通勤途中では、よく保育園に向かう二人乗り自転車を見かけます。

先日横を、男の子を後ろに乗せた自転車が通り過ぎました。

そのとき男の子が手に持っていたリュックを落としてしまったのですが、お母さんは気付かずにそのまま行ってしまいました。

私は慌てて走ってリュックを拾い上げ
「落としましたよ」
と呼びかけたら、男の子に言われてお母さんも気付いて止まりました。


走って追いかけ、男の子にリュックを手渡すと、お母さんはちょっと人見知りのような無愛想な表情で

「すみません」

と言ったのですが、男の子は

「ありがとうございます!」

と元気に笑って言って受け取り、

「どういたしまして」

と言うと、その後もずっとこちらを見ながら

「バイバーイ!」

と手を振り続けてくれて、朝からその可愛い様子に嬉しくなりました。


しかし、直後に私の脳内には

「この良いことをした私を、好きな人が見ていてくれたら良いのに」

という考えが浮かび、そんな自分を恥ずかしいと思いました。

このことは、あまり自分から人に話すことじゃないな、とも思いました。

2人くらいには話しましたが…。


それから数日後に、公園の横を歩いていたら、サッカーボールが転がってきました。

私より若いお父さんが、小さな女の子と遊んでいて、そのボールが車道まで転がってきていました。

慌てて走ってボールを止め、お父さんの方に蹴ると

「ありがとうございました」

と笑顔で言われたので、会釈をしました。


この時も、最初はとても清々しい気持ちだったのですが

「良いことをした、と浮かれている自分はみっともない」

という感情が出てきて、ネガティヴな気持ちになりました。

これは、一体何故だろう?

考えると、「調子に乗ってはいけない」という言葉は、良いことが起こっている時に毎回のように脳内に浮かびます。


欧米人は良いことがあったとき

「これからもっと良いことがあるかも!」

と思い、日本人は

「こんな良いことがあったなら、次は悪いことが起こるかも」

と思う傾向がある、と何かのマンガで読んだことがあります。大島弓子だったかな?

日本人の中には、そういうネガティヴ思考で、良いことがあっても浮かれてはいけない、という価値観で育った人が多いかもしれません。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加