PR


月別アーカイブ:2017年09月

2017年09月の記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2017-09-30 オススメ
以前はHuluで放送されていなかった「できしな」こと「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」が、2017年9月30日現在放送中だと気付きました!huluで見放題!わー!以前調べたらTBSオンデマンドとU-NEXTとAmazonでしか放送されてなくて、わざわざU-NEXTのトライアルを試した上に、追加料金払って観たのに!●U-NEXTで「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」無料視聴!もしかして、私がHuluで放送されてないって不満を...

記事を読む

No Image

2017-09-30 オススメ
土曜日は目覚ましをかけないので、最終回の「ひよっこ」は観られないと思っていました。土曜日の放送はほぼ全て観ていないし、最終回のネタバレを先に読んでしまっていたので、まぁ良いかと思っていたのですが、何故か8時丁度に目が覚めました。いつもなら10時頃起きるのに、本能で「ひよっこ最終回を観たい」と思っていたようです。こういうタイミングには従います。そして、最終回を観て少し泣きました。「ひよっこ」は田舎から...

記事を読む

2017-09-30 カラダのお悩み
これまで何度か書いている、足の付け根(鼠径部)に繰り返し出来るニキビ状の吹き出物。これに数ヶ月前から、お尻の出来物も加わりました。タコの吸い出しを使ってみたり、石井クリニックで腫れの引く注射をし、塗り薬を使ってみたりしましたが、一つの腫れが引くと、数日でまた別の箇所に腫れが出てきます。石井クリニックでは粉瘤の手術が出来ないので、手術の場合は紹介状を書くと言われていた為、他の病院を探してみることにし...

記事を読む

2017-09-30 映画
三浦しをんの作品が好きだ、と以前も書いていますが、最近はどんなのを書いてるのかな?とググってみました。ブログはほとんど更新されなくなってしまっていて寂しいです。以前ネタバレを書いた●三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」感想以降は、企画モノの随筆が出たくらいなんですね。ただ、「光」が映画化されたことを知り、それが11/25公開と知って驚きました。光【電子書籍】[ 三浦しをん ]楽天市場で買う「光」は映像化不可...

記事を読む

2017-09-28 女ですもの
オルビスのカタログに「くらもちふさこ」と「よしながふみ」の対談が掲載されたことが、どのくらいネットで話題になっているのかチェックしてみました。●くらもちふさこ×よしながふみ対談がオルビス2017.10シブロ掲載!●「くらもちふさこ」と「よしながふみ」の対談がすごいんですよ花に染む 1【電子書籍】[ くらもちふさこ ]楽天で買う無料立読み●くらもちふさこ「花に染む」完結8巻ネタバレ感想大奥 15巻 ドラマCD付き特装版 ...

記事を読む

Huluで「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」放送中!

以前はHuluで放送されていなかった「できしな」こと「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」が、2017年9月30日現在放送中だと気付きました!



amazonで買う

huluで見放題!

わー!以前調べたらTBSオンデマンドとU-NEXTとAmazonでしか放送されてなくて、わざわざU-NEXTのトライアルを試した上に、追加料金払って観たのに!

●U-NEXTで「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」無料視聴!

もしかして、私がHuluで放送されてないって不満を書いたから?
なワケはないけど、でも希望する声が多かったのかもしれませんね!

ということで早速また一話から観始めましたー!


実は私、以前書いていた歳下イケメン君への片思いのような憧れの気持ちは、別館の方で書き続けていました。

「できしな」をリアルタイムで観ていた時は、イケメン君と諒太郎くんを重ね合わせてキュンキュンしていたものです。

今日はこのイケメン君(別館では鈴木さんと呼んでいます)の彼女らしき人を見てしまい、ショックを受けていました。

●好きだった人の彼女を見てしまった時の気持ち

が、「できしな」が放送されてるのに気付いたら、一気にテンションが上がりました!



わーい!Huluの契約続けていてよかった〜!
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ひよっこ」は結局、視聴者に何を伝えたかったのか?

土曜日は目覚ましをかけないので、最終回の「ひよっこ」は観られないと思っていました。

土曜日の放送はほぼ全て観ていないし、最終回のネタバレを先に読んでしまっていたので、まぁ良いかと思っていたのですが、何故か8時丁度に目が覚めました。

いつもなら10時頃起きるのに、本能で「ひよっこ最終回を観たい」と思っていたようです。

こういうタイミングには従います。

そして、最終回を観て少し泣きました。


「ひよっこ」は田舎から東京に出稼ぎに出た女の子の成長物語、というのが簡単なあらすじなのかもしれません。

しかしそんな短文で想像する内容と、実際の内容は違っていました。

主人公のみねこは、とても人間関係に恵まれた幸福な女の子で、大きな試練はほとんどありませんでした。

父親が突然失踪し、代わりに東京の工場で働くことになったけれど、不況で工場が閉鎖になる、とか
初めて出来た大好きな恋人と、家庭の事情で別れることになる、
という試練はありましたが、みねこはいつも周囲の人に励まされ、助けられ、笑って過ごしていました。


「ひよっこ」の大きな魅力は、登場人物たちの楽しい優しい会話、
その中に不意に現れる戦時中の悲しさ、
ナレーションなど演出の面白さが挙げられます。

「明日はどうなるんだろう?」

というワクワク感では無く、

「朝から楽しい優しい会話を観たい」

というホッコリした楽しさがあり、毎朝観ていましたが、本当に良かったです。


これまで「あまちゃん」と「あさがきた」が私が楽しく観ていた朝ドラです。

「とと姉ちゃん」「べっぴんさん」は意地悪な登場人物に苛立つシーンが多く、ストーリーに中弛みを感じることが多々ありましたが、「ひよっこ」はストーリーより会話が良かったので気になりませんでした。

世津子と父親が同居していたのは安易だ、と言う方々もいたようですが、確かに読める展開だったけど、私は気になりません。

しかし全話見終えてから

「で、何が言いたかったドラマだろう?」

と振り返り、考えてみると、とてもフワフワしています。


大きなメッセージは、宗男おじさんの

「戦争中は辛かったけど、今笑って過ごすことが見返すことになるんだ。

俺は笑って生きてやる!」

という前向きな言葉だと思われます。

どんなに辛いことがあっても、笑って、人に優しくして、優しくされて生きていくのが幸せ。

実際には、みねこほど恵まれた幸福な女の子は、そうそういません。

みねこが特に気を遣って頑張らなくても、出会う人たちみんなが優しくて親切で、だからこそ笑って過ごすみねこを皆んなが好きになる、という、プラスがプラスを呼ぶ環境なんて、ほぼありませんからね。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼠蹊部とお尻の粉瘤で恵比寿ウェストヒルズクリニックへ

これまで何度か書いている、足の付け根(鼠径部)に繰り返し出来るニキビ状の吹き出物。

これに数ヶ月前から、お尻の出来物も加わりました。

タコの吸い出しを使ってみたり、石井クリニックで腫れの引く注射をし、塗り薬を使ってみたりしましたが、一つの腫れが引くと、数日でまた別の箇所に腫れが出てきます。

石井クリニックでは粉瘤の手術が出来ないので、手術の場合は紹介状を書くと言われていた為、他の病院を探してみることにしました。


家の近くで「皮膚科 粉瘤」を検索してみると、数件の皮膚科が出てきました。

日帰り手術対応の皮膚科となると、整形外科や美容外科も兼ねている皮膚科となるんですね。

結局大きな街の方が対応する病院があると分かり、鍼灸院やネイルで通っている恵比寿の病院を探すことにし、見つけたのが「恵比寿ウェストヒルズクリニック」でした。

予約優先とのことなので、早速電話をして予約を取りました。

2時間後でどうかと聞かれたので、土曜日でも比較的予約が取りやすいようです。

その後鍼灸院の予約も取り、まずは恵比寿ウェストヒルズクリニックに向かいました。



駅から徒歩2~3分と近く、ピーコックの側なので場所も分かりやすかったです。


美容外科を兼ねているからか、オートロックマンションの4階にあり、インターホンで呼び出してからエレベーターに乗りました。

エレベーターが開くと、いかにも女性向けの病院ってかクリニック!



受付などは撮りませんでしたが、キレイで華やかでした。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/25映画公開!三浦しをん原作「光」ネタバレ感想

  •  投稿日:2017-09-30
  •  カテゴリ:映画
三浦しをんの作品が好きだ、と以前も書いていますが、最近はどんなのを書いてるのかな?とググってみました。

ブログはほとんど更新されなくなってしまっていて寂しいです。

以前ネタバレを書いた

●三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」感想

以降は、企画モノの随筆が出たくらいなんですね。

ただ、「光」が映画化されたことを知り、それが11/25公開と知って驚きました。


光【電子書籍】[ 三浦しをん ]

amazonで買う


「光」は映像化不可能だろうし、多分話題として取り上げられないだろう、と思っていました。

というのも、津波で小さな島の人々のほぼ全員が亡くなる話だからです。

「光」が出版されたのは2008年、文庫化は2013年です。

その間にあの東日本大震災が起こってしまいました。

そういう状況で、このお話のことを挙げるのは問題が起こる可能性が高いと思いました。

それでも、このお話はとても重く切なく、衝撃的なもので、私は好きです。

映画は井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミというメンバーで撮影されたそうです。



こちらが予告ですが、映画はR-15になります。

映画公開前ということで、「光」のネタバレ感想を書きます。


東京の小さな離島で生まれ育った信之、美花、輔。

信之と美花が中学2年生、輔が10歳の時、事件が起こります。

信之と美花は恋人同士で、信之は美しく小悪魔的な美花と交わることに夢中でした。

輔は父子家庭で父からDVを受けていて、信之は親に言われて輔の面倒を見てはいましたが、内心疎ましく思っていました。

信之と美花は村営のバンガローでするのが常でしたが、その日はオタクっぽい30代半ばの男が旅行に来ていたので出来ず、信之はイライラ。

2人で夜に神社で落ち合う約束をし、夜中に信之が家を抜け出すと、輔に出会いました。

そのまま輔は信之についてきてしまい、神社で美花と合流したとき、島を津波が襲います。


壊滅状態となった島の中で生き残ったのは、3人の他は灯台守のじいさんと、バンガローの客山中と、夜釣りをする山中を乗せて船にいた輔の父親だけでした。

憎かった父親がいなくなったと思ってはしゃいでいた輔は、父親の生存を知りガッカリします。

自衛隊が到着し、家族の死を確認し、学校に避難して眠った夜、信之はふいに目を覚まし、山中と美花がいなくなっていることに気付きました。

そして、外で山中と美花が交わっているのを目撃します。

「襲われた」と言う美花と「女が誘ってきた」と言う山中の言葉を聞きますが、美花に言われるがまま、山中の首を絞め、そして遺体を斜面に突き落としました。


翌日、山中がいなくなったことで捜索が始まりましたが、輔が

「おじさんの靴が崖下にある」

と言い、山中は崖から転落したと見なされて捜索が打ち切られました。

何故、遺体を落とした斜面とは違う場所の、崖下に山中の靴があったのか?

輔が移動させたのか?

分からないまま、信之と美花はヘリで東京の親戚の元へと向かうことになりました。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

62歳のくらもちふさこは「おばあちゃん」なのか?

オルビスのカタログに「くらもちふさこ」と「よしながふみ」の対談が掲載されたことが、どのくらいネットで話題になっているのかチェックしてみました。

●くらもちふさこ×よしながふみ対談がオルビス2017.10シブロ掲載!

●「くらもちふさこ」と「よしながふみ」の対談がすごいんですよ


花に染む 1【電子書籍】[ くらもちふさこ ]

amazonで買う


●くらもちふさこ「花に染む」完結8巻ネタバレ感想



大奥 15巻 ドラマCD付き特装版 (ヤングアニマルコミックス) [ よしながふみ ]


amazonで買う

※「大奥」の最新刊15巻は2017/12/28発売予定です!


でも…想像していたより、反響が無い?

身近な人に話すと皆「すごい!読みたい!」って言うのに、なぜネットでは話題にならないの…?

実は某掲示板に書き込みしたりして、どの程度反響があるかやってみたのですが、そもそも「くらもちふさこ」と「よしながふみ」のスレ自体がほとんど無い!

そしてスレにもそんなに人がいません…

ので、数人が「どういう内容?」とか「どこで手に入るの?」とは言ってましたが、それ以上に盛り上がらず…


Twitterでは、カタログが家に届いて気付いた人が

「わー!すごい!これは永久保存版!」

と興奮していましたし、私もそういう気持ちなのですが、結局Twitterって、友達として繋がっている人と、キーワード検索した人にしか届かないんですよね。

昨日このブログでは、けものフレンズの監督降板の影響で、KADOKAWAやべー!そういえば佐倉色さんもKADOKAWAにヒドイ目に遭わされてたよね!という流れで、

●ゆとり?発達障害?に苦しめられた佐倉色の怖い話エッセイコミック感想

にアクセスが集まっていました。

でも対談紹介の記事には、ほとんどアクセスが無い…


何かキッカケがあって自然派生的に拡散されることはよくあるけど、狙って拡散させるのは難しいですね。

●無許可RTの騒ぎは、私怨のなりすまし?

の「無許可リツイート」は、あんなに世間を騒がせたのに!

で、今回こうやってこの対談を拡散させたくて某掲示板に書き込みした時、

「くらもちふさこは、おばあちゃんなのにすごい!

こんなおばあちゃんがいたら、恋愛相談に乗ってもらえたのかなって思う」


という書き込みがあり、どビックリしました!

えーと、くらもちふさこは62歳ですが、まだまだ現役でキレイな絵を描いてるし、感覚若いし、私の中では全然「おばあちゃん」という認識はない、というか、そんなこと思うの失礼じゃない?と思ったのです。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます