5月病の季節になりましたね。

ランチに行くと、新人さんたちかなーというキャピッとした若い女の子や男の子の集団をまだ見かけます。

特に女の子は、メイク慣れしたキレイな子と、まだまだ素朴な子と、見た目の差が大きいですね。

男の子も、今時なジェンダーレス男子もいれば、まだ高校生くらいに見える純朴そうな子もいたり。

私もこの歳になると色んな新人さんを見てきましたが、どんな学生時代を過ごしてきたかで全然違うなぁと面白いです。


過去に見た中で1番「良い子だな~」と思った新人さんは、

●ファスティングダイエットで-8kg痩せた後輩ちゃん

で書いた素朴で明るくて面白くて、育ちが良さ気な女の子でした。

1番「無いわ」と思った子はギャルというかアバズレって感じの女の子でした。

露出の多いタンクトップとショートパンツでご出勤、話題は男のことばかりで、下ネタ言いまくり、な下品さでドン引き…。


最初の態度で大きく2つに分かれるのは

●自分から話しかける人
●話しかけられるまで様子見する人

になると思うのですが、先輩陣からの評価は、これに容姿の美醜、言葉遣いが加味されますね。

好かれるのは、

●美形で控え目だけど、話しかけられたら笑顔で答える
●素朴な顔立ちでニコニコとしていて、自分から話をしてくる人


な気がします。


そして意外に嫌われる可能性が高いのは

●美形で積極的に話しかけてくる新人

というのもある気がします。

特に女性で、見た目が華やかでお化粧もちゃんとしていて、積極的に話しかけてくる人は

「自分に自信があるリア充かよ」

と思われて、意外と反感を買いやすい!
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加