬の東京 /裕木奈江 【中古】afb

【中古】邦楽CD 裕木奈江 / 水の精(廃盤)

が、47歳の今は、大分顔が違うな!

でもご本人も言われているようで



とツイートされてました。すみません…ご本人の揶揄ではなく、女として、アラフォーとして気になるのです。

ググったら、37歳の時の写真も出てきました。

●裕木奈江が出演の米映画をPR [2007年8月3日9時12分]

ん?この頃はまだ、若い頃の面影がありますね?

2011年の40歳の時は…ちょうど中間くらい?



となると、アラフォーとアラフィフの10年でこんなに顔は変わるの?
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます