PR


月別アーカイブ:2017年04月

2017年04月の記事一覧。

2017-04-16 コスメ
POLAの美容液3種と美白サプリを使い出して2週間経ちました。使用しているアイテムは美白ホワイトショット インナーロックIXホワイトショット CX毛穴改善RED B.A スムージングセラムハリB.A セラム レブアップの美容液3種+美白サプリです。使用2日目夜(スキンケア後)使用3日目夜(スキンケア後)使用5日目夜(スキンケア後)使用10日目夜(スキンケア後)使用2週間目夜(スキンケア後)毛穴はかなり小さく、目立たなくなりました...

記事を読む

No Image

2017-04-16 マンガ
「ガラスの仮面」のあらすじを端的に伝えると、貧乏な育ちの演劇好きの女の子北島マヤと、お嬢様で美人な女優姫川あゆみが、伝説の女優月影先生の代表作「紅天女」を演じる権利をかけて競う物語とマヤに意地悪な芸能事務所のおぼっちゃま速水真澄が、実はマヤを陰ながら見守る足長おじさんである「紫の薔薇の人」で、それを知ったマヤと相思相愛になるも、おぼっちゃま故に婚約者がいて、その婚約者が嫉妬で狂う恋物語というのが主...

記事を読む

No Image

2017-04-16 マンガ
最近、オタクのジャンル細分化がすごいですね。「私は乙女ゲームオタクです」「私は少年マンガオタクです」「私はアイドルオタクです」「私は腐女子です」と言う20代の女性にチラホラお会いしますが、私もオタクの端っこにいる人間として「私はマンガは結構読みますよー」と話してみるのですが、「じゃ、オススメは何ですか?」と言われて答えるときに悩みます。私はいわゆる、スタンダードな人気作家さんのマンガしか読んでいませ...

記事を読む

【比較写真】5/1POLA インナーロック リキッドIX発売前に、ホワイトショット効果レポ~2週間目

  •  投稿日:2017-04-16
  •  カテゴリ:コスメ
POLAの美容液3種と美白サプリを使い出して2週間経ちました。



使用しているアイテムは

美白

ホワイトショット インナーロックIX



ホワイトショット CX




毛穴改善

RED B.A スムージングセラム




ハリ

B.A セラム レブアップ



の美容液3種+美白サプリです。


使用2日目夜(スキンケア後)



使用3日目夜(スキンケア後)



使用5日目夜(スキンケア後)



使用10日目夜(スキンケア後)



使用2週間目夜(スキンケア後)



毛穴はかなり小さく、目立たなくなりました。

そして中々効果が見えないと思っていた目の下中央の大きめのシミが、だんだん薄くなってきています!

肌全体の色むらも減ってきているように見えますね。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若いオタク女性は、萩尾望都もガラスの仮面も知らない…2

  •  投稿日:2017-04-16
  •  カテゴリ:マンガ
「ガラスの仮面」のあらすじを端的に伝えると、

貧乏な育ちの演劇好きの女の子北島マヤと、お嬢様で美人な女優姫川あゆみが、伝説の女優月影先生の代表作「紅天女」を演じる権利をかけて競う物語



マヤに意地悪な芸能事務所のおぼっちゃま速水真澄が、実はマヤを陰ながら見守る足長おじさんである「紫の薔薇の人」で、それを知ったマヤと相思相愛になるも、おぼっちゃま故に婚約者がいて、その婚約者が嫉妬で狂う恋物語

というのが主軸にあり、その間にマヤが色んな舞台を経験して成長していくストーリー、です。


ガラスの仮面(49) [ 美内すずえ ]

2012年に49巻が出て、50巻の発売は未定のまますでに5年経ってますが、まだ描く気はある、と言ってはいるそうです。


この「ガラスの仮面」はパロディというかオマージュというか、

「みんな知ってるよね?」

という感じでネタとして扱われることはよくあります。

ので、知らない若い人から見ると、

「なんか、聞いたことある」

という感じなのでしょうね。


私は最近Huluで「勇者ヨシヒコ」シリーズを一気見してるんですが、このドラマはパロディで遊んでいるドラマなので、元ネタを知らない人にはキョトンだと思われます。



ドラクエとか宝塚のベルばらとか、

「みんな知ってるよね?」

ってネタを知らなかったら、へーって感じかも。


基礎を知っておいた方がいいな、と思うことは色々あります。

例えば「猫耳」。

原点は大島弓子の「綿の国星」と言われていて、主人公は猫耳の女の子です。

でも1963年に手塚治虫が「リボンの騎士」で出したとか、いや浮世絵が最初だ、という説もあります。



綿の国星連載開始は1978年なので39年前です。


それを前述の27歳の女の子に話したら

「えー!そんな前からあるんですか?」
と言われました。

ま、その子は手塚治虫を読んだことが無いんですけどね。

「ブラックジャックのアニメの絵が萌え系になったのは知ってます。

なんで作者はタッチを急に変えたんですかね?」
と言われたのですが

「いや、手塚治虫、とっくに亡くなってるんで…」
と返しました。


彼女は腐女子では無いので、BLは知ってはいるけど、よく分からない、というタイプです。

私も最近のBLはよく分かりません。

●「耽美」はBL業界では死語?でも笠井あゆみ&いのまたむつみが現役でビックリ!

でも書きましたが、一応「耽美」「JUNE系」「やおい」「BL」という編纂があったはず。

このあたりは今市子さんがエッセイ的に描いてます。


萌えの死角【電子書籍】[ 今市子 ]

でもお若い方は、今市子自体知らないかもですけどね…?


そもそも今の漫画の大枠を作ったのは手塚治虫。

でもその前から、「のらくろ」とか「サザエさん」とか今も有名な漫画はありました。



のらくろは1931年連載開始。

もっと遡ると、新聞の風刺漫画もあったし、その辺まで私も詳しくは語れないのですが。


で、少女漫画自体は昔からあったのですが、萩尾望都と竹宮惠子が描く「ギムナジウムの美少年たちの恋模様」が耽美系漫画の走りだと思われます。

ギムナジウム=全寮制男子校

で、良家のおぼっちゃまたちが寄宿舎生活を送る中で、美少年同士が禁断の恋に堕ちる…的なものですね。

男性の乳首を少女マンガで初めて描いたのが竹宮惠子と言われていたような?

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若いオタク女性は、萩尾望都もガラスの仮面も知らない…1

  •  投稿日:2017-04-16
  •  カテゴリ:マンガ
最近、オタクのジャンル細分化がすごいですね。

「私は乙女ゲームオタクです」
「私は少年マンガオタクです」
「私はアイドルオタクです」
「私は腐女子です」

と言う20代の女性にチラホラお会いしますが、私もオタクの端っこにいる人間として

「私はマンガは結構読みますよー」
と話してみるのですが、

「じゃ、オススメは何ですか?」

と言われて答えるときに悩みます。


私はいわゆる、スタンダードな人気作家さんのマンガしか読んでいません。

我が家にあるのは、
●東村アキコ
●いくえみ綾
●清水玲子
●雁須磨子
●今市子
●おかざき真里
●山下和美
●ヤマシタトモコ
●成田美名子
●吉野朔実
●西村しのぶ
●岩館真理子
●よしながふみ
●羽海野チカ
●萩尾望都
●大島弓子

昔好きだったのは
●高河ゆん
●CLAMP
●みずき健
●佐々木倫子
●赤石路代
●山内直美
●藍川さとる
●一条ゆかり

という、同世代なら「あー」と思ってもらえる方々。

あんまり若い作家さんは知りません。


でも、若いオタク女性は、このスタンダードと思われるマンガ家さんのマンガ、読んでないって人が多いですね。

不思議なのは
「上の世代の人が好きなマンガは合わない」
と思って、好きなジャンルのマンガしか読まない人が多いということです。

今日27歳のアニメ好きオタク女性と話してたのですが、彼女は「アイドルマスター」とか好きだし、マンガも読む人ではあるのですが…

「花の24年組」も知らないし、

「手塚治虫」のマンガも「萩尾望都」のマンガも読んだことがなく、

あの「ガラスの仮面」のストーリーも知らない、

と言っていて、ビックリしました!



私自身は、そりゃ「花の24年組」はリアルタイム世代ではありません。

でも、よしながふみや今市子が24年組の話をしていたりするので、学生時代に「教養」だと思って読みました。

「風と木の詩」とか、やっぱり読んでおかなきゃマズイのかなーと思ったのです。



「きのう何食べた?」でもジルベールが出てきますしね。


こういう少女マンガの原点を読んでおかないのは、

美術をやってる人間が、ルノアールやモネやピカソを知らない

というのと同じくらい、恥ずかしいことだと思っていました。

だから、基礎を知らなきゃだな、と思って読んでいたし、やはり読むと面白かったです。

「基礎を学ぶ」というのは、やらなきゃいけないことなのかな、と思っていました。

でも、そもそもそういう概念が、若い方にはありません。



Yahoo!ニュースとかまとめサイトを読んでいると

「アレってこれのパクリじゃん!」

とか書きこんでいるコメントがあって

「いやいや、それ大元のネタがあるから!」

ってことがよくあります。

パクリじゃないけど、

●白亜の豪邸、三島由紀夫邸

で書いた、会田誠の作品が三島由紀夫の檄のパロディだったのを知らずに叩いてるコメントとか見ると、

「わー恥ずかしい!教養無いな」

とか思ってしまうのですが、でもそれでも若い人は

「は?昔のこととか、知らんし」

って感じなんすかねー。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます