今日は親と兄と会いました。

私のご機嫌が大変悪かったのですが、それはまた別の話に。

とりあえず、話題に詰まったら病気と親戚トーク。

私としては、そろそろ親の老後、というか、お葬式の段取りとか、お墓のこととか、遺産のことを話しておきたいお年頃です。


そもそも親に長生きをして欲しい願望が無い、というか、80歳までは生きなくて良くない?と思っています。

祖父母は40代、60代、70代で亡くなっていて、80歳を過ぎた親族はあまりいません。

ので、病気になっては手術をしたり、治療や検査を続けている親に対して

「なんでそこまでするのかな?」

と思っているのが正直なところ。


これは家庭によって価値観は違うと思います。

私は祖父母に会った記憶は3回しか無いので、そもそもご老人というものがよく分かりません。

転勤族で親戚が遠方だし、今1番やり取りしている従姉妹とも、話すようになったのはこの10年くらい。

従姉妹は家に高齢の祖母がいる生活をしていたので、やはり親族が入院したらお見舞いに行ったり、食事を差し入れしたりしていました。

年が離れていて、遠方に住む末っ子の私には、全く経験の無い生活です。


それでも私にとっては祖父母代わりだった叔父叔母がいたのですが、叔父は70代前半で痴呆になり、それが分かってから入院し、1年以内に亡くなりました。

死因は肺炎で、よくある老人が食べ物を喉に詰まらせ、その炎症で肺炎になった、というケースでした。

痴呆になる年齢も人それぞれだし、コレという理由があるものでは無いのかもしれませんが、最初に気付いたのはたまたまご挨拶周りに来た親族で、同居していた家族は分からなかったそうです。


叔父は定年退職後、田舎の自宅にずっと篭っていました。

自宅周辺は田圃だらけの田舎で、スーパーへの買い出しには車が必要になります。

叔母は運転が出来ず、人付き合いも苦手であまり出掛けない人のため、夫に家にいて欲しがったそうです。

叔父はたまに買い出しで車を出すくらいで自宅にいて、その後目が悪くなったこともあり、ずっとテレビの前にいるだけの生活をしていたとか。


徐々に叔父は入浴を1人で出来なくなっていったのですが、家族は

「単に今は体調が悪いのかな?」

と思い、一時的なことだと考えていたそうです。

そして、挨拶周りに来た親族と話した帰りに

「おかしいから、病院に連れて行った方がいいんじゃないか?」

と言われ、病院に行ったら痴呆と分かり、入院することになりました。

これは私が聞いていない話もあるのかもしれません。

痴呆=入院、とは限らない気がします。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加